TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第37話

'10,9,12放送  NHK総合

大河ドラマ『龍馬伝』 第37話「龍馬の妻」感想
お龍メインの思いっきりラブストーリー回になることを覚悟していましたが、
そこそこまとまっていたのではないでしょうか?
進展もまあ、ありましたし。

しかし、お龍さん絡みでは今回が龍馬との結婚、次回が薩摩への新婚旅行と
2回も使うのか・・・薩長同盟はあんなにサラッと流したのに・・・
その辺り、ちょい納得いかない思いはあるのですが、仕方無いですね。


お龍さんといえば、かなーり気の強い女性というイメージですが、前半部の
龍馬に求婚されるあたりのシーン、とっても恋する乙女で可愛らしくて。
しかし長崎でのお元とのシーンでは、見えないレーザー光線がビシバシ飛び
交っていたような(笑)。お互いニッコリ微笑みながら、完全にバトルしてま
したねえ。コワいコワい・・・


史実でも陸奥とお龍とは仲が悪かった(というか海援隊は皆、お龍を嫌って
いた模様)そうですが、劇中でも陸奥が宴席でお龍さんに文句言ってました。
龍馬伝恒例の唐突感あるセリフでしたが。
事前に何か、陸奥がお龍さんに反感を持つシーンとか入れたらいいのにな、
と感じてしまいます。
ストーリーの流れを感じさせてくれないセリフという意味では、龍馬が高杉
に再会した時も、「あの拳銃のおかげで生き延びたぜよ」的なお礼のセリフ
があってもよかったのでは?と思いました。


筋肉バカの内蔵太は船を任されて上機嫌。ですがこれで彼が悲劇的な結末を
迎える事件へと導くことになってしまいます…
龍馬が自分の後継者と期待した若者ですが、運命はそれを許しませんでした。


ちなみに、あれ?いつのまにか三吉がいない?と観ていて思った人もいたの
では。途中、船が下関に立ち寄った際に彼は下船しています。
生涯の友、命を救った恩人ですから、別れのシーンを期待していたのですが。
三吉というキャラは、もっと使って欲しいと思えるいいキャラでした。

よかった、と思うシーンは小曽根兄弟(父子みたいに見えますが)二人が会話
するシーン。長次郎の悲劇を目の当たりにした乾堂は、志士の危険な日常を
改めて痛感したのでしょう。そして龍馬も、傷を負って帰って来た。兄とし
て英四郎に警告します。
ああいうささやかなシーンでもキャラクターがより見えてくると思います。
どんどんこういうシーンは入れて欲しい。


そして弥太郎ですが、ついに覚醒?後藤象二郎よりも上座に立って叫んでい
ました。あの後で後藤にケリ入れられないか心配です。
後藤も龍馬の存在を認めざるを得ないと悟ったようです。第4部では後藤と
龍馬の直接対面もあるはずですから、その辺りも楽しみですね。


あと、忘れちゃいけない高杉晋作。ついに喀血(泣)。
グラバー邸の屋根裏にある隠し部屋は1987年に実際に発見されました。
隠し部屋の内部を観光客が見ることは出来ないみたいですが、実際にそこで
幕末の志士たちが密談したり、匿われたりしたこともあったのでしょうね。
劇中の高杉も快適に暮らしていたようですが、病魔は確実に彼を蝕んでいま
す。今後、どう高杉を描くかも注目していきたいです。



ところで今回、龍馬が必死に書き記していた裏書ですが、実物がこの9/18
から東京で公開されるそうです。

龍馬自筆「薩長同盟裏書」を公開 宮内庁、皇室ゆかりの名品41件展示
==MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100802/imp1008022103005-n1.htm

興味のある方は是非行かれたらどうでしょう。私も見てみたいなあ。


で、ドラマ中に出て来たこの裏書ですが。

龍馬が書き終えた直後のショット…

ryo370011.jpg


長州藩主毛利敬親が手にしている時のショット…

ryo370012jpg.jpg


この2枚の画像を見ると、どうも別物に見えるのですが・・・

桂は殿様にニセモノを渡した?(笑)
私の勘違い?小道具のミス?




次回「霧島の誓い」。
龍馬、お龍と薩摩へ。幸せを噛み締める二人。しかし幕府の長州攻撃が始まる…


==龍馬伝 キャスト==

坂本龍馬:福山雅治
 …坂本家次男。幕末の激動期を駆け抜けた志士。

【坂本家】
高松太郎(たかまつ たろう)[坂本 直(さかもと なお)]:川岡大次郎
 …龍馬の甥。勝塾に学ぶが、勤王党弾圧後に脱藩。維新後は龍馬の家督を継ぐ。

【岩崎家】
岩崎弥太郎(いわさき やたろう)・語り:香川照之
 …土佐藩の地下浪人。藩の商務組織・土佐商会主任となり海援隊の経理も担当。

【土佐藩主・上士】
山内容堂(やまうち ようどう)[豊信→容堂]:近藤正臣
 …土佐藩15代藩主。龍馬の策を受け入れ、徳川慶喜に大政奉還を建白した。
後藤象二郎(ごとう しょうじろう):青木崇高
 …義叔父吉田東洋の暗殺で失脚するも後に復帰、勤王党を弾圧。
 
【土佐藩下士】
沢村惣之丞(さわむら そうのじょう):要潤
 …浪人の息子。龍馬と行動をともにし、亀山社中、海援隊に参加。
池内蔵太(いけ くらた):桐谷健太
 …脱藩後、長州尊攘派に合流。亀山社中に参加、薩摩へ帆船を回航中に遭難。
千屋寅之助(ちや とらのすけ)[菅野 覚兵衛(すがの かくべい)]:是近敦之
 …勤王党に加盟、勝塾にて学ぶ。亀山社中に参加。妻の起美はお龍の妹。
中島作太郎(なかじま さくたろう):谷口翔太
 …脱藩し土佐勤王党、海援隊に参加する。維新後、初代衆議院議長に就任。
新宮馬之助(しんぐう うまのすけ):松村良太
 …河田小龍に学ぶ。江戸遊学中に龍馬と出会い勝海舟に師事。亀山社中に参加。

【その他武士】
陸奥陽之助(むつ ようのすけ)[→陸奥宗光]:平岡祐太
 …紀州の脱藩浪士。海軍操練所で龍馬と出会い海援隊に加わる。維新後も活躍。
 
【幕府】
一橋慶喜(ひとつばし よしのぶ)[一橋慶喜 → 徳川慶喜]:田中哲司
 …将軍後見職。後の15代将軍。
板倉勝静(いたくら かつきよ):斉木しげる
 …老中首座。15代慶喜から厚い信任を受け、大政奉還の実現に尽力。

【幕臣】
朝比奈昌広(あさひな まさひろ):石橋凌
 …長崎奉行。後に外国奉行・江戸町奉行・勘定奉行などを務めた。
岩堀文治郎(いわほり ぶんじろう):松尾貴史
 …長崎奉行所の役人。
 
【薩摩藩】
西郷隆盛(さいごう たかもり)[西郷吉之介]:高橋克実
 …軍賦役。「維新の三傑」の一人。薩長同盟の成立や王政復古に成功。
小松帯刀(こまつ たてわき)[小松 清廉]:滝藤賢一
 …家老。藩政改革に貢献。亀山社中の設立を援助。
吉井幸輔(よしい こうすけ)[吉井友実]:及川いぞう
 …京都留守居役。龍馬とお龍の薩摩旅行で案内役を務め、自宅を宿として提供。
大山彦八(おおやま ひこはち)[大山綱昌]:西田聖志郎
 …伏見薩摩藩邸の留守居役。彼の次男が大山巌。
木原泰雲(きはら たいうん):花王おさむ
 …藩医。龍馬の治療看護に当たった。
 
【長州藩】
桂小五郎(かつら こごろう)[→木戸貫治→木戸孝允]:谷原章介
 …尊王攘夷派の中心人物。江戸練兵館塾頭。龍馬の仲介により薩長同盟を結ぶ
高杉晋作(たかすぎ しんさく):伊勢谷友介
 …吉田松陰に師事。奇兵隊を結成、長州藩の倒幕運動に貢献。
三吉慎蔵(みよし しんぞう):筧利夫
 …宝蔵院流槍術の達人。寺田屋事件で龍馬と同宿、応戦し龍馬を救った。
毛利敬親(もうり たかちか):一岡裕人
 …長州藩最後の藩主。

【京都の人々】
松平容保(まつだいら かたもり):長谷川朝晴
 …陸奥国会津藩主。京都守護職。
楢崎龍(ならさき りょう):真木よう子
 …お龍(おりょう)と呼ばれる。寺田屋で奉公している。
登勢(とせ):草刈民代
 …伏見の船宿「寺田屋」の女将。
 

【長崎の人々】
元(もと):蒼井優
 …丸山の料亭・引田屋の芸妓。龍馬の馴染みとなる。
小曽根乾堂(こぞね けんどう):本田博太郎
 …貿易商。亀山社中のスポンサーとなる。芸術に造形深く篆刻家としても有名。
小曽根英四郎(こぞね えいしろう):杉山彦々
 …乾堂の弟。
大浦慶(おおうら けい):余貴美子
 …商人。日本茶の輸出貿易の先駆者。
タネ:福永マリカ
 …引田屋の芸妓。

【外国勢】
トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード
 …英国の商人。長崎でグラバー商会を設立。討幕派を支援、亀山社中とも取引。


==スタッフ==
作:福田靖
音楽:佐藤直紀
制作統括:鈴木圭、岩谷可奈子
プロデューサー:土屋勝裕
演出:梶原登城(17,19,24,32,37話担当)
   大友啓史(1,2,4,9,13,15,16,20,22,27,28,29,33,36話担当)
   渡辺一貴(7,8,11,12,14,18,21,25,26,30,35話担当)
   真鍋 斎(3,5,6,10,23.34話担当)
   福岡利武(31話担当)

======================

← 龍馬伝 第36話へ龍馬伝 第38話へ→




テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

偽物だね、右の2列が文字1個分低い^^。

いやいや。
偽だろうが嘘だろうが。
「そうせい侯」は家来を怖れて今日も黙認。

正直言って、土佐藩が羨ましい長州藩主であった。

  • 2010/09/14(火) 01:08:18 |
  • URL |
  • いつもの俺 #-
  • [ 編集 ]

高杉晋作の実家は裕福だったのね。
鳩山総理みたいに、月のお小遣いが1000万円なのか?。

ん・ん?、1000万両?!。

(昔)あれで軍艦を買う = (今)あれで空母を買う。

晋作はホリエモンより金持ちだね。

  • 2010/09/14(火) 01:14:44 |
  • URL |
  • いつもの俺 #-
  • [ 編集 ]

1000両だったっけ?。
1000万両だったっけ?。

1両って今の価値では幾らなんだろ?。

5両の借金で妹が売り飛ばされる時代だから。
1両は100万円くらいなのかな?。
それとも1両10万円くらい?。

  • 2010/09/14(火) 01:19:05 |
  • URL |
  • いつもの俺 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

いつもの俺 様 コメントありがとうございます。

ですが、もし今後、コメント頂く際には3回に分けず、
1つにまとめて記入して頂ければと思います。

以上、よろしくお願い致します。

  • 2010/09/16(木) 00:16:40 |
  • URL |
  • tate #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/287-d501cc5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。