TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大魔神カノン、春より放送開始

 1966年に大ヒットした特撮時代劇映画「大魔神」が、テレビドラマと
して44年ぶりに"復活”することが13日、分かった。4月2日にテレビ東
京系でスタートする「大魔神カノン」(金曜深夜1・23)で、総製作費は
深夜帯ドラマとして破格の10億円。主人公の女子大生役は、1000人以
上のオーディションから選ばれた女優、里久鳴祐果(りくな・ゆか=21)
が務める。

~中略~

 新作では500年の時空を超え、舞台が悪霊に取りつかれた現代へ。主人
公の大学生、カノンが“祈りの歌”を歌い続けることで、眠っていた大魔神が
覚醒し、悪と対峙する。

 撮影には7カ月かけ、昨年12月にクランクアップ。敵役をCG映像で描
くなど最新鋭の技術を駆使し、総製作費は映画並みの10億円を投入した。
通常の深夜帯ドラマは1話当たり700万円程度だが、今回は4倍近い金額
をつぎこみ、全26話の大作を完成させた。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/100214/med1002140720002-n1.htm
《「大魔神」44年ぶり復活!製作費10億円 》より



昨年の秋頃に放映、との話が一時期ありましたが、何の動きも無かったので
もうこの話は流れたのかな、と思っていましたらしっかり進行していたんで
すね。この春から放送開始です。

オリジナルの「大魔神」は時代劇であり、埴輪をモデルとしたデザインはあ
まりに有名ですが、新作は現代を舞台とし、埴輪的な感じは全くありません。
なんか剣闘士な大魔神カノン。

どうなんでしょう、この大魔神。

daimajin_old_c.jpg
皆さんご存知のオリジナル。


daimajin_new.jpg
新作の大魔神。うーん。



深夜帯ドラマとして破格、とのことですが、10億を26話で単純に割ると1話
約3840万円。仮面ライダーの制作費が大体3千万と聞いたことがありますか
ら、特撮ドラマとしてはそんなに高くないことになります。
て言うか通常の深夜枠のドラマ、安すぎだ。スタッフの方々、苦労してるん
でしょうね・・・NHKの朝ドラ15分で890万円だそうですから・・・



特報がYouTubeに流れています。
YouTube-「大魔神カノン」特報





かなり不安要素の高い新作ですが、とりあえず観てみたいですね。
放送エリア、スケジュールは以下の通り。

テレビ東京   4月2日より毎週金曜日 深夜1時23分~
テレビ大阪   4月6日より毎週火曜日 深夜1時30分~
テレビ愛知   4月5日より毎週月曜日 深夜1時28分~
テレビせとうち 4月7日より毎週水曜日 深夜1時18分~
TVQ九州放送 4月7日より毎週水曜日 深夜1時38分~
※放送開始時間は変更になる場合有り


出演:里久鳴祐果 眞島秀和 長澤奈央 
   山中 祟 森 豪士 小川瀬里奈 柴田理恵 長門裕之
プロデューサー:高寺重徳
監督:坂本太郎ほか
脚本:大石真司ほか
特撮:三池敏夫
VFX:小坂一順
アクション:小池達朗
制作:ドッグシュガー
音楽:佐橋俊彦
製作:2010大魔神カノン製作委員会 

大魔神カノン公式ホームページ



テーマ:特撮 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/197-d420d080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。