TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 ハッピーフライト

'10,1,30放映 フジテレビ系列

『ハッピーフライト』(2008年)
オリジナル103分、放映時間130分、放映本編時間101分
良質なコメディ映画。
矢口監督はリサーチに2年間かけたということで、航空業界を細かいところ
まで丁寧に殆ど嘘のない描写の作品ということです。

パイロットに帽子が必要な理由、必ずしも完全な整備状態で飛ばすわけでは
無いこと、雲に突っ込んだらマズい理由、パイロット二人は同じ食事を取ら
ない、パイロット一人が席を外せば残った一人は不測の事態に備え、酸素マ
スクを必ず着用する、などなど、実にいろいろ興味深い「へぇ~」と感心す
るポイントがいっぱいで楽しめました。

ウソが多かったらダメ、とは言いませんが(そうなら刑事物として西部警察
とかは全否定になりますし(笑))、航空業界という馴染みのない世界をこう
してディテールにこだわって描いていると好感が持てますし、なによりも、
必要以上に説明過多にしてテンポを悪くすること無く、さりげない描写なの
が素晴らしいと思います。

旅客機を舞台にした映画、ドラマというとCAやパイロットにばかり焦点が
当てられがちですが、飛行機を飛ばす、ということに関わる多くの職業人を
ちゃんと描いているんですね。そこがいい。

ネットで検索してみると、おおむね好評なんですが、批判的な意見はそのあ
たりを逆に突っ込んで、「広報映画」「教育研修映画」という声もありまし
た。上手いこと言うなあ、と思わず笑ってしまったんですが。

確かに、飛行機に、空に興味のある中高生に「空港で働くってこんな仕事も
あるんだよ」と見せるのに最適かも知れませんね。

ストーリーは実に単純、ホノルル行きの旅客機に不具合が発生して引き返す、
それだけなんですが、細かい伏線もちゃんと回収されてすっきりと見終える
ことが出来ました。

個人的には飛行機型のお菓子を思わず並べ直すシーンと、グランドスタッフ
の田畑智子と平岩紙の二人が、コクピットに向けてニコやかに手を振りなが
ら実は「さっさと行け~」「帰って来んな~」と呟いているところがツボで
したね。笑えました。


ANAは映画会社にジャンボボーイング747-400機を15日間無償で貸与し
たそうで、もし普通にレンタルしたと金額換算すれば十億円以上にはなるそ
うです。でもANAは広告としては充分に元は取ったでしょうね。

娯楽映画として、かなり満足出来る良作でした。未見の方にもお勧めしたい
作品です。


《キャスト》

【パイロット】
鈴木和博(田辺誠一)--副操縦士(コーパイロット)
 …機長昇格訓練生でOJT中。少々慌て者。
原田典嘉(時任三郎)--機長(キャプテン)
 …運航部門指導教官。
望月貞男(小日向文世)--機長(キャプテン)
 …運航部門指導教官。風邪をひいたため鈴木の教官は原田に代わった。

【キャビンアテンダント】
斎藤悦子(綾瀬はるか)
 …このホノルル便が国際線初乗務となるCA。そそっかしい。料理が得意。
山崎麗子(寺島しのぶ)--チーフパーサー。
田中真里(吹石一恵)--悦子のインストラクター。
林原奈々(高松いく)--1st・パーサー。デザートのチョコを台無しに。
小畑果歩(佐藤めぐみ)--悦子の同期。グアム便のCA。
高田郁美(入山法子)--悦子の同期。グアム便のCA。

【ホノルル便の乗客】
丸山重文(笹野高史)--カツラの男性。乗り物酔いしやすい体質。
清水利郎(菅原大吉)--ビジネスマン。短気。
岡本福男(正名僕蔵)--新婚の夫。
岡本幸子(藤本静)--新婚の妻。搭乗直前にトイレに立てこもる。
CAにあこがれる女子高生(中村映里子)

【グランドスタッフ】
木村菜採(田畑智子)--テキパキ業務をこなすが、退職したいと思っている。
吉田美樹(平岩紙)--菜採の後輩。お気楽のんびりな性格。
森田亮二(田山涼成)--グランドマネージャー。菜採の上司。

【オペレーションコントロールセンター (OCC)】
高橋昌治(岸部一徳)--オペレーション・ディレクター。
中島詩織(肘井美佳)--ディスパッチャー・カンパニー無線担当。
吉川雅司(中村靖日)--ディスパッチャー・気象担当。

【整備士】
小泉賢吾(田中哲司)--ライン整備士。仕事に対して高いプロ意識。
中村弘樹(森岡龍)--ドック整備士。スパナを無くして大騒ぎに。

【管制官】
竹内和代(宮田早苗)--コントロールタワーの管制官。
水野頼子(江口のりこ)--コントロールタワーの管制官。
渡辺忠良(長谷川朝晴)--レーダー室の管制官。カジュアルな私服を着用。
宮本理英(いとうあいこ)--レーダー室管制官。少々神経質なほど整理好き。

【その他】
馬場光輝(ベンガル)--バードパトロール。
斉藤直輔(柄本明)--悦子の父親。
斉藤利江(木野花)--悦子の母親。
雑誌記者(森下能幸)--実は愛鳥連盟の団員
雑誌記者(明星真由美)--実は愛鳥連盟の団員
飛行機研究会(石井智也、永野宗典、三浦圭祐)

《スタッフ》
監督・脚本…矢口史靖
制作…亀山千広
音楽…ミッキー吉野
主題歌…フランク・シナトラ『カム・フライ・ウィズ・ミー』
VFX…特撮研究所
VFXスーパーバイザー…野口光一
制作…フジテレビジョン、アルタミラピクチャーズ、東宝、電通
配給…東宝
撮影協力…全日本空輸


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/191-3321c8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。