TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ JINー仁 第6話

'09,11,15 放送  TBSテレビ系列

「JIN-仁-」 第6話「生きてこそ…」あらすじ&感想
江戸時代にはなかった「ペニシリン」を作り上げ、梅毒治療に一石を投じた
仁(大沢たかお)。その神懸り的な医術は、江戸の町に次々と広まり、南方
大名神という護符まで出回るほどの大評判となっていた。そんな噂を聞き入
れてか、仁は医学館の奥医師との対面を申し込まれる。
医学館の奥医師である多紀(相島一之)と対面した仁は、多紀からその素性
について問いただされる。護衛についてきた龍馬(内野聖陽)や恭太郎(小
出恵介)も一緒になって、仁の素性をうまくはぐらかそうとするが、医学館
の仁への不信感はますます強いものになるばかり。

そんな時、同席していた医学館の福田玄孝(佐藤二朗)が突然腹痛を訴え、
その場に倒れこんでしまう。福田を診察し、胃潰瘍穿孔の可能性が強いと判
断した仁は急遽、医学館の面面が見つめる中で緊急手術を行うことに…。

さらに、佐分利(桐谷健太)が、西洋医学所を揺るがす事件を引き起こして
いたことも発覚して…!?


以上、公式あらすじより。
その後の展開は・・・

・佐分利のメスが殺された女郎の家から出て来たことが発覚、問題に
・腑分け(解剖)をしていたことを白状する佐分利
・女郎の病を診ていた佐分利、診料の代わりに死後腑分けを承諾する文を出す
・本来、腑分けはお上の許可が必要、佐分利の処分が検討される
・皆、隠れてやっている、許可される腑分けは僅か。これでは上達しないと佐分利
・弟子の不明は私の不明、と洪庵、医学所を辞めることを
・私は国の為、医術の道の為に、という佐分利に洪庵叱りつける
・「道を開くということはな、自分だけの逃げ道を作ることじゃ無い!」
・後をよろしくと頭を下げられた玄朴、陰謀が思い通りに運んでほくそ笑む
・仁、これは俺が招いた歴史の混乱だ、とある決意
・仁、自分が医学所を出て行くことで収拾を計る
・納得いかない龍馬、仁に「先生には欲ちゅうもんが全く見えんぜよ!」
・志士も医者も名を挙げたい、金儲けしたい、なにか欲があるもの
・欲は生きる源じゃ。しかし先生はまるで仏じゃ、もし人なら、死人じゃ
・わしゃ心配なんぜよ!命をぽーんと差し出してしまいそうな先生が!
・仁「僕にはこの世界に執着がない。リアルに感じられないんだ」
・元の世界では、既に死んでいるのかも・・・
・仁を狙う不審な人影あり
・野風、女郎から「南方は医学界の為に切るしかない」と言う客がいたと聞く
・野風、咲に仁が狙われていると危険を知らせる文を書く
・咲、文を読み、一人で出て行った仁を探して走る
・仁に迫る刺客、危うい所で咲、仁を連れて逃げる。追ってくる刺客
・神社境内で身を隠す二人。刺客、人影を見つけて刀を振り上げ近寄るが、他人
・境内には逢瀬を楽しんでいる男女が多くいて、騒ぎになる。逃げる刺客
・危ういところを助かった仁、震えが止まらない
・ここは夢の中で、死ぬのも平気かと思っていたけど、震えが止まりません
・先生は生きています!そう言う咲も震えが止まらない、手を取る仁
・私は、ここで、生きているんですね。ありがとう、咲さん
・お礼なら、野風さんに・・・
・野風、仁からのお礼の文を読む。文を胸に抱きしめる野風
・龍馬、医学館の多紀に怒鳴り込む「刺客を送ったのはおまんらじゃろう!」
・多紀「確かにあの男は恐ろしい、だが己を守る為に人の命を奪おうとは思わん」
・じゃあ誰が?「むしろ、同じ蘭方医の方が恐ろしいのでは?」
・ペニシリン製造所が破壊されている。呆然とする洪庵、佐分利たち
・佐分利「南方先生が襲われたのも、これも、すべて医学所のなかで・・・」
・自室で激しく咳き込む洪庵、喀血「私には時間がない・・・」
・仁、写真が野外から屋内のものに戻っていることに気付く「一歩後退か…」
・その時、懐にあるものに気付く。十円硬貨。製造は平成二十二年。
------------------第7話へ続く


懐にあった硬貨に気付いた瞬間、タイムトラベルが終わってしまう・・・と
いえば、あの名作映画となるわけですが(笑)。

残念ながら、仁はそれで戻ることは出来ませんでした。それどころか、平成
二十二年!上手いエンディングです。続きが気になって仕方ありません。

仁以外に、未来から(平成22年から)来た人がいるのか?
仁が大きく歴史も変えた? 一年、年号が早まる→明治維新が一年早まる?
うーん、これはどうなることやら。


どこか生きている、という感覚が希薄になっていた仁、はっきりと命を狙わ
れたことで逆に生きている実感を感じました。
逃げ込んだ場所がブルゴーニュの森みたいな所で助かりましたね。
咲はそういう場所と知っていた?そうならば咲、やるな。。。

ところで、ニュースにて報道されましたが、新門辰五郎役で出演する予定の
藤田まことが慢性閉塞性肺疾患の治療に専念するため、降板となりました。
代役は中村敦夫が務めるとのことです。
藤田まことさんの一日も早い復帰をお祈りします。



<キャスト>
南方仁:大沢たかお…脳外科医。文久二年の江戸にタイムスリップする。
友永未来:中谷美紀…外科医。仁の恋人。仁の手術を受けるが植物状態になる
野風:中谷美紀(二役)…吉原・鈴屋の花魁
橘咲:綾瀬はるか…恭太郎の妹。兄の命を救った仁に興味を持ち、医療を手伝う
橘恭太郎:小出恵介…攘夷派に襲われるが仁に命を救われる。勝の元で働いている
橘栄:麻生祐未…恭太郎の母。仁に近づきすぎる咲が不安で仕方がない

鈴屋彦三郎:六平直政…吉原の大見世・鈴屋の廓主
初音:水沢エレナ…吉原・玉屋の若い花魁。目を患っている?
佐分利祐輔;桐谷健太…江戸の医師。タエの手術で仁に出会う
山田純庵:田口浩正…西洋医学所の医師。コロリにかかり、仁の治療を受ける
松本良順:奥田達士…医学所頭取助。
伊東玄朴:小林勝也…西洋医学所取締役。
緒方洪庵:武田鉄矢…コロリ治療を仁に依頼、医学所の講師として迎え入れる
多紀元琰:相島一之…医学館の奥医師
福田玄孝:佐藤二朗…医学館の医師。胃潰瘍穿孔と仁に診断され、手術する
勝海舟:小日向文世…龍馬に命を狙われるがやがて師となる
坂本龍馬:内野聖陽…仁と交流を深める。タイムスリップに関係がある?


<スタッフ>
プロデュース:石丸彰彦、津留正明
脚 本:森下佳子
演 出:山室大輔
音楽:高見優、長岡成貴
時代考証:山田順子
制作著作:TBS


『JINー仁』第5話へ『JINー仁』第7話へ→


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/165-65834f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TBSテレビ はなまるマーケット

こんな事になっていたなんて・・・・・・・(@_@;)・・・あーびっくり、知ってよかった!TATEVISION ドラマ JINー仁 第6話 '09,11,15 放送 TBSテレビ系列 「JIN-仁-」 第6話「生きてこそ…」あらすじ&感想江戸時代にはなかった「ペニシリン」を作り上げ、梅毒治療...

  • 2009/11/16(月) 10:49:42 |
  • ひげぼん

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。