TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 天使のくれた時間

2010,5,6深夜放映 テレビ大阪

「天使のくれた時間」(2000)米国 あらすじ&感想
オリジナル125分、放映時間135分、放映本編時間約108分。(吹替)
1987年、ジャックは金融界での成功を夢見て研修のためロンドンに旅立つ。
恋人のケイトはジャックを引き止めるが、「たとえ100年離れていても僕ら
は変わらない」と言い残して彼は去った。そして、二人はその後出会うこと
はなかった。

13年後。大手金融会社の社長となったジャックはウォール街で多忙ながらも
充実した独身生活を過ごしていた。
クリスマスイブの夜に、ジャックはスーパーでロトくじの換金でトラブルに
なっている黒人青年キャッシュと出会う。彼は「これから起こることは、あ
んた自身が招いたことだ」とジャックに言い残して去っていった。
翌朝、ジャックは見知らぬ部屋で目を覚ます。隣には13年前に別れたケイト
が寝ていて、子供もいる。困惑したジャックはその家を飛び出し、オフィス
に向かう。そこには社長が部下であったはずのアランと記され、自分のこと
は誰も知らなかった・・・・・・





本作品を観た多くの人は「素晴らしき哉、人生!」「クリスマス・カロル」
を思い起こすと思います。ベルが出て来たりしますし。

もし、今とは違う生き方をしていたら。
あの時、別の選択をしていたらどうなっていただろう。

ある程度の人生経験がある大人、まあ30代以上の方でしたらそんな「if」
を、ふと考えたことも何度かあるのでは。今にして思えば、あれがターニン
グポイントだったよなあ…あの時にこうしていたら人生変わっていたかも知
れないなあ…

かく言う私もそんなことは何度も思ったりする訳ですが(笑)。
そういう別人生を描いた作品がいくつかあります。本作品もその一つです。
バリバリのビジネスマンが家庭人として暮らす。何が幸せで何が不幸なのか、
人によってそれぞれでしょうが、心を寄せる相手と語り合うこと、これこそ
が大切なんだな、と。例え一杯のコーヒーを飲む時間だけでもね。


狼狽する男、「何なんだよ!」とパニクって叫ぶ男、といえば思い浮かべて
しまうニコラス・ケイジ。本作でもコミカルにハートフルに、そういう男を
達者に演じています。「バーディ」以来気に入ってる俳優さんなんですが、
ふと見せる優しい表情はとても魅力的。ふと見せるダメ男っぷりも上手。

ジャックの別世界での家庭的な妻をティア・レオーニが好演。夫からのプレ
ゼントを待ちわびる姿がとってもカワイイ。「ディープ・インパクト」(98)
「ジュラシック・パーク3」(01)などの作品も印象に残っています。私生活
では「X-ファイル」のデヴィッド・ドゥカヴニーの奥さんです。

出番はあまり多くないですが、娘アニー役のマッケンジー・ヴェガも上手い。
幼い彼女とのさりげない会話シーンがとてもいいですね。
「ソウ」(04)「シン・シティ」(05)に出演。姉のアレクサ・ヴェガも女優で、
「スパイキッズ」の主演、姉弟の姉の方、カルメンで有名です。


家庭と仕事をいかに両立させるか、調和がとれた生活ができるか。多くの方
が抱えている難題でしょう。多くの場合なんらかの犠牲を私生活に負わせ、
仕事に取り組むことになっているのでは。
そんな大人たちに、寄り添う心と心の大切さを教えてくれる映画です。


天使のくれた時間. THE FAMILY MAN
【キャスト(声の出演)】
ジャック・キャンベル:ニコラス・ケイジ(大塚明夫)
 …大手金融会社の社長。キャッシュとの出会いでケイトと子供に囲まれた生活へ。
ケイト:ティア・レオーニ(田中敦子) …13年前に別れた恋人。別世界では妻に。
キャッシュ:ドン・チードル(高木 渉) …深夜スーパーに現れた謎の黒人。
アーニー:ジェレミー・ ピヴェン(板東尚樹) …別世界で隣人。
アニー:マッケンジー・ヴェガ(川田妙子)…別世界でのジャックの娘。
アラン・ミンツ:ソウル・ルビネック(神谷和夫)…ジャックの部下。別世界で社長。
ピーター・ラシター:ジョセフ・ソマー…会社の会長。

【スタッフ】
監督: ブレット・ラトナー
製作: マーク・エイブラハム
    トニー・ルドウィグ
    アラン・リッシュ
    ハワード・ローゼンマン
製作総指揮:アーミアン・バーンスタイン
      トーマス・A・ブリス
      アンドリュー・Z・デイヴィス
脚本: デヴィッド・ダイアモンド
    デヴィッド・ウェイスマン
撮影: ダンテ・スピノッティ
音楽: ダニー・エルフマン


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/225-68752d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。