TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第47話

'10,11,21放送  NHK総合

大河ドラマ『龍馬伝』 第47話「大政奉還」感想
星を見上げて夢を語るシーン、いいですねえ。
国の行く先を動かすという、あまりにリアルな中ででもロマンチックなこの
シーン、龍馬というキャラクターにはとっても似合います。
夜空を見上げ、未来の夢を語り。
朝日を見上げ、現実を喜び叫ぶ。
主人公キャラにふさわしい描写です。

藤吉というキャラもいい感じ。市井のごくごく普通な暮らしをしていた男も、
龍馬の夢に感染しています。この人も近江屋で龍馬と運命を共にするわけで
すが・・・


で、で。その他は。
うー・・・
つっこむところが多すぎて・・・
薩長同盟の回といい、この大政奉還の回といい、どうも龍馬伝の脚本家さん
は歴史的大イベントを描く気がない、というか描く能力がないのか・・・

歴史を描くんじゃない、人間を描くんだ。もし、そううそぶく気ならば。
大政奉還となれば、どう考えても徳川慶喜を重点的に描くことになる訳です
が、この将軍の内面をじっくり描くことも無く、なんか小物感いっぱい。
天下の将軍様が大政奉還を一地方の脱藩浪人のせいにして恨むかよ。

大政奉還は全く同時間帯に、岩倉具視などの倒幕派公家が討幕の密勅を下す
べく画策しており、これもちゃんと描けばハラハラドキドキな展開となると
思うのですが、そこも描かれませんでした。全く残念です。


龍馬が後藤象二郎に送った手紙は史実通りです。実物は写真が残るのみで、
行方不明なんだそうですが、今年六月にはこの手紙の書き損じが発見されて
ニュースになりました。龍馬伝紀行でも紹介されてましたね。
手紙の効果があったのか、一人後藤が気を吐いておりました。

大政奉還前、龍馬の直筆 後藤象二郎励ます書き損じ発見 =asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0616/OSK201006160089.html


さて、久しぶりの勝先生、登場。龍馬の隠れ家になんで来れたのかは謎です。
相変わらずの「ようようよう!」と書くより「yo yo yo! 」と書きたくなる、
ラッパーな勝先生お元気です。
大政奉還が決まったとの知らせを持って飛び込んできた陸奥、嬉しいニュー
スなのは判るけど、お世話になった勝先生との再会をスルーはいけません(笑)。

終わりが近いからもう一度出しとこ、みたいな感じがアリアリでしたが、そ
れでもこの、金八勝先生も魅力あるキャラでしたから、また観れたのは嬉し
かったですね。

そんな勝と龍馬の前に現れたのが新選組。この頃、もう沖田総司は結核がか
なり進行していましたが、龍馬伝では元気です。でも、引き上げる際に刀を
納め切れずにフレームアウト。あれはNGでしょう(笑)。かっこ悪すぎ。


「坂本どんを生かしちょったのは、間違いごわした」とつぶやく西郷。
中岡に対して言うのはいかがなものでしょうか。薩摩同士で言うなら分かる
けど。

武力によって討幕したかった者、幕府サイドの者、龍馬の存在が疎ましいと
感じる人たちがいっぱいだ。改めてそう描きたかったのでしょう。
でも、言わせる人、場面設定、違和感感じまくりです。


なんか、ワイワイ大声で騒ぎ、わめいていることが多い印象の龍馬伝。今回
はエエジャナイカ騒動があるからいつも以上にそう感じてしまいました(笑)。


悪い事ばかり書いてしまいましたが。
弥太郎はよかったですねえ。龍馬の大政奉還が成功する予感を抱いた弥太郎、
急遽ミニエー銃九千丁を売りさばき、見事に商売は成立させますが、それは
憎らしい龍馬が成功することを信じたから。皮肉ですね。
いやな奴、憎むべき対象のやることが上手くいくと思ったから商売が成功し
た。複雑な思いの弥太郎です。


さあ、いよいよ次回は最終回です。75分の拡大版、録画のセットもお間違え
無きよう。
 11/28 
   総合 20:00~21:15
   BShi 16:15~17:30
   BS2 22:00~23:15
   
龍馬が暗殺されるという結末は分かっています。登場人物がどう動き、どう
感じるか。どんなセリフを吐くのか。どんな展開で見せるのか。
期待と不安、グチャ混ぜです(笑)。
とりあえず、わけ分からんニュース速報入るなよ(笑)。
民主党、いらん事するなよー。


次回「龍の魂」。
天が使わしたる龍、役目を果たし天に還るのか。龍馬暗殺。最終回。


==龍馬伝 キャスト==

坂本龍馬:福山雅治
 …坂本家次男。幕末の激動期を駆け抜けた志士。

【坂本家】
高松太郎(たかまつ たろう)[坂本 直(さかもと なお)]:川岡大次郎
 …龍馬の甥。勝塾に学ぶが、勤王党弾圧後に脱藩。維新後は龍馬の家督を継ぐ。

【岩崎家】
岩崎弥太郎(いわさき やたろう)・語り:香川照之
 …土佐藩の地下浪人。藩の商務組織・土佐商会主任となり海援隊の経理も担当。

【土佐藩主・上士】
山内容堂(やまうち ようどう)[豊信→容堂]:近藤正臣
 …土佐藩15代藩主。龍馬の策を受け入れ、徳川慶喜に大政奉還を建白した。
後藤象二郎(ごとう しょうじろう):青木崇高
 …勤王党を弾圧。龍馬の大政奉還策を山内容堂に進言し、同策の実現に寄与。
高橋七右衛門(たかはし しちえもん):二階堂智
森田晋三(もりた しんぞう):井上恭太
島村勇次郎(しまむら ゆうじろう):廻飛呂男
田所安吉(たどころ やすきち):久保山知洋
寺村左膳(てらむら さぜん)[寺村 道成]:浦野REN
 …参政として薩土盟約の締結に関与。土佐藩の大政奉還建白書に連署した一人。

【土佐藩下士】
沢村惣之丞(さわむら そうのじょう):要潤
 …浪人の息子。龍馬と行動をともにし、亀山社中、海援隊に参加。
中岡慎太郎(なかおか しんたろう):上川隆也
 …脱藩後、長州に亡命。龍馬とともに薩長同盟・薩土盟約締結に奔走する。
千屋寅之助(ちや とらのすけ)[菅野 覚兵衛(すがの かくべい)]:是近敦之
 …勤王党に加盟、勝塾にて学ぶ。亀山社中に参加。妻の起美はお龍の妹。
中島作太郎(なかじま さくたろう):谷口翔太
 …脱藩し土佐勤王党、海援隊に参加する。維新後、初代衆議院議長に就任。
新宮馬之助(しんぐう うまのすけ):松村良太
 …河田小龍に学ぶ。江戸遊学中に龍馬と出会い勝海舟に師事。亀山社中に参加。

【その他武士】
陸奥陽之助(むつ ようのすけ)[→陸奥宗光]:平岡祐太
 …紀州の脱藩浪士。海軍操練所で龍馬と出会い海援隊に加わる。維新後も活躍。
 
【幕府・幕臣】
勝海舟(かつ かいしゅう)[勝麟太郎]:武田鉄矢
 …幕臣、軍艦奉行。海軍塾を作り日本の海軍の為に脱藩者をも受け入れた。
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)[一橋慶喜 → 徳川慶喜]:田中哲司
 …15代将軍。大政奉還や江戸城明け渡しを行なった江戸幕府最後の将軍。
板倉勝静(いたくら かつきよ):斉木しげる
 …老中首座。15代慶喜から厚い信任を受け、大政奉還の実現に尽力。
小栗忠順(おぐり ただまさ)[小栗上野介]:斎藤洋介
 …勘定奉行。遣米使節目付として渡米。日本の近代化に多大な業績を残す。
永井玄蕃頭(ながい げんばのかみ)[永井 尚志]:石橋蓮司
 …長崎海軍伝習所総監、軍艦奉行、若年寄と各職に就き、幕府に尽くした忠臣。

【新選組】
近藤勇(こんどう いさみ):原田泰造
 …新選組局長。
土方歳三(ひじかた としぞう):松田悟志
 …新選組副長。
沖田総司(おきた そうじ):栩原楽人
 …新選組一番隊組長および撃剣師範
 
【薩摩藩】
西郷隆盛(さいごう たかもり)[西郷吉之介]:高橋克実
 …軍賦役。「維新の三傑」の一人。薩長同盟の成立や王政復古に成功。
小松帯刀(こまつ たてわき)[小松 清廉]:滝藤賢一
 …家老。藩政改革に貢献。亀山社中の設立を援助。
大久保利通(おおくぼ としみち):及川光博
 …維新の三傑。版籍奉還や廃藩置県を推進し、新政府の基礎を固める。

【長州藩】
桂小五郎(かつら こごろう)[→木戸貫治→木戸孝允]:谷原章介
 …尊王攘夷派の中心人物。江戸練兵館塾頭。龍馬の仲介により薩長同盟を結ぶ
伊藤俊輔(いとう しゅんすけ)[伊藤博文]:尾上寛之
 …英国留学にて開国派に転じた志士。後の初代内閣総理大臣「明治の元勲」。
井上聞多(いのうえ もんた)[井上 馨]:加藤虎ノ介
 …伊藤と共に留学した長州五傑の一人。高杉らと協力し長州を開国攘夷に導く。

【京都の人々】
藤吉(とうきち):久保孝真
 …元力士。龍馬の用心棒兼世話役となる。近江屋で「来客」を応対し、斬殺。

【長崎の人々】
小曽根乾堂(こぞね けんどう):本田博太郎
 …貿易商。亀山社中のスポンサーとなる。芸術に造形深く篆刻家としても有名。
小曽根英四郎(こぞね えいしろう):杉山彦々
 …乾堂の弟。亀山社中に参加する。
大浦慶(おおうら けい):余貴美子
 …商人。日本茶の輸出貿易の先駆者。
岩崎弥太郎の通詞:吉田眞(パックンマックンのマックン)

【外国勢】
トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード
 …英国の商人。長崎でグラバー商会を設立。討幕派を支援、亀山社中とも取引。
オールト:ジェフリー・ロウ
 …英国の貿易商。


==スタッフ==
作:福田靖
音楽:佐藤直紀
制作統括:鈴木圭、岩谷可奈子
プロデューサー:土屋勝裕
演出:渡辺一貴(7,8,11,12,14,18,21,25,26,30,35,38,40,43,47話担当)
   大友啓史(1,2,4,9,13,15,16,20,22,27,28,29,33,36,39,41話担当)
   真鍋 斎(3,5,6,10,23.34話担当)
   梶原登城(17,19,24,32,37,42,46話担当)
   福岡利武(31,44話担当)
   西村武五郎(45話担当)
   松園武大(40話担当)
 ※40話は渡辺・松園2名共同演出
======================

← 龍馬伝 第46話へ龍馬伝 第48話へ →



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

徳川慶喜は内戦を回避した偉大な将軍だと思う。

晩年なんて、反政府勢力の旗頭にならないように。
一人静かに舶来品のオモチャで遊んでたわけだし。

徳川慶喜が小沢一郎みたいな性格だったら。
失業した武士をけしかけて大変な事になってたよ。

だから徳川慶喜や
あるいは三国志の劉備の子・劉禅は
歴史上、馬鹿殿扱いされてるけど。
この2人は偉大な敗者の将だよ

だって個人的な意地で勝者に歯向かえば
ブチ殺されるのは配下の領民なんだから

なんか話がそれるけど
魏の国で囚われの身なった劉禅は、
こう言ったらしい

「故郷なんて恋しくないです、ここが楽しいです」。

これを聞いて魏は
「蜀の残党に謀反の意志無し」と判断したらしい

結局、劉禅の幼名である「阿斗」が
「阿保」の語源になったのだが

彼が阿保を演じてくれたお陰で、
多くの蜀人は死なずにすんだ

  • 2010/11/23(火) 13:16:43 |
  • URL |
  • ええじゃないぞ #-
  • [ 編集 ]

薩長同盟の回と、今回は似ていた。
龍馬がバカっぽい無謀な行動をするって点で

いくら幕臣に直訴するからと言っても
なにも新選組が警護している最中に直訴しないだろ!

龍馬が百人くらい護衛を連れていたなら判るけど
一人で行ったら挨拶する前に斬られるに決まってる

今回の龍馬伝って、
妙なところで韓国ドラマっぽい演出が目立つ
カッコ良ければ非現実的でも構わないという感じ

在日朝鮮人が演出を担当してんじゃねぇ~の?
って、本気で思うような回が何個かあった

NHK職員の戸籍を調査した方がいいよ

  • 2010/11/23(火) 13:24:05 |
  • URL |
  • ええじゃないぞ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ええじゃないぞ 様
以前にも何度か違うお名前でコメント頂いた方ですね。
コメントありがとうございます。
中国史に関する記述、勉強になりました。

ただ、以前にも書きましたが
コメント頂く際には分けずに1つにまとめて記入して頂く様に願います。
これで2回目のお願いとなりますので、もし今後分けて書込みされましたら
不本意ですが削除させて頂きます。

以上、よろしくお願い致します。

  • 2010/11/24(水) 00:30:51 |
  • URL |
  • tate #-
  • [ 編集 ]

あ、すいません
投稿した後でまた別のコメントが書きたくなったんです

毎回別の名前ですいません
ブログって数が多いので前回使った名前を思い出せなくて
毎回適当な名前で書き込みしました

今回気づいたのですが
連続して書き込みするとスパムだと判断されるんですね?
知りませんでした、ごめんなさい

  • 2010/11/24(水) 13:06:33 |
  • URL |
  • ええじゃないぞ #-
  • [ 編集 ]

こんにちは、ポトスです。
とうとう最終回を残すのみ、ですね~(^^)

>なんか小物感いっぱい
 慶喜公~!(^^;) かなり情けないです(笑)。
 後藤くんでさえあれだけ成長したのに、と思いませんか? ぷぷ。
 いえ、笑っちゃいけませんな。実際の慶喜公の功績は大きかったと思いますから。

>討幕の密勅
 これ、実はどう絡ませてくるかなぁと楽しみにしていたんですが、全くのスルーでしたねー(T_T)

>沖田総司は結核がかなり進行していました
 ああ! しまった! これはすっかり忘れてましたよ。そうですよねぇ。
 実は私が最初に幕末に興味を持ったのは、沖田総司からだったもので、彼だけは特別扱いなんですが、しっかり忘れてました…わはは。さすがtateさんですね。

最終回、期待と不安で胸一杯です(笑)
ニュース速報が入らないことを心から祈っとります(^^)
 

  • 2010/11/24(水) 19:54:50 |
  • URL |
  • ポトス #Kyq53.yY
  • [ 編集 ]

Re:

ええじゃないぞ 様
気を悪くされたらごめんなさい。

> 投稿した後でまた別のコメントが書きたくなったんです
分かります。そういうことはありますよね(笑)。
そうかもしれないな、と今回は正直迷ったのですが、前回いちどお願いしていること
でもありますし、上記の様に書かせて頂きました。

FC2ブログでは、パスワード欄に自分で好きなパスワードを設定すると、UPした後
でも再度編集出来ますよ。

> 毎回別の名前ですいません
それは全くかまいませんよ。

> 連続して書き込みするとスパムだと判断されるんですね?
スパム、とは決して思いません。
記事本文とは無関係なコメントを連続して書き込むとスパム扱いされるでしょうが、
ええじゃないぞ さんは関係のあるコメントを書き込まれてますから。

ただ、場合によっては「荒らし」と思われるかも知れませんね。
各ブログ管理人さんの判断次第です。

今回は、私は荒らしだとは思いませんが、居心地が悪かったんです(笑)。
自分のブログで居心地が悪いのは、違和感があるのは勘弁して欲しい。
ですから、「お願い」ということで書かせて頂きました。

> 知りませんでした、ごめんなさい
こちらこそ、キツい言い方に見えたようでしたら、申し訳ないです。
ただ、ここは私のブログですので、私のお願いは聞いて欲しかっただけです(笑)。
今後とも、よろしくお願い致します。

  • 2010/11/25(木) 00:42:05 |
  • URL |
  • tate #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

上記コメにて、自分が書いときながらパスワード設定せずにUPしたブログ主です(笑)。


ポトス 様

>  慶喜公~!(^^;) かなり情けないです(笑)。
慶喜公はどう見ても将軍様の扱いではなかったですねえ・・・
慶喜公の心理描写、同時期に裏ではかなりハラハラでサスペンスな動きがあったこと、
そこらを描いてくれたら、かなり面白くなったと思います。残念。。。

沖田総司は幕末キャラでも人気ありますもんね。彼がきっかけで幕末に興味を持った
というのも分かります。

ポトスさんは「修羅の刻」というマンガをご存知ですか?
一子相伝・最強無敗の武術「陸奥圓明流」の継承者・陸奥九十九の活躍を描いた
「修羅の門」というマンガの外伝として生まれた作品でして、陸奥の名を継ぐもの、
陸奥圓明流歴代継承者の活躍を描いています。代々の「陸奥圓明流」の使い手達が
歴史上の有名人物とかかわり合い、歴史に作用する事になるのですが、この「修羅
の刻」2、3巻が幕末ものでして。
龍馬、沖田、土方が主要人物として登場するのですが、もう号泣ものです(笑)。
沖田の病床末期、クロネコの有名なエピソードを見事な解釈で改変していて、
これがもう泣けて・・・クライマックスに突然1ページのみのカラー。これが
また泣けて泣けて・・・
龍馬にシビれて、沖田に泣き、土方に燃えるこの2冊、「修羅の門」を知らなく
ても単独で読めますので、未読ならぜひどうぞ。

  • 2010/11/25(木) 01:34:11 |
  • URL |
  • tate #7EGgl1.w
  • [ 編集 ]

こんにちは、ラストまでいよいよあと2日となりましたね。
>>ポトスさんは「修羅の刻」というマンガをご存知ですか?
他の人へのコメントを拝借して、申訳ないですが
興味津々、落ち着いたら(あ、現実がです。大河終了の感動が、ではなく。・・・ひきずるほど感動したいもんですが)読んでみたいですね~。
ふふふ、密かな楽しみが増えました。ありがとうございます。

  • 2010/11/26(金) 11:46:16 |
  • URL |
  • holy #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

holy 様

「修羅の刻」はオススメですよ。
 1巻 宮本武蔵
 4巻 アメリカ西部編(ワイアット・アープ)
 5,6巻 寛永御前試合編(柳生十兵衛、宮本伊織(武蔵の養子))
などなど、歴史上の有名人物が登場し、とっても歴史好きホイホイなマンガです(笑)。
なかでも2,3巻の幕末編はアツいです。面白いです。7巻以降は今イチかな。。。
個人的には西部劇大好きなもんで、4巻も捨て難いですが。

まあ、あまりに期待させてしまうと、ハードル上がってしまって、
いざ読んでみたら… となっちゃうかな。好みもありますし。
でも、ポトスさん、holyさん、ここを読んで下さった皆様、機会が
あればどうぞ読んでみて下さい。

> ・・・ひきずるほど感動したいもんですが
ワハハ(笑)。ほんと、そうですねー。
私の中では昨年の日曜8時には大河ドラマはなかったことになっていますが(笑)、
そこまでのことにはならないと信じています。いろいろ文句・不満を書いたり
しましたが、それでも気に入ってる大河ですから。今のところ。

  • 2010/11/27(土) 01:23:36 |
  • URL |
  • tate #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/317-10642e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。