TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

'10,5,3放映 NHK教育

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(映画版)」(2008)
オリジナル98分、放映時間100分、放映本編時間98分。
DVDも98分、放映も98分ですが、劇場公開時のデータでは93分と記載して
いるサイトが多いんです。ミスデータなのか、DVDで再編集されたのか?

旧三部作、特に第一作目(エピソード4)が私の映画的体験にとって大きな意味
を持つスターウォーズ・サーガ。このCGアニメの各キャラはどうも違和感が
ありまくりで、正直あまり好きにはなれません。内容としては確実にSWで
あり、楽しめることは楽しめるのですが・・・

まず、この作品がFOXではなく、ワーナー作品であることが残念。やっぱり
SWはFOXのロゴとファンファーレがないとね。あのファンファーレとSW
のメインテーマは対になって「さあ、SWが始まるぞ」というワクワク感が
高まるところがあります。そのテーマ音楽も微妙なアレンジがなされ、違和
感を高めてくれます。

まあこの映画はテレビ版クローン・ウォーズの第1話に当たる作品であり、
現在NHK教育で放送しているクローン・ウォーズ(シーズン1)をさらに楽し
む為に、そして本家6部作を補完する為に気軽に鑑賞すればいいでしょう。
ジェダイの超人的能力はアニメの方が描写しやすいかも。
クローン・トルーパーの中隊長、レックス大尉もなかなかいいキャラです。
白のアーマーに青い塗装が各所にあるスキンヘッドのトルーパーです。

7日の金曜にはエピソード1「ファントム・メナス」も日テレ系列で放映さ
れます。エピ1も旧三部作ファンの私には微妙な作品ではあるのですが、久
しぶりに観てみようかな。DVD持ってるけど全然観てないし・・・


ちなみに、現在「スター・ウォーズ」実写版テレビシリーズの製作が進めら
れているそうです。反乱軍を中心に描かれるがジェダイの騎士は登場しない
とか。まだまだ観ることが出来るのは先のことですが、楽しみです。


【声の出演:吹替え版(英語版)】
アナキン・スカイウォーカー:浪川大輔(マット・ランター)
アソーカ・タノ:伊藤静(アシュリー・エクスタイン)
オビ=ワン・ケノービ :森川智之(ジェームズ・アーノルド・テイラー)
メイス・ウィンドウ:玄田哲章(サミュエル・L・ジャクソン)
ヨーダ:永井一郎(トム・ケイン)
パドメ・アミダラ:坂本真綾(キャサリン・テイバー)
パルパティーン議長/ダース・シディアス:稲垣隆史(イアン・アバークロンビー)
ドゥークー伯爵:羽佐間道夫(クリストファー・リー)
アサージ・ヴェントレス:磯辺万沙子(ニカ・フッターマン)
ジャバ・ザ・ハット:ケビン・マイケル・リチャードソン
TC-70:本田貴子(ニカ・フッターマン)
ズィロ・ザ・ハット:中尾隆聖(コーリー・バートン)
クローン・トルーパー :金田明夫 (ディー・ブラッドリー・ベイカー)
(レックス、コーディ含め)
バトル・ドロイド:間宮康弘(マシュー・ウッド )
C-3PO:岩崎ひろし(アンソニー・ダニエルズ)
ナレーター 若本規夫(トム・ケイン)

【スタッフ】
監督: デイヴ・フィローニ
製作: キャサリン・ワインダー
製作総指揮:ジョージ・ルーカス
原案: ジョージ・ルーカス
脚本: ヘンリー・ギルロイ
    スティーヴ・メルチン
    スコット・マーフィ
音楽: ケヴィン・カイナー
オリジナルテーマ:ジョン・ウィリアムズ

《Star Wars: The Clone Wars》


テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/224-1f050720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。