TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッドで新作3Dゴジラが製作決定!

長い間親しまれてきたゴジラが、ついに3D映画としてスクリーンに蘇ること
が正式に決定した。

バラエティ誌によれば、『ダークナイト』(08)や『The Hangover』(09)な
どの大ヒット作を生み出してきたレジェンダリー・ピクチャーズとワーナー
・ブラザーズが再タッグを組んで製作。タイトルは未定だが、『ゴジラ対ヘ
ドラ』(71)の坂野義光監督や奥平謙二プロデューサーも総製作指揮を兼ね、
東宝が日本の配給を担当。2012年公開に向けて製作を開始する。

1954年に東宝が生み出した『ゴジラ』は幾度となくリメイクされており、ア
メリカ公開の最新作としてはローランド・エメリッヒ監督作『GODZILLA』
(98)が、全世界で約4億ドル(約360億円)のヒット。その後も、映画のみなら
ずビデオや本などゴジラ人気は健在で、3D映画で新たなファンを取り込める
と判断。また、モンスターを主人公にした『クローバーフィールド/HAKAIS
HA』(08) が、製作費わずか2500万ドル(22億5000万円)で約2億ドル(約18
0億円)も稼ぎ出したことで、モンスター映画のニーズがあると踏んだようだ。

ゴジラの3D映画化については、5年前くらいにも噂になっていたが、『アバ
ター』(09)やアメリカで大ヒット中の『アリス・イン・ワンダーランド』で
3D映画人気が定着してきた今、満を持しての正式発表となった。

MovieWalker:ゴジラ、3D映画でカムバック!2012年公開決定
http://news.walkerplus.com/2010/0330/21/




アメリカでのゴジラ新作と聞いて、「やめとけよ」7:「期待」3といった
ところでしょうか。
今回は日本人スタッフも参加ということで期待も少々アップしたのですが、
それも怪作「対ヘドラ」の坂野監督ということでやっぱりコワいかも。。。

上記記事中にもありますが、5年ほど前にも坂野監督と奥平Pで3D映画の
話はありました
。基本的にはそのときの話の延長上にある企画ではないか
と思っています。ちなみに2005年当時の企画では、
「ゴジラは南米イグアスの滝に現れ、自然を破壊する“公害怪獣”と対決。
メキシコから米カリフォルニアに舞台を移し、ラスベガスで最後の決戦に」
とのことでした。「ヘドラ」ではないですが、やはり公害に関連する怪獣が
登場する模様。

先のハリウッド版『GODZILLA』は不評で続編も中止となったのですが、そ
れでも収益としては充分上がってたんですね。
あのハリウッド版『GODZILLA』は東宝の『ゴジラ FINAL WARS』(04)にて、
「ジラ」として登場しています。北村一輝扮するX星人にてゴジラに対抗する
手段として呼び出されましたが瞬殺。「やっぱりマグロ食ってるようなヤツ
は駄目だな。…次!」というX星人のセリフは爆笑ものでした。

新作の3D版ゴジラが、ファンを納得させるデザイン、ストーリーであること
を願っています。

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/212-10aea3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。