TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第9話

'10,12,26放送  NHK総合

「坂の上の雲」 第9話「広瀬、死す」感想
広瀬武夫、壮絶なる戦死。観る前から分かっていることなんですが、ドラマ
として映像として、観ると辛いですねえ。好感度の高いキャラでしたから。

広瀬武夫中佐(戦死にて少佐より昇進)、戦前生まれの方々なら、知らぬ人はい
ないと言ってもいいのではないでしょうか。旅順港閉塞作戦にて戦死した彼
は日本初の「軍神」として崇められます。
一軍人を神格化することに対して否定的な意見も軍首脳部にはあったようで
すが、戦いの最中、部下を助けようとして命を失うという自己犠牲、ヒュー
マニズムに民衆の人気も高まり、また戦意高揚にも利用出来ることもあって
広瀬中佐は軍神となります。

彼を題材にした歌も多数作られました。最も親しまれたのが文部省唱歌にも
なった「廣瀬中佐」で、年配の方なら多くの方が口ずさめるでしょう。

1、轟く砲音(つつおと)、飛来る弾丸(だんがん)
  荒波洗ふ デッキの上に
  闇を貫く 中佐の叫び
  「杉野は何処(いずこ)、杉野は居ずや」
2、船内隈なく 尋ぬる三度(みたび)
  呼べど答へず 探せど見へず
  船は次第に 波間に沈み
  敵弾いよいよ あたりに繁し(しげし)
3、今はとボートに 移れる中佐
  飛来る弾丸(たま)に 忽ち失せて
  旅順港外 恨みぞ深き
  軍神廣瀬と その名残れど

http://www.youtube.com/watch?v=8xYa_zLmROU
http://www.youtube.com/watch?v=RlWMfRydU28

上記動画などで、歌を聴くことが出来ます。


「尊敬すべきロシア海軍の軍人諸君、請う、余を記憶せよ。…」
と船にロシア語の横断幕メッセージをつけた、というエピソードも凄いです
ね。軍人としてロシアとは戦うが、私人としてはロシア人を愛した広瀬武夫
に相応しい、人間の大きさを感じさせます。

広瀬武夫を演じた藤本隆宏もお見事でした。何というか、イマっぽくない、
背筋の伸びた明治の日本人、という感じが出ていましたね。さすが元水泳の
オリンピック選手、体格もいいです。今後の活躍にも期待したいです。


戦闘シーンですがテレビドラマとしては頑張っていたのではないでしょうか。
CGも効果的で、それなりに迫力あるシーンを生み出していたと思います。
でも、来年の第3部になると、今までに無い激戦を描かないといけない訳で、
テレビドラマとしては限界があるでしょうね。


さて。
正岡子規、広瀬武夫という主要キャラクターを失いましたが、いよいよ物語
は日露戦争の重大局面に向かっていきます・・・
と、いうところで第2部終了。続きは来年。。。

うきぃー~~っ!
待てねぇよう!

はやく観たいなあ。もう「江」はいいから(笑)。
いや、「江~姫たちの戦国」もまあまあ楽しみではあるんですけど。
ん?去年もこんなこと言ってたなあ(笑)。


それから、龍馬伝最終回でバカテロップを流したNHK、またまた懲りずにも
宮崎県知事の当確速報を流していました。
ちなみに画面では日露開戦の号外が出たというシーン。「号外、号外~!」
タイミング計ったのか(笑)。

県知事選挙の速報とか、地震の速報とか、各地域のNHKが担当エリアで流せ
ばいいことで、全国に流す必要はないと思います。
全国区で流すべき速報、各地方で流す速報、基準を見直して欲しいですね。


===坂の上の雲 第9話キャスト===

【秋山家】
秋山真之(さねゆき):本木雅弘
 …幼名は淳五郎。海軍にて連合艦隊参謀を務め、日本海海戦における作戦を
  立案、バルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争を勝利に導いて行く。
秋山好古(よしふる):阿部寛
 …真之の兄。幼名は信三郎。陸軍軍人で「日本騎兵の父」と呼ばれる。
秋山 貞(さだ):竹下景子
 …好古、真之の母。
秋山多美(たみ)(佐久間多美 → 秋山多美):松たか子
 …好古の妻。
秋山季子(稲生季子→秋山季子)(すえこ):石原さとみ
 …宮内省の書画鑑定士、稲生真履の三女。真之の妻となる。
与志子:新井優歌
 …好古・多美の長女。
健子:松浦愛弓
 …好古・多美の次女。
信好:小山颯
 …好古・多美の長男。

【正岡家】
正岡 律(りつ):菅野美穂
 …子規の妹。
正岡八重:原田美枝子
 …子規の母。大原観山の長女。

【陸軍関係者】
児玉源太郎:高橋英樹(回想)
 …陸軍大将。陸軍大学校初代校長。日露戦争では、満州軍総司令部総参謀長。
大山 巌(おおやま いわお):米倉斉加年(回想)
 …西郷隆盛のいとこ。日清戦争では第二軍指令。日露戦争時は満州軍総司令官。
明石元二郎 (あかし もとじろう):塚本晋也
 …ロシア公使館付陸軍武官。密かにロシア革命支援工作を行う。

【海軍関係者】
広瀬武夫(ひろせ たけお):藤本隆宏
 …日清戦争後、ロシア駐在武官となる。日露戦争時の活躍で後に軍神と呼ばれる
東郷平八郎(とうごう へいはちろう):渡哲也
 …元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長。日露戦争時は連合艦隊司令長官。
山本権兵衛(やまもと ごんべえ):石坂浩二(回想)
 …海軍大将、政治家。第16、22代内閣総理大臣。日清戦争時は海軍省官房主事。
島村速雄(しまむら はやお):舘ひろし
 …日露戦争時は参謀長として旗艦三笠に乗艦、旅順港封鎖に参加。
有馬良橘(ありま りょうきつ):加藤雅也
 …日露戦争で2度の旅順港閉塞作戦を立案、作戦に参加。東郷の側近中の側近。
伊地知彦次郎(いじち ひこじろう):ダンカン
 …日露戦争では、連合艦隊旗艦「三笠」艦長。
永田泰次郎(ながた やすじろう):頼三四郎
 …日露戦争中は東郷平八郎の幕僚副官となり参謀部につく。
山下源太郎:鷲生功
 …軍令部第1班長。対露作戦立案の中心的役割となる。
飯田久恒(いいだ ひさつね):蟹江一平
 …日清戦争では少尉候補生として「愛宕」に乗艦。日露戦争時は第一艦隊参謀。
山田彦八(やまだ ひこはち):石井洋祐
 …日露戦争開戦時「朝日」艦長。日本海海戦には第3艦隊司令官として参加。
加藤友三郎(かとう ともさぶろう):草刈正雄
 …連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。後に総理大臣。
杉野孫七(すぎの まごしち):古本新乃輔
 …旅順港閉塞戦にて福井丸に乗り組む。総員退艦時に行方不明、広瀬が捜索した。
浅井正次郎(あさい しょうじろう):深作覚
 …第1駆逐隊司令。駆逐隊は旅順口を奇襲、日露戦争が開始された。
平野松三郎:木村昇
 …旅順港閉塞作戦に参加した三等機関兵曹。
ロシア語を読む士官:宇佐見健
栗田富太郎:野村修一
 …機関士

【政界関係者・皇族】
伊藤博文(いとう ひろぶみ):加藤 剛(回想)
 …初代内閣総理大臣。4度に渡り、総理大臣を務める。
井上 馨(いのうえ かおる):大和田伸也(回想)
 …元内務大臣。陸奥と共に不平等条約の改正交渉に関わる。鹿鳴館を建設。
小村寿太郎(こむら じゅたろう):竹中直人(回想)
 …日清戦争開戦時の清国代理公使。日露戦争時は外務大臣として戦時外交を担当。
山縣有朋(やまがた ありとも):江守 徹(回想)
 …元帥陸軍大将。政治家。日本陸軍の基礎を築き「国軍の父」とも称された。
松方正義(まつかた まさよし):大林丈史(回想)
 …第4,6代内閣総理大臣。7度の大蔵大臣歴任した財政家。
栗野慎一郎(くりの しんいちろう):利重剛
 …駐ロシア公使。
書記官・秋月:市山貴章
明治天皇:尾上菊之助(回想)

【ロシア】
アリアズナ:マリーナ・アレクサンドロワ
 …ロシア滞在中の広瀬と知り合い、交友を深める。
ニコライ2世:ティモフィー・ヒョードロフ
 …ロシア帝国最後の皇帝。皇太子時代に来日、大津事件で負傷する。
ボリス・ビルキツギー:アルチョム・グルゴリエフ
 …アリアズナの従兄弟。彼女に思いを寄せている。広瀬武夫の友人となる。
コバリスキー大佐:ビクトル・コスチェツスキー
 …アリアズナの父。
マカロフ:バレーリー・ジャコフ
 …ロシア太平洋艦隊司令長官に就任した名将。海軍戦術の研究家としても有名。
アレクセーエフ:ゲンナジー・べンゲロフ
 …極東総督として日本に対する敵視政策をとる。
ラムズドルフ外務大臣:セルゲイ・シェルグノフ
クロパトキン陸軍大臣:セルゲイ・パールシン
アレクセーエフの副官:イワン・チムチェンコ
スタルク夫人:エレーナ・ブラネフスカヤ
ツェザレビッチ号航海長:バレンティノ・ストヤノフ
ボリスの同僚士官:マキシム・エステルキン

【その他】
稲生真履:加納竜
 …真之の妻・季子の父。
中野新吉:辻輝猛 (第8話では嶋尾康史)


=== スタッフ ===
原作/題字:司馬遼太郎(『坂の上の雲』より)
脚本:野沢尚、柴田岳志、佐藤幹夫
脚本監修:池端俊策、岡崎栄
脚本諮問委員:山折哲雄(国際日本文化研究センター所長)、
       鳥海靖(東京大名誉教授)、宮尾登美子(作家)、
       松原正毅(国立民族学博物館教授)、松本健一(評論家)、
       関川夏央(作家)、川口幹夫(NHK名誉顧問)
音楽:久石譲
メインテーマ:『StandAlone』 
   作曲:久石譲
   作詞:小山薫堂
   歌:森麻季(第2部)
語り:渡辺謙
エグゼクティブ・プロデューサー:西村与志木
制作統括:菅康弘、中村高志、藤澤浩一
演出:木村隆文(9話担当)
   佐藤幹夫(6、7、8話担当)
   柴田岳志(1、2、3、4話担当)
   一色隆司(5話担当)
   加藤拓、
========================

← 『坂の上の雲』第8話へ『坂の上の雲』第10話へ →




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/328-c4c9b213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。