TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ開局50周年特別企画 わが家の歴史

'10/4/9,10,11   フジテレビ系列

フジテレビ開局50周年記念ドラマ「わが家の歴史」
三夜通して面白く見ました。ですが、三谷脚本ということでもっと笑わせて
泣かせる展開を期待してましたが・・・

昭和という激動の時代を生きて暮らした普通の名もない家族の物語・・・と
いうことでしょうが、けっこう八女家は普通じゃないような(笑)。むしろ、
破天荒な家族、といったほうがいいかも。名もない家族とはいえ、昭和史に
のこる大事件、有名人との接点多すぎ(笑)。とくにつるちゃんはスゴい(笑)。
あんたフォレスト・ガンプかい。

つるちゃん役の大泉洋が一番おいしいところを持っていったような気がしま
すね。影の主役と言っていいかも知れません。

あとは大浦竜伍役の玉山鉄二も、脇役ながらポイントを押さえる登場で印象
に残る演技でした。彼ももう少し歴史の歯車が違っていたら、もっと幸せに
八女家と関わることが出来たでしょうに。


楽しめたドラマでしたが、なにかこう、もう一つ物足りない思いがあるのも
確かです。三谷脚本に期待しすぎていたのかも知れません。
ですが3話約8時間、CM無しでは6時間半をほとんどダレるところも無く
観れたことはスゴいと思います。脚本・演出の力によるものが大きいのでは
ないでしょうか。

開局50周年記念ドラマということで、イベント性の強いドラマになったのだ
と思います。ある程度「昭和」に知識のある世代をターゲットに、豪華多数
の俳優陣で昭和史に残る出来事、有名人をどんどん紹介し、
「あんなことあったんだよなぁ」「そうか、そこでこの人が登場か」
などと観客を楽しませる。昭和の追体験。むしろドラマのストーリーよりも
そういったことを優先させた作品ではないでしょうか。


fam101c.jpg
(C)フジテレビ


=== わが家の歴史 キャスト ===

八女政子[やめ まさこ](長女):柴咲コウ
 …一家を支えるために中洲のクラブで働く。鬼塚大造と恋に落ち、"結婚"する。
鬼塚大造[たいぞう](政子の夫):佐藤浩市
 …博多の若手実業家。妻がいるが政子に深い愛情を持つ。
八女義男(長男):松本潤(嵐)
 …病弱だが秀才、東大に進学しロケット工学の研究につく。ゆかりと恋に落ちる。
八女宗男(次男):佐藤隆太
 …ヤンチャで仕事を転々とする。彼の笑顔は一家の精神的支えとなる。
八女波子(次女):堀北真希
 …大人びた性格で一家を冷静に見守る。出版社に就職。阿野と恋に落ちる。
八女房子(三女):榮倉奈々
 …絵が好きで美大に進学。手塚治虫のアシスタントになる。
八女実:加藤憲史郎[1~2歳]、加藤清史郎[6~10歳]
 …政子と大造のひとり息子。
一之瀬ゆかり(義男の恋人):長澤まさみ
 …政子とは女学校時代からの親友。大学で出会った義男と駆け落ちするが。
つるちゃん(本名:津留鶴太郎 一家の幼馴染):大泉洋
 …房子に交際を申し込むが反対され、一流の男になろうと職を転々とすることに。
大浦竜伍(政子の元許婚者):玉山鉄二
 …政子のかつての恋人。郵便配達夫だったが召集、満州で戦死したと思われたが…
阿野三成[さんせい](波子の恋人):山本耕史
 …編集者となった波子が担当する偏屈な作家。のちに波子と結婚。
マリア(宗男の妻):鈴木砂羽
 …クラブ「長い夜」のホステス。宗男と結婚して八女家の一員となる。
古賀巳代治[みよじ](時次郎の戦友):高田純次
 …時次郎のかつての戦友。かなり調子がいい八女家には迷惑な存在。
鬼塚千晶(大造の本妻):天海祐希
 …大造の本妻であり、仕事上のパートナー。
八女マキ(母):富司純子
 …生活力のない夫・時次郎にあきれ果てているが、離れずに家族を思い続ける。
八女時次郎(父):西田敏行
 …山師的性格で様々な事業に手を出して失敗ばかりで家族は貧乏ぐらし。

榎本健一:木梨憲武(とんねるず)
村田英雄:中尾明慶
長谷川町子:和久井映見
畑正憲:今井悠貴
高倉健:小栗旬〔学生時代〕
美空ひばり:さくらまや〔10歳〕、相武紗季
笠置シヅ子:戸田恵子
古川ロッパ:伊東四朗
力道山:山口智充
手塚治虫:藤原竜也
白井義男:武田真治
吉田茂:角野卓造
糸川英夫:高嶋政伸
仲代達矢:山田孝之
山下清:塚地武雅(ドランクドラゴン)
遠藤周作:八嶋智人
丸山明宏:ウエンツ瑛士
升田幸三:内野聖陽
永井荷風:石坂浩二
岸信介:小日向文世
池田勇人:宮川大助(宮川大助・花子)

宮崎正志:岡田将生
柊修二:寺島進
獅子丸寿一:中井貴一

柳隆五郎(クラブの支配人):阿南健治
一之瀬(ゆかりの父):榎木孝明
一之瀬夫人(ゆかりの母):平淑恵
曙出版編集長(波子の上司):羽場裕一
手塚治虫担当編集者:浅野和之
岩井工場長:田山涼成

ナレーション:役所広司


=== スタッフ ===

企画:大多亮、和田行
脚本:三谷幸喜
撮影:伊藤清一
音楽:服部隆之
エンディングテーマ:中島みゆき「時代」
プロデュース:重岡由美子、稲田秀樹、江森浩子
演出:河野圭太
制作著作:フジテレビ


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/217-f85ed0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。