TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの妹 第3話

'09,5,3放映


ーー第3話「兄を守るウソ」あらすじ(終わりまで)ーー
颯が盟の部屋に転がり込んできた。しつこい瀬川ときっぱり縁を切るためだ。
しかし、盟は自分のライフスタイルが崩れて不満である。
春奈が盟の家にやってきた。塚本が理事長に盟が犯人だと言って来たらしい。
その話のあいだ、颯は盟に来たあのメールを見てしまう。

病院で、塚本に真意を問いただす盟。九鬼が塚本に言って来たらしい。
犯人かどうかはどうでもいい、愛校心があるなら一刻も早く辞めたらどうだ、と塚本。
こんなことで辞めるのは問題外、九鬼に会って誤解を解こうと考える盟。
盟は櫻井老人に会いに行った。里子の部屋を開けてもらうと、九鬼の寝袋があった。
そして二人の仲良さそうな写真。その写真を見て盟はなぜ里子があんな事をしたのか
判った気がした。しかしなぜ300万は必要だったのだろうか・・・?

結局、九鬼は現れなかったので盟は家に帰る。自宅前には瀬川が待ち構えていた。
妹が瀬川にあの事件の関係者を調べて欲しいと言って来たらしい。さらに瀬川から、
妹があの時、事件現場に行った事を聞く。里子に会いに行く、兄さんを守るんだ、
と言っていたと。愕然とする盟。

盟は部屋に戻り、なぜ現場に行ったのか颯に問いただす。行っていないと否定する颯。
なおも食い下がる盟に、颯はあのメールを見た事を謝り、誰があんな事を書いたのか
気になったのだ、と話す。
私、兄ちゃんを信じている、だから私も信じて。私は行っていない、本当だから、と。
しかし、颯は現場に行っていた・・・

深夜、目を覚ました盟は、颯が家を出るのに気付く。
表の瀬川に会いに行ったのだと思うが、しかし瀬川はいない。どこかに向かっている
颯を尾行する盟。
行き先はバッティングセンター。そこには九鬼の姿が。
コート内にいる颯を的にした、九鬼の打球が颯の顔をかすめていく。
「やめろ!」と駆け寄る盟。出て行こうとする九鬼に、300万円の理由を尋ねる盟。
「それ以上近づくな、殺したくなる」と言い残し、出て行く九鬼。

九鬼は、里子の日記を持っている、そこに関係を持った事が書かれている。この内容
が広まれば兄は困った事になる。コピーをバラまかれたくなければ一人でこい、と颯
に連絡して来たらしい。
日記は嘘だったが、兄の代わりに罰を受けろという九鬼に、受けます、と応えた颯。
「兄ちゃんを守らなきゃ」その一心だった。
–––4歳のとき、死ぬ前に父が言い残していた。
「兄ちゃんを守ってやれよ、お前が死んだ母さんの代わりに母親になってやれ」
苦笑いの盟。「それでときどき母親きどりか」
「そ。兄ちゃん、世間知らずのところがあるから、お嫁さん貰うまでは、私がみてな
きゃ、って」
「本気か?」
「・・・冗談よ。お兄ちゃんなんか、面倒見切れませんよっ」
「面倒見切れないのはどっちだよ」
「フフフっ」

心通じる二人の会話を颯のケータイの着信音がさえぎる。九鬼からだ。俺の説明が聞
きたいなら聞かせてやる、と盟を呼び出す。

次の日朝早く、指定された場所に向かう盟。
俺の職場だ、と下水溝に誘う九鬼。ひどい匂いに戸惑う盟。
九鬼は、里子の兄とここで働いていた、と昔話を始める。
この街にとって必要な仕事だ、と誇りを持っていた里子の兄。突然の増水による事故
で、その兄が重体になったらしい。やっとのことで里子の兄を地上に救い出したとき、
地獄と化した地下とは違って、あまりに平和で呑気で別世界な地上に呆然とする九鬼。
植物人間になった兄は二年後死亡した。その間に300万円の借金を作った里子。見か
ねた九鬼は街金で金を借りた。借金取りに追われる九鬼を救おうとして、里子はあの
行動をとったのだった。

誤解だ、と言う盟と口論になった九鬼は、ひとり盟を地下に残し、マンホールの蓋を
塞いでしまう。
「開けろ!」闇の中、叫ぶ盟。しばらくたって、工事員がマンホールを開けた。
やっとのことで地上に出れた盟。
変わりない周囲の日常を見渡したとき、九鬼の言葉を思い出す。
九鬼が4年前に見た風景はこうだったのかも・・・
「しかし。都会で住む人の人生は様々なのだ。
 幸福な人もいれば不幸な人もいる。
 みな各々の暮らしがある。
 九鬼自身がこの都会で住んでいる様に、
 地上の世界も単純ではないのだ・・・・・・僕は、そう思う」
ーーー4話に続く


第3話にて、ますますミステリー度が高まってまいりました。いいですね。
颯(長澤まさみ)は現場に行っていない、信じて、と兄に言いますが、それはうそ。
タイトルの「兄を守るウソ」ですが、なにから兄を守る、なのか?謎は深まるば
かり。大滝老人も善人風ですが、個人的にはますます怪しく思えて来たwww
颯のケータイ番号を、九鬼はどうして知ったのか、ちょい気になりましたが。

誰もが本当の事も言うし、嘘も言う。
いわゆる黒澤の「羅生門」スタイルで脚本は進行しそうです。

そんな「羅生門」で黒澤明が(多分)言いたかったこと。
「それでも、人間は信じる事の出来るものである・・・」
4話が楽しみです。

ちなみに公式サイトによると、このマンホールは、その昔オダギリが別のドラマ
の撮影で使用したマンホールでもあったとのこと。縁のあるマンホールですな。

なんか、そーいうのあったっけ?私の観ていないドラマだな、多分。


江上 盟(メイ)…オダギリジョー
江上 颯(サヤ)…長澤まさみ
九鬼研次…千原ジュニア
桐原里子…ともさかりえ
瀬川欽也…田中哲司
大河原春奈…笹本玲奈
塚本准教授…佐戸井けん太
櫻井忠治…大滝秀治 ほか

脚本…池端俊策/演出…加藤 新

第4話にいきますか?

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/19-d4ba00a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オダギリジョー ぼくの妹

【5000円以上送料無料】ぷにぷに感がたまらないTBS系連続ドラマ「ぼくの妹」にオダギリジョーさんの妹役で主演の長澤まさみさんがドラマで使っているキーチェーン。プニプニキュートなキーホルダー(キーチェーン、ピンクハート)【新生活・新学期・新入学 】【メール便可...

  • 2009/05/08(金) 00:07:24 |
  • ぼくの妹 新ドラマ ぼくの妹

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。