TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 ~人気番組競演編~

'10,4,4放映 フジテレビ系列

『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 ~人気番組競演編~』感想
ここ数年のスペシャル枠で放送された特別編では最低の出来でしょう。それ
もダントツに。記憶の美化かも知れませんが、昔はもっと面白かったような。



『ニュースおじさん、ふたたび』
 出演:香里奈、唐十郎、勝地涼、飯田基祐
 原案:大場惑 「ニュースおじさん」(『奇妙劇場1』太田出版 所収)
 脚本:保田良太
 演出:都築淳一
 コラボ作品:『めざましテレビ』

1991年10月3日に秋の特別編で放送された「ニュースおじさん」の続編とな
る作品。前作は大竹しのぶ、益岡徹が出演して、橋の上で…という作品でし
たが、本作品はより単調に、改悪された印象です。観ている殆どの人が予想
できる展開だったのでは。



『ナデ様の指輪』
 出演:塚地武雄(ドランクドラゴン)、鈴木拓、潮田玲子、川島鈴遥
 脚本:大久保ともみ
 演出:佐藤源太
 コラボ作品:『はねるのトびら』
 
これも昔、藤子不二雄とか星新一で読んだような話だな、と思っていました
ら、過去に「世にも…」でやった「ブルギさん」に似てる、というネットで
の声多数。これの原作が星新一ということで納得。またも改悪劣化版か。
塚地は芸人としては地のキャラが出過ぎないので演技は出来てる方だと。



『もうひとりのオレ』
 出演:藤本敏史(FUJIWARA)原西孝幸、今田耕司 
 脚本:丸茂 周
 演出:木下高男
 コラボ作品:『爆笑レッドカーペット』
これまたよくある話。主演の藤本の演技もダメダメ。あえて言うなら、ドッ
ペルゲンガーと、芸人として一皮むけた、というのを組み合わせたのはまあ
面白い。



『まる子と会える町』
 出演:西田敏行、さくらももこ、芳本美代子、猪野学、大野百花
 脚本:正岡謙一郎
 演出:小林義則
 コラボ作品:『ちびまる子ちゃん』

西田の達者な演技に救われた感が。脚本的にはもう少しヒネリがあってもよ
かったのでは。一般的には「子供の見るもの・幼稚」なものとされるアニメ
ですが、そのアニメのキャラに厳しくも優しい言葉をもらい、改めて教えら
れるという展開は良かったと思います。



『台詞の神様』
 出演:三谷幸喜、柴咲コウ、佐藤浩市
 脚本:三谷幸喜
 演出:河野圭太
 コラボ作品:『わが家の歴史』
さすが三谷という感じで、面白かった。しかし大前提として、これは「世に
も奇妙な物語」の世界枠に入る作品?それにあまりにも「わが家の歴史」の
番宣として創ったというのが丸見えでちょい興ざめ。
「わが家の歴史」のDVDを発売するなら、それに特典映像として付けたなら
ウケるかも。柴咲コウのキャラを活かしたオチは思わず笑ってしまいました。
ポニータと来るとは。



辛口な事を言わざるを得ないのが残念。ネタとしてはよくあるものでも、展
開、オチの料理次第ではいかようにも面白く出来るはずです。スタッフには
猛省と次回の巻き返しを期待します。

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/214-c56d3f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。