TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッド版「忠臣蔵」キアヌ主演の3D映画で制作!

米ユニバーサル・ピクチャーズが約2年前から進めている、キアヌ・リーブス
主演で日本の「忠臣蔵」を映画化する「47 Ronin」の公開日が、2012年11月
21日に決定。また、3Dカメラで撮影し、3D映画として公開されることも明ら
かになった。

同作は、CMディレクター出身の気鋭カール・エリック・リンシュがメガホン
をとり、「ウォンテッド」のクリス・モーガンが脚本を手がける。現時点で、
キャストはリーブス以外明らかになっておらず、またリーブスの役どころも
「ヒロ(Hiro)」という名前のサムライだということしか分かっていない。

内容的には、47人のサムライの仇討ちということで「忠臣蔵」がベースにな
っているようだが、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのようなファン
タジー要素と、「グラディエーター」並みのバトルシーンを組み合わせた映
画になると言われており、どこまで本家に忠実なものかは不明だ。

なお、英BBCニュースによれば、英国人デザイナーのダニエル・ハンソンが、
同作の衣装(キモノ)のデザインと制作を手がけることになったという。ハ
ンソンは、同作の製作費が莫大なものであることを明かし、「僧侶100人、
侍50人、娼婦16人、側室15人」の衣装をデザインすると話している。
[映画.com ニュース]
================================
キアヌ・リーブス主演、ハリウッド版「忠臣蔵」は3Dで2012年公開==映画.com
http://eiga.com/news/20101210/18/



以前からこのハリウッド版忠臣蔵の企画についてはちょこちょこ伝わっては
いましたが、「んなアホな」「どうせ企画倒れ」と思っていました。が。。。
ホントーにやるんですね。
着物のデザインを外国人がするとどうなるのか?


なんかとんでもないバカ映画になりそうな予感しかしないのですが。

赤穂浪士にハーフがいた、ということでキアヌ・リーブスが武士・ヒロ役に
扮するとのこと。

うわあ。

さらに、10月頃にキャストのオーディションに関する情報がネット上に流れ
たのですが、それによるとニンジャ、怪力の相撲取り、吉良サイドの魔女、
殺戮者の将軍、などの配役があるそうです。

うわあ。

「47Ronin」のキャスティング情報


でも、オーディションには松山ケンイチ、夏木マリ、松雪泰子などのそうそ
うたるメンバーがいたとの情報もあります(真偽は不明)。
「製作費が莫大」だそうですし、真面目に創る気なのは間違いないようです。

夏木マリが魔女役なのは容易に想像がつきますね(笑)。

いっそハリウッド版八犬伝のほうがワンダーランドでいいと思うけど・・・

話のネタとしては面白過ぎるネタですが、どうなることやら、今後の続報が
楽しみ、いや、怖いです(笑)。


テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/324-0b6903ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。