TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 キラーウルフ 白髪魔女伝

'09,9,18深夜放映 毎日テレビ「映画へようこそ!」

キラーウルフ 白髪魔女伝 (原題「白髪魔女傅」:THE BRIDE WITH WHITE HAIR)
1993年 香港
オリジナル92分、放映時間115分、放映本編時間89分。
明朝末期、乱世の世。孤児の卓一航は武術の名門、中原八大門武当派の長に育てられ、
将来の盟主として剣技を磨いていた。やがて一航は立派に成長したが問題行動が多く
師匠を悩ませていた。その頃、魔教団が勢力を伸ばし明国の驚異になる。教団を率い
るはかつて中原八大門を追われたシャム双生児の姉弟で、彼らは八大門への復讐を企
んでいた。教団の征伐を決めた八大門の盟主は一航を指揮官に任命するが、一航には
善良な心を必要としない一門での生き方を疑問に思う中での出発だった。
征伐隊が教団の襲撃を受ける。その中に凄まじい技量をもつ女殺し屋がいた。彼女は
一航が幼年時代に森で出会った狼少女の成長した姿だった。一航は敵であるこの女性
に心惹かれてしまう・・・
|
|
|
|
|

中国の古装劇(歴史物)に伝奇SFの味付け。「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」
が大好きだった私としては、こういう映画はとても楽しめました。香港映画らしい、
少々荒っぽいつくりですが作品の持つ勢いがそれをカバーしてしまう魅力があります。

ロミオとジュリエット的に対立しあう組織同士の二人の男女が出会い、惹かれ合う。
その先には悲劇しか無い、ありふれた話ではあるのですが、運命の男女をレスリー・
チャンとブリジット・リンが好演しています。レスリー・チャンは線の細い印象です
が、なぜか男らしさも感じる魅力的な俳優でした。早すぎる死が惜しまれます。

ちょっとばかしラブシーンが長過ぎるとは思いますが、そこはまあ、ファンサービス
でしょう(笑)。

主役二人を喰う勢いの悪役がン・ジャンユー。スゴいです。アクありすぎです。

監督はロニー・ユー。後にアメリカに渡り「フレディvsジェイソン」や「SPIRIT」を
監督。アニメ「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を実写化した「ラスト・ブラッド」で
は脚本で関わっています(神山健治と共同脚本)。

どうやら続編もあるそうで。興味湧きますね。観てみたいです。



●キャスト
張國榮(レスリー・チャン):卓一航(チャ・ヤホン)…武侠心の強い若者
林青霞(ブリジット・リン):練虹裳(リン・ネイサン)…狼女。邪教集団の殺し屋
呉鎮宇(ン・ジャンユー/フランシス・ン):姫無雙…邪教集団の教主。弟
呂少玲(エレイン・ルイ):姫無雙…邪教集団の教主。姉
藍傑英(ナム・キットイン):何緑華…一航の幼なじみ。優秀な武術者
鄭敬基(ジョー・チェン):虞新城…一航の弟分
高 雄(エディー・コー):呉三桂…幼い一航を狼から救った武人。高名な将軍となる
鮑方(パウ・フォン):師匠…一航の師匠。中原八大門の盟主、武当派の長

●スタッフ
監督:干仁泰(ロニー・ユー)
制作:黄克海(マイケル・ウォン)、黄百鳴(レイモンド・ウォン)
原作:梁羽生(リアン・ユーシェン)
脚本:胡大為(デビッド・ウー)、干仁泰(ロニー・ユー)
撮影:鮑起鳴(ピーター・ポウ)
美術:馬磐超(エディ・マー)
武術指導:郭振鋒(フィリップ・コク)
衣装:ワダ・エミ



テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/138-f4551198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。