TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの妹 第5話 あらすじ&感想

'09,5,17放映 TBS系

ーー第5話「鬼に恋した妹」あらすじ(終わりまで)ーー
警察署で事情聴取を受ける盟。うんざりするほど長くかかった。まるでボロを出すの
を待っているかのようだ。九鬼の証言があるので疑っているのだろう。
盟は、九鬼に対して、九鬼に振り回されている自分に対して腹立たしかった。

署の前では春奈が待ち構えていた。彼女の友人の手術をして欲しいという。前回の失
敗が頭をよぎるが、逃げる訳にもいかない。盟は手術に臨む。

手術の最中、盟はベートーベンの「田園」を口ずさんでいた。調子のいい証拠だ。
手術は無事成功した。表ではモニターを見てホッとしている春奈。
無理やり手術を頼んだお礼に、と盟を食事に誘う。

店では春奈が一人で喋り続けている。聞き役に徹して黙々と食べる盟。
ふと、春奈は盟に、好きな人はいるのか尋ねて来た。妹が会いに来て、早くお嫁さん
を貰えばいいのに、と言っていたことを聞き、苦笑する盟。なぜ妹はあなたの所に?
との問いに、颯が事件のことで病院を解雇されるのではと心配していたことを話し、
もし父が理事長としてそんな決定を出したら、私は父と縁を切って、家を飛び出しま
す。もしそうなったら先生、引き取って頂けます?といたずらっぽく聞く春奈。盟に
は何とも返答のしようがない。

そのころ、颯は九鬼に会うために呼び出された資材倉庫にいた。そこで颯は、九鬼に
なぜ里子が転落したのかを話す。そして、あんな所へ会いに行かなければ、言い合い
をしなければ、スカーフが飛ぶこともなく、里子が誤って転落するとも無かった、と
自分の責任もあることを謝る颯。とにかく、兄が突き落としたのではないことを懸命
に訴える。

スカーフのことを聞き、うめく九鬼。そのスカーフは去年のクリスマスに九鬼が里子
にプレゼントしたものだったのだ。
そして、たとえ突き落としていなくても、死なせたのはアンタ達の原因だから一生か
けて償ってもらう、と颯に詰め寄る。
その時、ヤミ金融の男達がやってきた。とっさに九鬼は颯の手を取り、目立たない物
置に隠れる。当惑しながらついて行く颯。

隠れながらの状況で、幼い頃に家の中で、兄と二人だけでかくれんぼをよくしていた
ことを話す颯。その話で両親がいない自分と似たところがあることに気付く九鬼。思
わず九鬼も昔話を語り出す。親に捨てられたこと、桐原兄妹のこと、里子の兄のこと、
その兄の事故のこと、借金のこと。

金融屋は帰って行った。九鬼は颯に900万円つくれるかと聞く。借金は300万円だけ
でなく、利子も合わせて900万円になっていた。里子を追いつめた償いに900万円用
意しろ、そうしたら警察への目撃証言は取り下げる、と颯に言い放つ。

そこへ櫻井老人が現れる。この倉庫を、九鬼がねぐら代わりにしていることを聞きつ
けて来たのだ。里子のことで盟を恨むのは間違っていることを諭そうとするが九鬼は
聞こうとしない。なおも言い寄ろうとした櫻井老人が突然うめき、倒れた。颯は盟に
連絡を取り、盟の病院へ救急車で運び込んだ。

櫻井老人は腸閉塞だった。かなり悪いらしい。緊急に手術することになりそうだ。
病院で盟は、颯になぜ九鬼に会ったのかを責める。颯は謝り、九鬼の言ったことを盟
に話した。同情なんかするな、もう絶対に会うな、と怒りの収まらない盟。承知しな
がらも颯は、自分達とどこか似たところがあると呟き、あわてて自分で否定する。九
鬼のことがどうにも気になっているようだ。

病室で櫻井老人は盟にしきりに謝っていた。気にしないで、と明るく応える盟。
夜、九鬼が病院に姿を見せた。櫻井老人は手帳に花の栽培ノウハウを書き記していた。
この手帳をあげる。花畑も君に譲るという。九鬼は拒み、帰って来てくれと訴える。

九鬼と向かい合う盟。妹に近づくな、妹を巻き込むなら、徹底的に戦い、ボロボロに
なるまで君を追いつめて見せると盟は九鬼に宣言する。
九鬼は、櫻井老人を助けろ、そしたらもう手を引く、それが条件だと言い残して去る。

櫻井老人の病室の前を通り過ぎようとした盟は、ネームプレートに看護婦が差し込ん
だ患者名を見て驚く。「九鬼忠彦」となっていた。保険証の名前は櫻井ではなかった。

病室に入った盟に、わしが悪い、九鬼を捨てた張本人だと慟哭する櫻井老人。
駆け落ちした女性が死んだ後、息子の研次が気になって住所を調べて訪ねると、里子
のアパートだった。櫻井老人は今更父親とも言えず、アパートの空いている部屋に住
み込み、二人を見守っていた。父と知らずに九鬼は櫻井老人になつき、花の育て方を
教わっていたのだ。あいつには内緒にしておいてくれと盟に頼む櫻井老人。

「僕は妹にこう言った。あいつに同情なんかするなよ絶対に。
 絶対に、と言った。今は、そう言い切れるだろうか・・・」

そのころ颯は瀬川を呼び出していた。やって来た瀬川の車に乗り込む颯。僕は弁護士
で便利屋でない、と不機嫌な瀬川は、キスさせろ、と詰め寄るも帰ろうとする颯にあ
わてて取りなす。今回の颯の頼み事は、貯金321万円を長短期間で900万円にしたい、
ということだった。ボヤキながらも考え込む瀬川。
ーーーーーー6話に続く。

盟と春奈、颯と九鬼の二組が微妙に接近した感じです。
5話のタイトルがタイトルだし、予告も観ると今後は颯と九鬼の二人の仲がどう変化
していくか、というところでしょうか。

颯は900万円の理由を瀬川に言ってないようで。理由をいえば、弁護士なんだから違法
な金貸しに対する債務整理とか、方法はあるはずなんですが。

櫻井老人はやはり単なるお隣さんではなかった(笑)。息子を捨てたことで自分を責めな
がらも、しかし駆け落ちのことは後悔はしていない。人間の業というものを盟は感じた
ような哀しい顔つきでした。
大滝秀治さんは好きな俳優ですが、今回はちょっとオーバーアクトかな?

視聴率は伸び悩んでいるようですが、今後も楽しみなドラマです。


江上 盟(メイ)…オダギリジョー
江上 颯(サヤ)…長澤まさみ
九鬼研次…千原ジュニア
桐原里子…ともさかりえ
瀬川欽也…田中哲司
大河原春奈…笹本玲奈
羽根田刑事…小木 茂光
櫻井忠治…大滝秀治 ほか

脚本…池端俊策/演出…清弘誠

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/28-230e5362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。