TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ JINー仁 第4話

'09,11,1 放送  TBSテレビ系列

「JIN-仁-」 第4話「運命と悲劇の再会」
月日は流れ、龍馬(内野聖陽)は勝(小日向文世)に入門することになった。
一方、仁(大沢たかお)は洪庵(武田鉄矢)の肝煎りで西洋医学所で講義を
するようになり、医師や医学生に熱心に医術を教えている。

ある日、龍馬は行き先も告げずに、仁を吉原へと連れ出した。帰ろうとする
仁に、龍馬は「どうしても会ってほしい人がいる」と告げる。と、そこに現
れたのは、鈴屋の「呼び出し」である最上級の花魁・野風(中谷美紀)。現
代に置いてきてしまった恋人・未来(中谷美紀)の生き写しとしか思えない
ほど、未来と瓜二つの顔立ちをしている野風を見て、呆然となる仁-。しか
し、野風は二人に全く興味を示すことなく、その場を立ち去ってしまう。

そんな中、鈴屋の廓主・彦三郎(六平直政)が原因不明の病に犯されている
と女将(水沢アキ)から聞かされた仁は、彦三郎を診察することになるのだ
が…!?


以上、公式あらすじより。
その後の展開は・・・

・仁、女将から彦三郎が頭痛を言い出す前に大きく転んだことを聞く
・慢性硬膜下血腫だろうと診断、頭の手術をすることに
・但し、脳梗塞など、治せない可能性もあることを言う
・手術を渋る女将に野風、もしダメだったら嫌な男との盃を承諾すると説得
・手術決定、橘家に手術道具を手配する文。咲、場所が吉原で動揺
・恭太郎が道具を持って来て、手術開始。エーテルで麻酔
・レントゲンもCTも無い、血の溜まっている場所は推定でしかない手術
・手製のパーフォレーターで穴を開けたが、そこに血は無かった…
・仁、二つ目の穴を開け出す。隣室では龍馬と野風が待っている
・野風、今の私があるのは親父さまのお陰、と
・幼いころに鈴屋に売られた野風、逃げたが行く所なく戻る、出迎える彦三郎
・彦三郎、ここは唯一女が下克上出来る場所、お前なら取れるかも、と話す
・幼い野風、やる、私はここで菩薩になると決意、以来、親父さまに恩がある
・仁、二つめの穴で溜まった血腫を発見、手術は成功した
・仁「これで野風さんの意に添わない盃は…」女将「ご破算です」
・野風「そんなことを覚えて…」仁に感謝する野風
・朝、帰る仁と龍馬、呼び止める野風「今度は精一杯持て成させて頂きます」
・吉原に行ったこと気にする仁、咲「気にしてません」仁「誤解してますよ」
・野風は未来のご先祖?救ったことが何か影響するのだろうか…
・写真を見る仁、病室ではなく、居間でくつろぐ2人の写真に変わっていた
・この出会いが、君に幸あれと願うばかりだ・・・
・術後の診察をする仁、同行する咲。前回、仁が遊んでないと聞き微笑む
・咲、野風に出会い驚く(仁の写真をたまたま見ていた)
・野風「実はもう一人診て頂きたい人が」
・奥の部屋に通された仁、そこに寝ていた一人の女性は…
・未来、俺はこの時とんでもない物を見たんだ。現代ではまず見かけること
 はない末期の・・・
------------------第5話へ続く


変わらず面白いドラマです。脚本、演出、俳優陣の演技、どれもほぼ満足。
あえて言うなら今回に限らず、BGMが過剰すぎるように思いますが、まあ
よしとしましょう。

落語「明烏」はこの頃からあったのでしょうか?古典といえど幕末から?
おそらく製作陣もチェックされてるから間違い無いでしょうがちょっと気に
なりました。
真面目で堅物な若者と遊び人が吉原に行って・・・というこの落語、面白い
ですから聞いたことのない人は是非どうぞ。

仁が吉原に着いた時の瞳に写り込む風景とか、海を見る龍馬とか、印象的な
ショットもあっていいですね。

次回、梅毒と闘う仁となりますが、ペニシリンを発見となるともう、歴史は
全く変わってしまうことに。どうなるのか、楽しみです。

誰かがオペらしきことをしているシーンと、仁たちが吉原を出る時に画面を
横切った陣笠の男、あの2つは佐分利?次回に何か出てきそうです。



<キャスト>
南方仁:大沢たかお…脳外科医。文久二年の江戸にタイムスリップする。
友永未来:中谷美紀…外科医。仁の恋人。仁の手術を受けるが植物状態になる
野風:中谷美紀(二役)…吉原・鈴屋の花魁
野風(少女期役):柴田杏花
橘咲:綾瀬はるか…恭太郎の妹。兄の命を救った仁に興味を持ち、医療を手伝う
橘恭太郎:小出恵介…攘夷派に襲われるが仁に命を救われる。勝の元で働いている
橘栄:麻生祐未…恭太郎の母。仁に近づきすぎる咲が不安で仕方がない

鈴屋彦三郎:六平直政…吉原の大見世・鈴屋の廓主
女将:水沢アキ…鈴屋の女将
夕霧:高岡早紀…野風の姐さん女郎。美貌の花魁だったが、重い梅毒を患っている
初音:水沢エレナ…吉原・玉屋の若い花魁
佐分利祐輔;桐谷健太…江戸の医師。タエの手術で仁に出会う
山田純庵:田口浩正…西洋医学所の医師。コロリにかかり、仁の治療を受ける
緒方洪庵:武田鉄矢…コロリ治療を仁に依頼、医学所の講師として迎え入れる
坂本龍馬:内野聖陽…仁と交流を深める。タイムスリップに関係がある?


<スタッフ>
プロデュース:石丸彰彦、津留正明
脚 本:森下佳子
演 出:川嶋龍太郎
音楽:高見優、長岡成貴
時代考証:山田順子
制作著作:TBS

『JINー仁』第3話へ『JINー仁』第5話へ



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/160-790a7de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

jin-仁- 再放送

<お買い得情報> SDカードが超安い!上海問屋 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼ

  • 2009/11/02(月) 14:18:24 |
  • とことん最新にこだわるニュースブログ

梅毒

杏Life playmary's: JINよかったね! 嵐の3Dも良かった さて、来週の仁はおそらく梅毒ついに性病きました。 先週の予想は二週間後の予想になってました。(淋病も梅毒も性病だしあたりってことで) なにやら仁先生ペニシリン作るみたいです。 アオカビから作るんで

  • 2009/11/03(火) 09:03:40 |
  • 今日のトップニュース速報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。