TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 不毛地帯 第2話

'09,10,22放映 フジテレビ系列

「不毛地帯」 第2話「黒い頭脳戦」
ちょっとあざといカメラワークもいくつかありましたが、緩急をつけた演出で1時間
あっという間で楽しめました。

グラントから総理サイドへの賄賂、G資金の流れを読み取り、大蔵省に匿名の告発文
書を送りつけて捜査が入るよう画策。これでグラントの献金ルートは断たれ、社長ら
の壹岐への評価は増々上がることに。
「元作戦参謀の血がようやく騒ぎ出したようですね」
里井東京支社長のセリフが印象的。

壹岐が具体的にどうやったのかはよく分かりませんでしたが、というか説明的な演出
もセリフも最低限しかなかったので創り手も説明する気がないのでしょう。それで正
解だと思います。変に細かく説明的なセリフを入れても、話の流れが悪くなるだけで
しょうし。

松重豊扮する小出のニヘラニヘラとした表情が嫌ですねぇ(笑)。あーいう奴は信用でき
そうにありません。壹岐も距離を置いている様子。というか、もう少し上手く手なづ
けておかないとあーいうのは危ないぞお。


ここで、どちらが選定されるか激しい闘いが続いている戦闘機2つの画像を。


supertiger.jpg

グラマン F11F-1F スーパータイガー

結局、米海軍始めどこも採用せず試作機2機のみに終わります。



F-104A.jpg

ロッキード F-104 スターファイター

鉛筆の様に細く丸い機体、小さな主翼にT字尾翼と、とっても特徴的な機体。



ところで、反総理派の大物政治家、大川一郎役は公式サイトでは佐々木敏氏になって
おり、多くのブログでもこれを引用しているのか佐々木氏の名前が記載されています。
ですが、2話のエンドロールを見ても佐々木氏の名前は出て来ません。大川一郎を演
じているのは「亀石征一郎」氏ではないでしょうか?
(追記:その後、公式でも大川一郎役は亀石征一郎氏に訂正されていました。直前に
変更されたのでしょう)

▽キャスト▽

壹岐 正:唐沢寿明…1912年生。戦時中は大本営参謀。11年間のシベリア抑留を生き
         抜いて帰国。2年後、近畿商事に入社する。
【壹岐家】
壹岐佳子:和久井映見…壹岐正の妻
壹岐直子:多部未華子…壹岐正の娘
壹岐 誠:高橋平…壹岐正の息子

【防衛庁】
川又伊佐雄:柳葉敏郎…防衛庁の空将補。壹岐とは陸軍士官学校時代の同期で親友。
貝塚道生:段田安則…防衛庁官房長。鮫島と手を組み次期主力戦闘機選定に動く。
芦田国雄:古田新太…川又の部下で防衛課計画班長。小出とは防衛庁空幕時代の同僚。

【政財界】
久松清蔵:伊東四朗…経済企画庁長官。次期主力戦闘機選定の国防会議メンバー。
大川一郎:亀石征一郎…自由党総務会長で反総理派の大物。

【近畿商事】
大門一三:原田芳雄…代表取締役社長。壹岐の能力に目をつけ、近畿商事に誘う。
里井達也:岸部一徳…東京支社長。壹岐を航空機部に異動させるよう大門に進言。
兵頭信一良:竹野内豊…東京支社鉄鋼部に勤務。陸軍士官学校では壹岐の後輩。
松本晴彦:斉木しげる…東京支社航空機部部長。
小出 宏:松重豊…東京支社航空機部に勤務。次期戦闘機受注のために、芦田に接触。

【東京商事】
鮫島辰三:遠藤憲一…航空機部長。目的のためには手段を選ばない「空のギャング」。

【その他】
田原秀雄:阿部サダヲ…毎朝新聞政治部記者。次期戦闘機の機種決定関連を取材。
浜中紅子:天海祐希…「ル・ボア」経営者の娘。商社の人間とも交流が深く、情報通。
秋津千里:小雪…秋津中将の娘。陶芸家を志している。壹岐に心を引かれる。

ナレーション:二又一成


▽スタッフ▽
原作:山崎豊子『不毛地帯』(新潮文庫刊)
脚本:橋部敦子
演出:澤田鎌作
音楽:菅野祐悟
テーマ曲:坂本龍一
ED曲:トム・ウェイツ「トム・トラバーツ・ブルース」
プロデューサー:長部聡介、清水一幸
制作:フジテレビドラマ制作センター
制作著作:フジテレビ



不毛地帯 第1話へ


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/155-552e1e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。