TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの妹 第4話 あらすじ&感想

'09,5,10放映 TBS系


ーー第4話「真実の告白…」あらすじ(終わりまで)ーー
手術の日、病院に刑事がやってきた。もう一度、里子が死んだ前後の話を確認したい
と言う。物腰柔らかだが、盟を疑っているようだ。
盟は午後からの手術に集中できず、ミスを犯してしまう。幸い大きな事故にはならず、
初歩的なミスだったが、准教授の塚本は手術を行う状況ではない、明後日の手術は休
めと盟に告げ、さらに、何なら長期的に休んでかまわないと、冷たく言い残していく。
反論出来ない盟。

自宅で相変わらず元気な颯に比べ、落ち込んでいる盟。明日病院を休むという盟を心
配する颯は、翌日、春奈に会いに行く。
小中高と一度も休んだ事の無い兄が休むと言い出すなんて、兄は首になるようなミス
をしたのか、と訴える颯。病院の人間関係は複雑で、ちょっとしたことで足を引っ張
りあう、江上先生は病院に必要だから辞めさせる事はありえない、と春奈は颯を安心
させる。
ホッとした颯は何気ない会話の中、早くお嫁さんを貰って欲しいとつぶやく。
どぎまぎしている春奈。立ち去り際、刑事が病院に来た事を颯に教えた。考え込む颯。

その頃、盟は九鬼を探し歩いていたが、誰も彼を知らない。里子の部屋も引き払われ、
九鬼の寝袋もない。
公園の草取りをしていた櫻井老人に、自分が里子を殺したと九鬼が思い込んでいるこ
とを話す盟。櫻井老人は、思い当たる所があるのでダメ元で行こうと言う。

車の中で、昔話を始める盟。
子供の頃、スポーツは苦手だったが、持久走だけは一番だった。小6の時、大会の前
日、友人から父に一番になると約束した、勝ちを譲ってくれと頼まれるが、盟は断り
一番になった。後で判ったのだが、友人の父は末期ガンで、父を励まそうとしてそう
言って来たらしい。数ヶ月後、葬式の時、つまらないことを言ったと友人は謝ってき
た。でもあの時、負けてやれば良かったと最近思う。僕の中に後悔がある。彼の不幸
に気がついてやればよかった。
人間は残酷ですよね。
知らない間に、今も誰かを傷つけているかもしれない・・・
話しながら、本当は九鬼にこんな話をしたかった、と思う盟。

たどり着いた場所は郊外のビニルハウス。櫻井老人はここで花の栽培を行っているが、
九鬼にも手伝ってもらっていた。果たしてそこには九鬼の姿が。
花の手入れをする九鬼は別人の様に優しい顔つきである。が、盟に気付き、顔を強ば
らせる。盟に言い寄る九鬼。櫻井老人が、あんたは憎む相手を間違えている、と諭す。
俺のなかに鬼が棲んでいる、人間なんか信じるなと言っている。お前がなんと言おう
と里子を殺したんだ!そう言い残して去る九鬼。

役に立てなかったと盟に謝る櫻井老人。九鬼は子供の頃、一家離散して他人に預けら
れたので、誰も信じない所があるらしい。
しかし、自分を親のように慕っている。櫻井さんの子供にしてくれたら、さびしくな
いと言っていた。私が子供にしてやるから、親の言う事は聞け、と言い聞かします。
先生に迷惑はかけない、と櫻井老人は微笑む。

颯は瀬川に会いに行った。大喜びの瀬川。颯は離婚の話はかわして、兄の所に警察が
来たことを話し、今さら何でなのか調べて欲しいと頼む。颯の言うことは断れない瀬
川は同じ所轄の課長代理、剣持を知っていると颯に教える。

瀬川は剣持を連れて、颯の働くキャバクラに来た。颯は何気ないフリをして、事件の
ことを剣持から聞き出す。酔った剣持は、殺人の可能性が出て来たと漏らす。突き落
とされるのを見た人がいる、死んだ女性の恋人だ、と。動揺する颯。

盟のマンションに酔い潰れた颯が帰って来た。
大事なことを黙っていた、と打ち明ける颯。
屋上で里子と最後に会ったのは兄ではない、私なんだ。
彼女は私の目の前で落ちて行ったんだ・・・
盟が金を渡したと思い込んでいる颯は里子ともみ合い、その際に里子のスカーフが飛
んでアンテナに引っかかった。そのスカーフを取ろうとして、バランスを崩した里子
は落ちて行ったのだ。

自分が突き落としたと思われても仕方が無い状況だから、ずっと黙っていたが、兄が
疑われている今、もう黙っていられなくなったので警察に行くという颯。
時間が経ちすぎている。兄妹でかばい合っているだけと思われる、と盟。
事情聴取に行くという盟に、颯は私が行くとすがる。
九鬼のターゲットは俺だ、彼がそう思っている以上、向き合うしか無いと盟は覚悟を
きめる。俺の責任なんだ・・・

次の日、警察に向かう盟。颯は盟の車を見送ると携帯を取り出し、電話をかける。
「もしもし、江上颯です。九鬼さんですか。会って、お話したいことがあります…」
ーーーーーー5話に続く。


やっぱり、というか案の定、颯(長澤まさみ)が事件に絡んでました。次回、また勝手
な行動で兄を困らせることになりそうです。
春奈(笹本玲奈)お嬢様が良い表情でした。本当に妹なのか疑っているところから、兄
を心配する妹を見守る表情、盟(オダギリ)の私生活に興味津々、最後は「お嫁さん」
の台詞に小さく反応するところ、いいかんじです。

今回は九鬼(ジュニア)の別の一面が見えてきました。花と接している彼の優しい表情。
あれが本当の九鬼なのかも知れません。盟だって、颯がいなければ九鬼の様になって
いたのかも。見守る人がいる、見守ってくれる人がいる。その幸福。


江上 盟(メイ)…オダギリジョー
江上 颯(サヤ)…長澤まさみ
九鬼研次…千原ジュニア
桐原里子…ともさかりえ
瀬川欽也…田中哲司
大河原春奈…笹本玲奈
塚本准教授…佐戸井けん太
羽根田刑事…小木 茂光
剣持課長代理…六角精児
櫻井忠治…大滝秀治 ほか

脚本…池端俊策/演出…加藤 新

第5話も読みます?



テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/24-abc66120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長澤まさみ ぼくの妹

【送料無料!】大人気の小物入れ3点セット!※メール便にてお届けですので代引き不可芸能人愛用の人気がま口、ケータイやiPod(iPODケース)にぴったりのポーチ、TBS系ドラマ「ぼくの妹」にて主演の長澤まさみさんがドラマで使っているキーチェーン(キーホールダー)など...

  • 2009/05/15(金) 04:55:09 |
  • ぼくの妹 新ドラマ ぼくの妹

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。