TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第6話

'10,12,5放送  NHK総合

「坂の上の雲」 第6話「日英同盟」感想

龍馬伝も終わり、「坂の上の雲」待望の第2部がスタートです。第2部では
第6話から9話まで、そして来年の2011年に第3部、第10話から13話まで
が放送となります。
しかし正直、もう昨年観た時の感動、記憶は薄れている訳で。しっかり再放
送したから復習しとけ、ということでしょうね(笑)。
で今年4話観て、また来年までおあずけ。来年また、第9話まで再放送する
のかな?悠長な話だねえ。

待たされただけのことはありました。この第6話も充分に楽しめましたね。
タイトルは「さらばアリアズナ」とか「広瀬とアリアズナ」とかにした方が
合ってるような感はありますが(笑)。
タイトルの日英同盟、締結に至るまでの政治的やりとりをもう少し描いて欲
しかったようには思います。広瀬とアリアズナのシーンに比重おきすぎかな。
まあ、可愛らしいアリアズナをいっぱい観れてよかったけど(笑)。

当ブログ5話の記事でも紹介しましたが、アリアズナ役はマリーナ・アレク
サンドロワ。その他マリーナ・アレクサーンドロヴァ、もしくはマリーナ・
アンドレイエヴナなどと紹介している場合もあるようです。
彼女、眼力ありますねえ。綺麗な方です。ロシアの女性はある程度の年齢に
なると急激に太ってオバちゃん化する印象があるのですが(笑)、彼女にはそう
なって欲しくないなあ…でもなるんだろうなあ(笑)。余計なお世話ですね。


1902年に締結された日英同盟は、ロシア帝国の極東進出に対抗するための
軍事同盟ですが、日本とイギリスによる同盟が結ばれるにあたり、駐日イギ
リス公使であったクロード・マクドナルドの積極的な活動が大きく寄与して
います。
彼がなぜ、日本との同盟が望ましいと思ったのか。それは劇中でも少し触れ
られた1900年の義和団の乱(北清事変)がきっかけとなりました。
動乱発生時、彼はイギリス公使として北京に駐在していました。八ヶ国連合
軍が北京に侵攻するまで約2ヶ月、北京にいた諸外国公使たちと中国人クリ
スチャンは公使館区域で籠城し、連日の義和団・清国軍隊の攻撃から決死の
防衛戦を繰り広げ、連合軍到着まで耐え忍んだのです。

この籠城戦においてクロード・マクドナルドがリーダー的存在でしたが、実
質的な指揮官は日本の駐在武官・柴 五郎でした。柴中佐と配下の日本将兵は
誰よりも勇敢に戦い、その勇気と礼儀正しさは諸外国の賞賛を浴びました。
柴中佐は欧米各国からも勲章授与が相継ぎ、彼の名は欧米でも広く知られる
ところとなったのです。

この体験により、マクドナルドは非白人であるアジアの小国、日本を同盟を
結ぶに足る信頼出来る国として、日英同盟を熱心に推進することとなるので
す。柴五郎は日英同盟のきっかけを作ったわけですね。

ですからドラマでも少しでいいから柴五郎を紹介して欲しかったなあ、と。
渡辺謙の語りのみでもいいから。

また、日英同盟に否定的でロシア帝国と協商を結ぼうとしていた伊藤博文が
ダメダメで無力な政治家な印象を与える演出だったのも、ちょっと気の毒。
そりゃ結果論では無意味な行動だったのかも知れませんが、、、

伊藤博文がロシア皇帝に謁見するシーン、エカテリーナ宮殿を借り切っての
撮影だったそうですが、ものすっごく豪華絢爛、きらびやかな世界を映像に
収めていました。賃料、さぞ高かったでしょうね(笑)。セットでは不可能な
ショットでした。


さて、かなり病状が思わしくない正岡子規ですが、弥太郎に見えてしまわな
いかの心配は無用でした。しっかりノボさんしてました。観る人によっては
弥太郎の影がちらつかれたかもしれませんが・・・

次回はいよいよ正岡、死す。泣ける回必至ですね。


あ、最後に流れるテーマ曲ですが、日本語歌詞付きに変わりましたね。絶対
サラのスキャットのままが良かったと思います。


===坂の上の雲 第6話キャスト===

【秋山家】
秋山真之(さねゆき):本木雅弘
 …幼名は淳五郎。海軍にて連合艦隊参謀を務め、日本海海戦における作戦を
  立案、バルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争を勝利に導いて行く。
秋山好古(よしふる):阿部寛
 …真之の兄。幼名は信三郎。陸軍軍人で「日本騎兵の父」と呼ばれる。
 
【正岡家】
正岡子規(まさおか しき):香川照之
 …俳人、歌人。真之の幼なじみ。日本の近代文学に多大な影響を及ぼす。
正岡 律(りつ):菅野美穂
 …子規の妹。

【海軍関係者】
広瀬武夫(ひろせ たけお):藤本隆宏
 …日清戦争後、ロシア駐在武官となる。日露戦争時の活躍で後に軍神と呼ばれる
艦長・寺垣:加藤佳男
司令官・諸岡:萩原紀

【政界関係者】
伊藤博文(いとう ひろぶみ):加藤 剛
 …初代内閣総理大臣。4度に渡り、総理大臣を務める。
小村寿太郎(こむら じゅたろう):竹中直人
 …日清戦争開戦時の清国代理公使。日露戦争時は外務大臣として戦時外交を担当
井上 馨(いのうえ かおる):大和田伸也
 …元内務大臣。陸奥と共に不平等条約の改正交渉に関わる。鹿鳴館を建設。
桂太郎(かつら たろう):綾田俊樹
 …日英同盟・日露戦争時の内閣総理大臣(第11代)。
松方正義(まつかた まさよし):大林丈史
 …第4,6代内閣総理大臣。7度の大蔵大臣歴任した財政家。
杉村虎一:黒田アーサー
 …在ロシア日本公使館書記官
 
【文人たち】
高浜虚子(たかはま きょし):森脇史登
 …中学で碧梧桐と同級、彼を介し子規より俳句を教わる。
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう):大藏教義
 …少年時、子規の友人で真之を敬愛していた。尋常中学で子規より俳句を学ぶ。


【ロシア】
ニコライ2世:ティモフィー・ヒョードロフ
 …ロシア帝国最後の皇帝。皇太子時代に来日、大津事件で負傷する。
アリアズナ:マリーナ・アレクサンドロワ
 …ロシア滞在中の広瀬と知り合い、交友を深める。
ボリス・ビルキツギー:アルチョム・グルゴリエフ
 …アリアズナの従兄弟。彼女に思いを寄せている。広瀬武夫の友人となる。
ウィッテ:ヴァレリー・バリノフ
 …大蔵大臣。日露戦争への回避論者。
アレクサンドラ・フョードロヴナ皇后:ナターリア・ベンチーロワ
ベゾブラゾフ:アンドレイ・メジュリス
 …宮廷顧問官。極東における侵略政策を推進。
パブロフ博士:アレクサンドル・コズロフ
博士夫人:エリーナ・ソロビヨワ
ベンケンドルク:ウラディミール・ツベトコフ 
ドルコスキ:レナート・ハイルーリン

【その他】
ジョーンズ:アンドリュー・フォーブス
スミス:スティーブ・エドウィン
マイケル:ウィリアム・ケンプセル
都築嘉六:清水柳一
 …ロシア語通訳
広瀬智満:下川江那
 …広瀬武夫の祖母


=== スタッフ ===
原作/題字:司馬遼太郎(『坂の上の雲』『「明治」という国家』より)
脚本:野沢尚、柴田岳志、佐藤幹夫
脚本監修:池端俊策、岡崎栄
脚本諮問委員:山折哲雄(国際日本文化研究センター所長)、
       鳥海靖(東京大名誉教授)、宮尾登美子(作家)、
       松原正毅(国立民族学博物館教授)、松本健一(評論家)、
       関川夏央(作家)、川口幹夫(NHK名誉顧問)
音楽:久石譲
メインテーマ:『StandAlone』 
   作曲:久石譲
   作詞:小山薫堂
   歌:森麻季(第2部)
語り:渡辺謙
エグゼクティブ・プロデューサー:西村与志木
制作統括:菅康弘、中村高志、藤澤浩一
演出:佐藤幹夫(6話担当)
   柴田岳志(1、2、3、4話担当)
   一色隆司(5話担当)
   加藤拓、木村隆文
========================

← 『坂の上の雲』第5話へ『坂の上の雲』第7話へ→



期間限定。アリアズナ祭(笑)。いつか消します。
sakakumo06001.jpg
sakakumo06002.jpg
sakakumo06003.jpg
sakakumo06004.jpg
sakakumo06005.jpg
sakakumo06006.jpg
sakakumo06007.jpg
sakakumo06008.jpg




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

坂の上の雲第6話について

はじめまして。私が思うに、日英同盟のことを詳しく描くよりもアリアズナたちのことを詳しく描かないと、ロシア人の側から見た日露戦争の悲劇は伝わらなかったと思います。ドキュメンタリーではなく、ドラマなのですから、ロシア人が広瀬に寄せる友情や愛情を描くことでかえって後に迎える広瀬の戦死の悲劇性が際立っていたと思います。日英同盟締結の詳しい過程は正直退屈に感じるだけで、あまりドラマ性を感じません。

  • 2015/06/02(火) 23:01:22 |
  • URL |
  • あかね #-
  • [ 編集 ]

Re: 坂の上の雲第6話について

あかね様 
はじめまして。5年も前の記事にわざわざコメ頂き、ありがとうございます。

しかし、正直言ってもう余り覚えてないんですね、内容について語れるほど。5年前となると……(笑)。

まず、言っておきたいのは、あかねさんの感想を私は全く否定するつもりはありません。
ドラマなり映画なり、一つの作品を観て、思い感じたこと。それは人それぞれであり、
それはよっぽどピントのボケたトンデモ解釈ならともかく、まずは各自の感想として
成り立つのですから。

この回は広瀬とアリアズナの恋物語に主眼がおかれていたと思います。そこに異論はありません。
あかねさんの仰る通り、アリアズナやボリスとの恋や友情をしっかり描くことが、後の悲劇性に
繋がるのですから。
ただ、この回は「日英同盟」とサブタイがついていた。だったら、なぜ同盟は結ばれたのか、
同盟が後の日本に、ロシアにどういう影響を与えたのか。ある程度は触れて欲しいと私は当時、
感じたんだと思います。記事にて書いたように「広瀬とアリアズナ」みたいなサブタイだった
なら、こういうことは書かなかったでしょう。
(あくまでも「ある程度」ですよ。教育テレビの番組じゃないんだから詳しく描く必要はないですね)

そして、日英同盟の陰の立役者、とでも言うべき存在、柴五郎。彼のことを、同じく坂の上の雲を
追いかけた日本人の一人として(秋山好古とは士官学校の同期でもあります)、ナレーションだけでも
取り上げて欲しかった……。というのが当時の私の感想です。

以上、ご理解頂けたなら幸いです。

  • 2015/06/04(木) 02:20:52 |
  • URL |
  • tate #7EGgl1.w
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/322-c97d1bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本海海戦

TATEVISION スペシャルドラマ 坂の上の雲 第6話 幼名は淳五郎。海軍にて連合艦隊参謀を務め、日本海海戦における作戦を 立案、バルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争を勝利に導いて行く。 秋山好古(よしふる):阿部寛 …真之の兄。幼名は信三郎。陸軍軍人で「日本騎兵の父...

  • 2010/12/08(水) 20:20:10 |
  • よっぴーの気ままニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。