TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第18話

'10,5,2放送  NHK総合

大河ドラマ『龍馬伝』 第18話「海軍を作ろう!」感想
幕末を描くとなると、どうしても陰惨な出来事、重苦しい話も多くなりがち
ですが、勝塾に集う若者たちを描いたシーンは明るく陽性で、その青春群像
に思わず観ているこちらも笑みが浮かんでしまいました。

未知のことに触れる驚き、学べる喜び。
学問って、そういう楽しさがあることをついつい忘れてしまってますね。

勤王党からいやいや来た体の三人、高松太郎、望月亀弥太、千屋寅之助でし
たが、垣根の無い塾で過ごすうちにすっかり溶け込んで楽しそうになってい
きました。あのシーンは勝が塾の良さを龍馬に語るのと重ねていましたが、
上手い演出でした。勝の語りをただ見せていては、どうしても金八モードに
なる可能性がありますから(笑)。

その教えたがり金八モードが以蔵に対してついに発動。あのシーンには笑い
ました。地球儀を使っての講釈、前々回には龍馬にも半平太にも遮られて出
来なかった。そして今回。
「やらしてくれよ、やらしてくれよ!高かったんだからよ!」
そう来たか、と吹き出してしまいました。
そして反応度120%の以蔵に思わず「やった!」とガッツポーズの勝。
わざわざ江戸から地球儀持ってきた甲斐があるってもんです(笑)。

龍馬が去った後、勝が以蔵にポツリと言った優しい一言、
「なあ以蔵、なんでお前、ああいうヤツと付き合わねえんだ?」
は名セリフ。

前にも書きましたが以蔵が勝のボディガードをしたのは史実であり、このよ
うな展開でそこに持っていったのは面白い脚色でした。



一方、半平太には転落の人生が待っていました。心酔していた大殿の本心が
分かり、茫然自失で帰って来ると誰もいない。容堂公の勤王党分裂作戦にて
半平太の周りにいた者たちがいなくなっている・・・
実際はもっと勤王党には人がいたでしょうが、これもドラマ的脚色として、
上手い展開だなと感心しました。

すっかり容堂公の作戦にかかった収二郎、勤王党の最初の犠牲者となる悲劇
を知る由もありません・・・・・



今回の舞台となった勝塾、セットが見事でしたね。それほど写りませんでし
たが、ドラマとは思えないよく出来たスタジオセットです。

セットも脚本も演技も、今回は細かいところまで満足度の高い回でした。
勧誘された惣之丞が暴れた後、割れた招き猫を抱えて嘆き悲しむ飯屋の主人
なんていうシーンがありましたが、さりげなくも素晴らしいシーンだったと
思います。以前にも割れて補修したっぽい、大切にしてたであろう招き猫。
市井に生きる庶民を感じることが出来る、一瞬ですが上手い演出でした。



次回「攘夷決行」。攘夷の炎は燃え広がらず。そして落日の勤王党。


==龍馬伝 キャスト==

坂本龍馬:福山雅治
 …坂本家次男。幕末の激動期を駆け抜けた志士。

【坂本家】
高松太郎(たかまつ たろう)[坂本 直(さかもと なお)]:川岡大次郎
 …龍馬の甥。勝塾に学ぶが、勤王党弾圧後に脱藩。維新後は龍馬の家督を継ぐ。

【岩崎家】
岩崎弥太郎(いわさき やたろう)・語り:香川照之
 …土佐藩の地下浪人。藩の商務組織・土佐商会主任となり、海援隊の経理も担当。

【武市家】
武市半平太(たけち はんぺいた):大森南朋[本名:武市瑞山]
 …土佐藩の白札(郷士だが当主のみ上士扱い)。土佐勤王党を結成する。
 
【平井家】
平井収二郎(しゅうじろう):宮迫博之
 …加尾の兄。勤王党に参加。藩政改革に失敗、勤王党弾圧の最初の犠牲者となる

【土佐藩主・上士】
山内容堂(やまうち ようどう)[豊信→容堂]:近藤正臣
 …土佐藩15代藩主。龍馬の策を受け入れ、徳川慶喜に大政奉還を建白した。
森下又平(もりした またべい):松澤一之
 …御側御用役。

【土佐藩下士】
岡田以蔵(おかだ いぞう):佐藤健
 …武市半平太の指示にて多くの暗殺に関与、「人斬り以蔵」と呼ばれた。
沢村惣之丞(さわむら そうのじょう):要潤
 …浪人の息子。龍馬と行動をともにし、亀山社中、海援隊に参加。
望月亀弥太(もちづき かめやた):音尾琢真
 …勤王党に加盟。勝塾に学ぶ。後に脱藩、池田屋事件にて長州藩邸前で自刃。
望月清平(もちづき せいへい):本田大輔
 …亀弥太の兄。土佐勤王党に弟と共に参加。
島村衛吉(しまむら えきち):山凬雄介
 …郷士。土佐勤王党に加盟、吉田東洋暗殺に関与。勤王党弾圧で投獄、拷問死。
川原塚茂太郎(かわらづか もたろう):原田裕章
 …龍馬の兄・権平の妻・千野の弟。土佐勤王党に加盟し、同志集めに奔走。
黒田吉蔵:坂田直貴
 …武市道場の門人。勤王党に参加。
千屋寅之助(ちや とらのすけ)[菅野 覚兵衛(すがの かくべい)]:是近敦之
 …勤王党に加盟、勝塾にて学ぶ。亀山社中に参加。妻の起美はお龍の妹。

【土佐その他の人々】
近藤長次郎(こんどう ちょうじろう):大泉洋
 …饅頭屋の長男。勝海舟の元で航海術を学ぶ。英国への密航計画が発覚し切腹。

【京都の人々】
三条実美(さんじょう さねとみ):池内万作
 …尊攘派公家の中心人物。八・一八の政変で朝廷を追われるが王政復古で復帰。

【大坂の人々】
徳:酒井若菜
 …大坂の石灰問屋・大和屋の娘。

【幕府】
勝海舟(かつ かいしゅう)[勝麟太郎]:武田鉄矢
 …幕臣、軍艦奉行。海軍塾を作り日本の海軍の為に脱藩者をも受け入れた。
一橋慶喜(ひとつばし よしのぶ)[一橋慶喜 → 徳川慶喜]:田中哲司
 …将軍後見職。後の15代将軍。
徳川家茂(とくがわ いえもち):中村隼人
 …第14代征夷大将軍。第2次長州征伐の途上大坂城で病に倒れ死去。
板倉勝静(いたくら かつきよ):斉木しげる
 …老中首座。15代慶喜から厚い信任を受け、大政奉還の実現に尽力。
松平春嶽(まつだいら しゅんがく):夏八木勲
 …政事総裁職。元越前藩主。幕末四賢侯の一人。
島津久光(しまづ ひさみつ):有福正志
 …事実上の薩摩藩指導者。 公武合体運動を推進。
松平容保(まつだいら かたもり):長谷川朝晴
 …幕政参与から京都守護職に。陸奥国会津藩主。
伊達宗城(だて むねなり):陰山泰
 …元宇和島藩主。幕末の四賢侯。
佐藤与之助(さとう よのすけ):有薗芳記
 …神戸・勝塾塾頭。庄内藩士。勝の片腕として活躍。



==スタッフ==
作:福田靖
音楽:佐藤直紀
制作統括:鈴木圭、岩谷可奈子
プロデューサー:土屋勝裕
演出:渡辺一貴(7,8,11,12,14,18話担当)
   大友啓史(1,2,4,9,13,15,16話担当)
   真鍋 斎(3,5,6,10話担当)
   梶原登城(17話担当)


======================
最近目にとまった「龍馬伝」関連のニュースを紹介。

【「KAIENTAI」名の手鏡箱発見北区の寺 「SR」=坂本龍馬?】
ローマ字で「KAIENTAI」と彫られた手鏡箱がこのほど、京都市北区の
閑臥庵(かんがあん)で見つかった。坂本龍馬のイニシャルとも読める「SR」
の文字や海援隊旗の図柄も刻まれている。由緒書きが無いため誰が残したもの
か分からないが「どんどん想像が膨らむ」と龍馬ファンも注目している。

 ■「GOOD LUCK」「SR」「JULY」などの文字も

手鏡箱は木製で、直径23、5センチの円に12センチの柄が付いている。同
庵の境内にある御堂に奉納されていたが、手鏡や由緒書きは納められていなか
った。箱の上部には「KAIENTAI」の文字と隊旗の図柄ほか「GOOD
 LUCK」「SR」「JULY」などの文字も彫られている。

同庵によると、1877年ごろ同志社英学校の学生だった徳富蘇峰が発見。そ
れ以降寺庫で眠っていたが、2年前に寺庫を整理していた際に見つかった。
(後略)…
〈京都新聞 4月20日〉
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100420000091&genre=J1&area=K00
ちょっとうさん臭い気もしますが(笑)、夢のある発見です。若き徳富蘇峰の
イタズラだった、というのもありえる?


【高知「龍馬伝」効果、予想上回る409億円】
日銀高知支店は28日、大河ドラマ「龍馬伝」の経済効果は409億円と試算
したと発表した。
龍馬ブームで今年の観光客数が予想の倍近くとなり、昨年10月発表の234
億円から上方修正した。409億円は県内総生産の約2%にあたる。
(後略)…
〈読売新聞 4月29日〉
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100429-OYT1T00285.htm
この連休にも高知に、桂浜に行く人は多いのでは?
どんどん高知もうるおって欲しいですね。


【英語教材初!福山龍馬が教科書登場】
福山雅治(41)が主演するNHK大河ドラマ「龍馬伝」が高校英語の教材に
登場することになった。今年度用の「WHAT’S UP? 2010―11 
INTERMEDIATE」(桐原書店)で、4月30日に刊行された。各地
でブームが起きる中、教育の現場にも龍馬が登場だ。
(略)
2ページの見開きで、福山演じる龍馬が海を眺める場面の写真も掲載。本文で
は、米国人女子高生のリサと日本の男子高校生の潤がドラマや龍馬についての
会話を繰り広げていく。最後は、リサが「きっと彼(坂本龍馬)は福山雅治さ
んのように女性に人気があったと思うわ」という女子高生らしい感想を述べる。
もちろん、すべて英語での会話となっている。
(後略)…
〈スポニチ 5月1日〉
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/05/01/05.html
最近はユニークな教材があるんですねえ。どんな形でも、まず興味を持つの
が大切でしょうから、こういうのもアリでしょう。




← 龍馬伝 第17話へ龍馬伝 第19話へ→



テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

こんにちは。
前回は、ビデオが途中で切れしまいましたが、
今回はテレビの前で待機して見ました!
今回は緩急がついて、ずーっと引き込まれてしまいました。
龍馬の華やかさについ目を奪われますが、
大森南朋の武市半平太は細かいところまで
行き届いた表現で、いいですね~。
脇に、名演が光るのも見てて楽しいです。
ブログも楽しみです!

  • 2010/05/07(金) 09:40:18 |
  • URL |
  • holy #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

holy さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かに大森南朋は上手いですね。
「龍馬伝」に限らず、ドラマは主役を取り巻くキャラクターに
達者な俳優がいると、主役の魅力もドンドン増していくと思います。

たとえ主役の人が未熟でも、常に周囲に最高の参考書があるわけで。

脇役の豪華な個性派俳優たちの名演も、大河の魅力のひとつですね。

  • 2010/05/08(土) 00:39:16 |
  • URL |
  • tate #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/223-f4539fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。