TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ その街のこども

'10,1,17放送  NHK総合

阪神・淡路大震災15年特集ドラマ「その街のこども」あらすじ・感想  
素晴らしい。傑作です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年1月16日。
東京の建築会社で設計の仕事をしている中田勇治(森山未來)は出張のため新
幹線で広島に向かう途中、なぜか不意に新神戸駅で降りてしまう。
同じ新幹線からホームに降り立った大村美夏(佐藤江梨子)と勇治は偶然知り
合った。彼女は東遊園地で行われる追悼の集いに行きたいが、”決心がつか
ず、怖いのだ”という。

今は東京に暮らす二人には、誰にも言えず、抱えて続けてきた震災の記憶が
あった・・・

美夏は御影にある祖母の家に荷物をおいて、東遊園地まで戻ってくると言う。
しかも歩いて。話の流れで同行することになった勇治。

震災15年目の朝を迎えようとする夜の神戸の街を舞台に
《語れずにいた想い》が不器用に、ポロポロとあふれだす。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一晩限りのロードムービーのような、心に残る良質のドラマでした。
観始めた当初、良くも悪くも自主制作映画みたいだな、などど思いながらの
鑑賞だったのですが、なかなかどうして、脚本もカメラ割りもかなり作り込
まれた、と思われる非常に完成度の高いものでした。

まず前半部、二人が居酒屋で語るシーン。あまりにリアリティありすぎです。
二人とも素で喋っとんのかいな、と思えるほど全く演技を感じさせない普通
な会話。
途中、一瞬カメラに店員の腕?と思われる邪魔が写り込んでしまいます。普
通のドラマならあれでNGにするでしょうが、二人の会話がとてもいい感じ
で進行していたので、あれもOKテイクにしたのでしょうね。さらにいうな
ら、通路側にかかっているスダレも普通なら邪魔だ、と取り払うでしょうに。
手持ちカメラがスダレを避けるように動いています(笑)。その辺のカメラの
動きで自主映画っぽい、と思ってしまったのですが、あそこはリアリティを
重視したのでしょうか。それとも、二人を真横から撮ったショットでは、あ
のスダレが二人の視線をさえぎる様に見えて、あの時点での二人の間にある
障害、精神的な距離を表しているのかも知れません。


震災は、街に大きな被害を残しただけではなく、当然ながらそこに住む人々
にも様々な傷跡を、心にも残したのでしょう。

勇治の父は屋根を扱う仕事で、震災時に高値で商売し、大きな利益を得た。
しかし、それで勇治は学校でハミゴになる。少年野球でサヨナラホームラン
を打っても誰も拍手さえしなかった。

美夏は友人のゆっちを震災で亡くした。引越しが決まって、正直ホッとした。
ゆっちとおっちゃんの不幸が怖かったのだ。でも前向きに生きようと思う時
ほど、ゆっちとおっちゃんを思い出してしまう。忘れようとすればするほど、
心が冷えてしまう。


サバイバーズ・ギルト(Survivor's Guilt)という言葉があります。生存者の罪
悪感。戦争や大事故で生き残った人が、死んでしまった人に対して負い目を
感じてしまう。美夏の想いはこれに近いものがあるのではないでしょうか。

物語のクライマックスとも言える、たまたま通りかかった事によるゆっちの
おっちゃん家への訪問。
いや、サトエリに泣かされるとは思いもしませんでした。
失礼ながら、そんなに演技が上手いコだとは思ってなかったもんで。
美夏がずっと閉じていた心の扉を開け、止まっていた時計を動かす事が出来
た素晴らしい瞬間でした。
「あたし、走れる様になった!」

あのおっちゃん、おそらく被災者の一人である素人さんみたいですが、とて
も自然で良かったです。このドラマに合ってました。


美夏は勇治との出会いによって、隠し込んでいた想いを解き放つきっかけが
出来たようですが、さて、勇治は。

美夏がおっちゃん家に行ってる間、待っている勇治。寒さに耐えかねて、で
しょうが、打ったり投げたり、野球の素振りを一人でしている・・・悪夢の
サヨナラホームランに、区切りを付けることが出来るのでしょうか。

ラスト、東遊園地へ一緒に行こうと誘う美夏。しかし勇治は、横断歩道を渡
ろうとはしなかった。
「やめとくわ、今年は・・・また、来年・・・」
彼にはもう少し時間が必要なのかもしれません。美夏に連れられて、を良し
としなかったのかも。大地震に堪えうる、自信を持った設計をしてからなら、
行くことが出来るのかも。

手を差し出す勇治に、美夏はギュッとハグして答えます。ここがまたイイ!
男と女の恋愛感情ではない、なんというか、同士?たとえわずかな時間でも、
素敵で大事なひと時を共有した仲間との抱擁、といった感じでした。そして
美夏はもう振り返ることなく、走って交差点を渡って行く。いい別れのシー
ンです。

その後の東遊園地での追悼式典のシーンは、放送当日の実際の式典に参加し
て撮影したそうです。めざましTVのニュースにサトエリが写っていたとか。
事情を知らない視聴者はビックリしたでしょうね。


主演の森山君、サトエリは共に東灘区で震災を体験し、脚本の渡辺あやもや
はり兵庫出身ということで被災体験を持つ人。このような内容のドラマを創
るにあたり、強い想いがあったことは間違いないでしょう。

あともう一つ、美夏が死んだ友人のことについてやっと語り出すところです
が、あれは私の見間違いでなければ都賀川だと思います。2008年7月、突然
のゲリラ豪雨で急激に増水し、5人の命が失われました。「命」について、
美夏が語る重要なシーンにこの場所が選ばれたことにも、スタッフの思いが
込められていると感じました。


演出:井上剛、主演:森山未來のコンビは'09年の「未来は今~10years old
14years after~」
に続くものです。是非、来年も素晴らしい作品を撮って、
「震災三部作」と呼べる傑作群にして欲しいですね。


sonokodo.jpg

【キャスト】
森山未來………中田勇治
佐藤江梨子……大村美夏
津田寛治………中田の上司

【スタッフ】
脚本 渡辺あや(「ジョゼと虎と魚たち」「天然コケッコー」)
音響 山田正幸
音楽 大友良英
演奏 Ootomo Band +森山未來(ds, perc)
歌  阿部芙蓉美
撮影 松宮 拓
プロデューサー 京田光広
演出 井上剛(「クライマーズハイ」「未来は今」)
制作 NHK大阪放送局




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/186-46ce2002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。