TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第7話

'10,2,14放送  NHK総合

大河ドラマ『龍馬伝』 第7話「遥かなるヌーヨーカ」感想

今回は歴史的な出来事は無く、まったりと展開。ギャグパート担当の弥太郎、
泣かせ担当の児玉清が共にいい味を出して抜群の働きでした。


・おまさん、と呼んでくれ(何かニヒル顔)
・加尾、逃げる
・突っ伏す弥太郎、鷄コッコッコケッ
・「りょうまぁ~」
・ノー天気に龍馬登場「やたろー」
・土佐のオナゴはくれてやるぜよ!

この展開はもう爆笑でした。大河ドラマでこんなに笑うとは。弥太郎という
キャラの創作は、本作において何より評価すべきポイントですね。ちょっと
汚すぎるのが気になるんですが。

龍馬の作った黒船の模型も大笑。前回、桂小五郎が作っていた黒船はとても
良く出来ていたのに、龍馬のはもう訳のわからん船で(笑)。


饅頭屋長次郎(近藤長次郎)を大泉洋が好演。この人は後に可哀想な最後を遂げ
るんですねえ。大泉がどう演じるか期待出来ます。'89年TBSにて放送された、
「坂本龍馬」(主演:真田広之)では香川照之がこの長次郎を演じたそうです。

河田小龍はリリー・フランキーがこれまた好演。本業のイラストレーターだ
けでなく、実にいろいろと多才な人。演技もソツなくこなしていました。
河田小龍は、ジョン万次郎が帰国した時に取り調べられた報告書「漂巽紀略
(ひょうそんきりゃく)」を書いており、国際的な感覚を身につけていた数少
ない土佐人でした。龍馬が国際貿易に目を向けることになったのは、この人
の影響大。龍馬にとって実に大きな出会いとなります。


後半は父、八平との別れを描いていましたが、これはもう児玉清「結構!」
でした。司会業の方が印象深い方ですが、元々はデビュー間もなく、黒澤明
監督にその演技を認められた人ですから、俳優としても確かな実力者。

海辺のシーンは泣けました。夢を、未来を語る末っ子龍馬を優しく見つめる
父親。そして家族。
龍馬の語る夢が、絵空事ではなくて本当にこいつならやるかも知れん、そう
八平は思ったのではないでしょうか。
家族たちの遠景、八平の死はナレーションで伝え、エンドは小龍の描いた竜
の絵で。この構成もとても良かったと思います。


次回、江戸で学ぶ弥太郎に降り掛かる災難。そして龍馬、再び江戸へ。


==龍馬伝 キャスト==

坂本龍馬:福山雅治
 …坂本家次男。幕末の激動期を駆け抜けた志士。

【坂本家】
坂本乙女(おとめ):寺島しのぶ
 …坂本家三女、龍馬の姉。龍馬10歳で母を亡くした後、母親代わりになる
坂本八平(はちへい):児玉清
 …龍馬の父。八平は隠居後の呼称で、本名は坂本直足(なおたり)。
坂本権平(ごんぺい):杉本哲太
 …坂本龍馬の兄。長男
坂本伊與(いよ):松原智恵子
 …八平の後妻。
坂本千野(ちの):島崎和歌子
 …権平の妻。
坂本春猪(はるい):前田敦子(少女時代:松元環季)
 …坂本権平の長女。龍馬の姪だが8つ違いで兄妹のように仲が良かった。
ぎん:林侑香
 …坂本家の下女。
さと:三宅ひとみ
 …坂本家の下女。
けい:渡邉沙織
 …坂本家の下女。

【岩崎家】
岩崎弥太郎(いわさき やたろう)香川照之
 …土佐藩の地下浪人。藩の商務組織・土佐商会主任となり、海援隊の経理も担当。
岩崎弥次郎(やじろう):蟹江敬三
 …弥太郎の父。
岩崎美和(みわ):倍賞美津子
 …弥太郎の母。
岩崎さき:野口真緒
 …弥太郎の妹。
岩崎弥之助(やのすけ):須田直樹
 …弥太郎の弟。後に兄弥太郎の事業を助け、三菱財閥2代目総帥となる。

【武市家】
武市半平太(たけち はんぺいた):大森南朋[本名:武市瑞山]
 …土佐藩の白札(郷士だが当主のみ上士扱い)。土佐勤王党を結成する。
武市冨(たけち とみ):奥貫薫
 …半平太の妻。

【平井家】
平井加尾(ひらい かお):広末涼子
 …土佐藩郷士平井収二郎の妹。龍馬の幼なじみで初恋の人と言われている。
平井収二郎(しゅうじろう):宮迫博之
 …土佐藩郷士。加尾の兄。土佐勤王党に参加する。


【土佐藩下士】
岡田以蔵(おかだ いぞう):佐藤健
 …武市半平太の指示にて多くの暗殺に関与、「人斬り以蔵」と呼ばれた。
望月亀弥太(もちづき かめやた):音尾琢真
 …土佐勤王党に加盟。池田屋事件にて包囲を抜け切るも長州藩邸前で自刃。
望月清平(もちづき せいへい):本田大輔
 …亀弥太の兄。土佐勤王党に弟と共に参加。
島村衛吉(しまむら えきち):山凬雄介
 …郷士。土佐勤王党に加盟、吉田東洋暗殺に関与。勤王党弾圧で投獄、拷問死。
川原塚茂太郎(かわらづか もたろう):原田裕章
 …龍馬の兄・権平の妻・千野の弟。土佐勤王党に加盟し、同志集めに奔走。
黒田吉蔵:坂田直貴
 …武市道場の門人
野上清吉:駿河太郎
 …武市道場の門人
田山勝太郎:日向 丈
 …武市道場の門人
近藤長次郎(こんどう ちょうじろう):大泉洋
 …饅頭屋の長男。勝海舟の元で航海術を学ぶ。英国への密航計画が発覚し切腹。
 
【土佐の人々】
日根野弁治(ひねの べんじ):若松武史
 …剣術家、坂本龍馬の師匠。龍馬は14歳から5年間日根野道場へ稽古に通った。
河田小龍(かわだ しょうりょう):リリー・フランキー
 …幼少のころより画を学び、日本画家として名を成す。
為五郎:高橋晃
 …弥太郎の塾に通う子供。
鶴吉:島綾佑
 …弥太郎の塾に通う子供。

【長州藩】
桂小五郎(かつら こごろう)[木戸孝允]:谷原章介
 …尊王攘夷派の中心人物。江戸練兵館塾頭。龍馬の仲介により薩長同盟を結ぶ



●スタッフ
作:福田靖
音楽:佐藤直紀
制作統括:鈴木圭、岩谷可奈子
プロデューサー:土屋勝裕
演出:渡辺一貴(7話担当)
   大友啓史(1、2、4話担当)
   真鍋斎(3、5、6話担当)
   梶原登城
   

← 龍馬伝 第6話へ龍馬伝 第8話へ→



テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

ギャグパート担当の弥太郎!

はじめまして。
龍馬伝感想、大変興味深く拝読いたしました。
今回の弥太郎と加尾のシーンは、私も爆笑ものでした。確かに大河ドラマでは珍しいコミカルさかもしれません(笑)。
映像や脚本の作りも視野に入れ、言及されていらしゃるご意見は大変面白かったです。膝を打ちながら読ませていただきました。
今後もご感想を伺いたいので、是非続けていただけると嬉しいです。
そろそろ唸るような龍馬像を見たいですね。

  • 2010/02/16(火) 08:41:21 |
  • URL |
  • ポトス #Kyq53.yY
  • [ 編集 ]

Re: ギャグパート担当の弥太郎!

ようこそ、ポトスさん。こんばんは。
過大なる評価を頂き、恐縮です。ありがとうございます。

> そろそろ唸るような龍馬像を見たいですね。
殆どの視聴者の方々がジリジリしながら待たれているのでは(笑)。
武田鉄矢の勝海舟は4月に登場とのことですので、龍馬の本格的な覚醒は
それ以降ですね。
1、2話の頃にはどうなることかとかなり不安でしたが、龍馬の成長も確実に
見てとれますし、毎週楽しみに観ています。

  • 2010/02/17(水) 00:06:45 |
  • URL |
  • tate #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/196-e2ed198a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。