TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第44話

'10,10,31放送  NHK総合

大河ドラマ『龍馬伝』 第44話「雨の逃亡者」感想
雨の中、対峙する弥太郎と龍馬。いいシーンでしたね。
雨で濡れて汗や涙が流れていても判らない、そんな中で熱く思いをぶつける
登場人物。そんな状況はドラマや映画でよくある訳ですが、龍馬と弥太郎も
それぞれの思いが渦巻き、噴き出していました。

単純な第三者的な立場で見たら、弥太郎はワガママでヤな奴なんですが…。
弥太郎の立場なら、疫病神!と龍馬にあたる気持ちも分からなくもない…。
まあ、あれは明らかに言い過ぎではありますが。
残された龍馬の寂しげで悲しい表情が印象的。

今まで、弥太郎には龍馬に対してのライバル心からの反発する気持ちが大き
かったように思いますが、もう本気でキライになっちゃったのでしょうか。
ストーリー的には、龍馬暗殺の黒幕候補に弥太郎もエントリーさせるつもり
なんでしょうね。


今回描かれたイカロス号事件、実際は犯人が判ったのは明治の世になってか
ら。犯人は福岡藩士・金子才吉であり、彼は事件当日に自刃しています。こ
の事件で英国公使パークスは海援隊に嫌疑をかけ、土佐藩を激しく追求しま
した。龍馬と後藤象二郎はその対応に追われ、この時間のロスが薩土盟約の
解消となる大きな要因の一つとなります。


で。
・・ええと・・・その・・・
今回は上記のシーンぐらいしか書きたいことがないのですが。

困ったもんだ。

第4部に入っていい感じでしたが、今回は正直面白くなかったですね。


お元との別れが、お元がイギリスへ密航だなんて・・・凄いね、こりゃ。
お元という芸妓が長崎にいて、龍馬が馴染みにしていたのは史実なんですが、
その後、お元がどうなったのかは不明です。しかし、実は切支丹であり、こ
んな展開で別れるということにするとは予想も出来ませんでした。

英語も未熟であり、カトリックの黄色人種が英国国教会の国に行って果たし
て幸せになれるのか・・・船長がいい人じゃなかったら、それこそ航海途中
の東南アジアのどこかで「からゆきさん」状態で売り飛ばされることを想像
してしまう私は不健全ですかね(笑)。


前回も書きましたが、もう最終回まで話数も無いのに、龍馬と女性キャラが
どーのこーの…というのはカンベンして欲しいのが正直な気持ちです。
ヒロイン4人の内1人として、ちゃんと別れも描きたい、ということなんで
しょうが・・・

そしてなんと、次回は龍馬とお龍がどーのこーの。
頼むで、ホンマ。
大政奉還が薩長同盟なみにサラッと描かれるようなイヤな予感が(笑)。

で、次回のタイトルが「龍馬の休日」。
これって「ローマの休日」をもじっているんでしょうか?
うーん、RyOMAN HOLIDAY(笑)。
ここにきて、まさかのパロディ回?
お龍さんがジェラートならぬかき氷食べたり、二人でスクーターならぬ馬に
乗ったり、真実の口ならぬ神社に行ったり、お龍さんが髪切ったり、そんな
ことはしてないですよね(笑)。



次回「龍馬の休日」。
龍馬とお龍、久しぶりの再会。これが最後とは二人は知らず。



==龍馬伝 キャスト==

坂本龍馬:福山雅治
 …坂本家次男。幕末の激動期を駆け抜けた志士。

【坂本家】
高松太郎(たかまつ たろう)[坂本 直(さかもと なお)]:川岡大次郎
 …龍馬の甥。勝塾に学ぶが、勤王党弾圧後に脱藩。維新後は龍馬の家督を継ぐ。

【岩崎家】
岩崎弥太郎(いわさき やたろう)・語り:香川照之
 …土佐藩の地下浪人。藩の商務組織・土佐商会主任となり海援隊の経理も担当。

【土佐藩主・上士】
山内容堂(やまうち ようどう)[豊信→容堂]:近藤正臣
 …土佐藩15代藩主。龍馬の策を受け入れ、徳川慶喜に大政奉還を建白した。
後藤象二郎(ごとう しょうじろう):青木崇高
 …勤王党を弾圧。龍馬の大政奉還策を山内容堂に進言し、同策の実現に寄与。
 
【土佐藩下士】
沢村惣之丞(さわむら そうのじょう):要潤
 …浪人の息子。龍馬と行動をともにし、亀山社中、海援隊に参加。
溝渕広之丞(みぞぶち ひろのじょう):ピエール瀧
 …郷士。江戸で千葉道場で龍馬と同門。後に砲術を学び土佐にて藩兵に指導。
千屋寅之助(ちや とらのすけ)[菅野 覚兵衛(すがの かくべい)]:是近敦之
 …勤王党に加盟、勝塾にて学ぶ。亀山社中に参加。妻の起美はお龍の妹。
中島作太郎(なかじま さくたろう):谷口翔太
 …脱藩し土佐勤王党、海援隊に参加する。維新後、初代衆議院議長に就任。
新宮馬之助(しんぐう うまのすけ):松村良太
 …河田小龍に学ぶ。江戸遊学中に龍馬と出会い勝海舟に師事。亀山社中に参加。

【その他武士】
陸奥陽之助(むつ ようのすけ)[→陸奥宗光]:平岡祐太
 …紀州の脱藩浪士。海軍操練所で龍馬と出会い海援隊に加わる。維新後も活躍。

【幕臣】
朝比奈昌広(あさひな まさひろ):石橋凌
 …長崎奉行。後に外国奉行・江戸町奉行・勘定奉行などを務めた。
岩堀文治郎(いわほり ぶんじろう):松尾貴史
 …長崎奉行所の役人。
長崎奉行所の役人:神尾佑

【長崎の人々】
元(もと):蒼井優
 …丸山の料亭・引田屋の芸妓。龍馬の馴染みとなる。
大浦慶(おおうら けい):余貴美子
 …商人。日本茶の輸出貿易の先駆者。
小曽根乾堂(こぞね けんどう):本田博太郎
 …貿易商。亀山社中のスポンサーとなる。芸術に造形深く篆刻家としても有名。
小曽根英四郎(こぞね えいしろう):杉山彦々
 …小曽根乾堂の弟。海援隊にも参加した。
引田屋の女将:山村美智
稲○:藤木勇人
枡屋虎吉(ますや とらきち):酒向芳
 …商人。
タネ:福永マリカ
 …引田屋の芸妓。
女主人:岡林桂子
 
【外国勢】 
アーネスト・サトウ:パトリック・ハーラン
 …英国公使館の通訳。英国における日本研究の基礎を築く。
ハリー・パークス:ジェフ・ワスティラー
 …イギリス駐日全権公使。


==スタッフ==
作:福田靖
音楽:佐藤直紀
制作統括:鈴木圭、岩谷可奈子
プロデューサー:土屋勝裕
演出:福岡利武(31,44話担当)
   大友啓史(1,2,4,9,13,15,16,20,22,27,28,29,33,36,39,41話担当)
   渡辺一貴(7,8,11,12,14,18,21,25,26,30,35,38,40,43話担当)
   真鍋 斎(3,5,6,10,23.34話担当)
   梶原登城(17,19,24,32,37,42話担当)
   松園武大(40話担当)
 ※40話は渡辺・松園2名共同演出
======================

← 龍馬伝 第43話へ龍馬伝 第45話へ→




テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

同感です(笑)

こんにちは、ポトスです。

私もtateさんの評に、まるっと同意ですねえ。
蒼井お元自身はとても良いと思いますが、龍馬とどーのこーのはちょっと勘弁してほしい。
彼女のキリシタン設定も生かし切れていないと思います。

密航の件も、本当にtateさんの仰る通り。<不健全評に一票(私は船の中でさえ危ないと思いましたよ…(^^;))
それでも命を奪われるよりはマシでしょうか。浦上四番崩れとか悲惨ですから…

あと数回というのが惜しいと思ったのは、アーネスト・サトウ。この人、面白そうだと思いました。
彼やグラバーなどこの時期に外国人が果たした役割というのもありますものね。

>RyOMAN HOLIDAY(笑)。
 爆笑しました。絶対やめて。(笑)

  • 2010/11/03(水) 08:48:17 |
  • URL |
  • ポトス #Kyq53.yY
  • [ 編集 ]

Re: 同感です(笑)

ポトスさん、こんばんは。

> (私は船の中でさえ危ないと思いましたよ…(^^;))
そーか、確かに売り飛ばされる以前に危険が(笑)。
信頼出来る神父さんが同行してるとかだったらいいんですがねえ。

> それでも命を奪われるよりはマシでしょうか。浦上四番崩れとか悲惨ですから…
切支丹弾圧は天草四郎とか、江戸初期のイメージが濃いのですが、江戸末期、
そして明治に入っても強烈だったそうですね。信仰の力ってすごい。

> >RyOMAN HOLIDAY(笑)。
>  爆笑しました。絶対やめて。(笑)
あ、あとねー、追っ手が来るんだけどお龍さんがギターならぬ月琴でぶっ倒す
とかっ!(笑)。
こーいう、いちびりなネタはどんどん浮かんでくるブログ主でした。

  • 2010/11/04(木) 00:55:43 |
  • URL |
  • tate #7EGgl1.w
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/310-53c37000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。