TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 官僚たちの夏 第9話

'09,9,13放映 TBSテレビ系

『官僚たちの夏』第9話 「炭鉱事故」あらすじ&感想
昭和40年、日本はオリンピック景気の反動から深刻な不況を迎え、同時に高度経済
成長のひずみが表面化してきた。通産省次官に就任した風越は「弱者も一緒に豊かに
暮らせる国づくりを目指す」と、斜陽産業になりつつある石炭産業を救済するため、
鮎川を企業局長に据える。一方、繊維局長に昇進した片山は辞表を提出する。国際通
商派として自分が次官になる道は閉ざされたと判断したのだ。しかし、風越は片山を
引き止め、片山自身が立案した大阪万博を実現させるよう求める。牧も、チャンスは
まだあると片山を慰留する。

そんな中、鮎川が体調不良で入院する。ゆっくり養生することを風越は勧めるが、そ
んな時に北海道の麻幌炭鉱で爆発事故が起こる。経費削減で安全業務員を減らしたこ
とが原因だった。鮎川は自分の仕事が遅れたことがこの事故に繋がった、と責任を感
じ、無理を押して職場に復帰する。

そして、アメリカが北ベトナムを爆撃、ベトナム戦争への本格的介入を始めた。これ
が日米関係にも大きな影を落とすことになる。

風越の方針に全面的に賛成していた須藤総理も、大蔵大臣の横やりで決まった石炭緊
急対策の撤回に対して突然慎重になっていた。不安を抱く風越。

今度は福岡の松池炭坑で爆発事故が起きた。鮎川は現場に急ぐ。台風で道路が寸断さ
れる中、必死に歩いて現場に到着した鮎川が見たものは、多くの被害者と嘆き悲しむ
家族の姿だった。

会社側は二次爆発を防ぐため、坑道に注水措置を行おうとするが作業員たちは反発し、
現場は混乱する中で鮎川は現場の指揮をとる。まずは全力で救出作業を継続、但し、
三日目からは生存の確率も低い中、注水を行う可能性があることを家族に伝える。
厳しい決断を下すことに苦悩する鮎川に、報告を受けた風越は俺でも同じ判断をした、
いつでも俺はお前の味方だ、と励ます。

坑内のガス濃度が上昇してきた。最早限界、と判断した鮎川は救助員を引き揚げさせ、
注水措置を決断する。家族に土下座し、決定を伝える鮎川。

後日、国会の石炭対策特別委員会で炭鉱事故に関する通産省の管理責任が厳しく追及
された。現場で指揮をとった鮎川の責任問題にも言及する議員に対し、この中に鮎川
を責められる人間など一人もいない、と風越は厳しく怒鳴りつける。
そして鮎川が東京へ戻って来たが、疲労は激しく、倒れてしまう。

一方、中東開発石油にいる玉木を訪れる片山。就職活動に来た、と冗談めかす片山に、
お前は何の為に入省した、と優しく諭す玉木。

沖縄・小笠原諸島の領土返還を大きな命題としていた須藤総理の沖縄訪問が決定した。
領土返還交渉に対し、アメリカは日米貿易不均衡の是正を要求してきているらしい。
この件を問いただす風越に須藤総理は、外交は一方の正義だけではどうにもならない、
と告げる。

牧に、総理が沖縄訪問後会いたいと連絡がきた。片山に、こちらにチャンスが来た、
と牧は励ます。

鮎川の入院する病院を訪れた風越は、先着していた庭野から鮎川の病気は、もう治る
見込みが無いことを知らされ、愕然とする。
ーーーーーーーーーー最終回へ続く・・・


牧が風越一派の弱者救済策を「助かる見込みのない作業員を救おうとして、多くの救
助員を犠牲にした炭鉱事故と同じだ」と批判していました。
今回を象徴するセリフですね。弱者の救済が日本経済にとって障害になるのでは、と
いう問題。ひいては国内産業保護派と国際通商派の対立という、これまでの構図とも
重なります。
そして、鮎川は炭坑で全ての弱者救済は叶わず、全体の利益の為に注水措置を決断す
ることになります。この辺り、見応えありました。カッツミーの芝居の見せ所です。

炭鉱事故はこの頃、実際に発生したそうで、事故のモデルは夕張市の北炭夕張炭鉱と、
長崎県の伊王島炭鉱のようです。鮎川のモデルである通産官僚の川原英之氏が実際に
鉱山保安局長として、現場で陣頭指揮を取ったとのこと。

撮影は岩手県釜石市に残っている「釜石鉱山」という、鉄や銅の鉱山跡地で行われた
そうです。

次回、最終回。沖縄返還、その裏にある密約。風越は、庭野はどうする?
そして、フラグ確定の鮎川(泣)。
牧は?片山は?
見逃せません。


●キャスト
《通商産業省》
風越信吾: 佐藤浩市(事務次官)
庭野貴久: 堺雅人(重工業局 局長)
鮎川光太郎 :高橋克実(企業局 局長)
片山泰介:高橋克典(繊維局 局長)
御影大樹:田中 圭(重工業局 製鉄課 課長)
山本 真:吹石一恵(企業局 産業資金課 課長補佐)
牧 順三:杉本哲太 (通商局 局長)
宇治原 :小林 隆(鉱山保安局 局長)
玉木博文:船越英一郎 (中東開発石油 役員)
丸尾 要:西村雅彦(大日製鉄 副社長)

《その他》
須藤恵作:長塚京三(内閣総理大臣)
西丸賢治:佐野史郎 (東京経済新聞記者)
風越道子:床嶋佳子 (風越信吾の妻)
風越貴子:村川絵梨 (風越の一人娘)
鮎川妙子:藤田朋子(牧順三の妻)
倉石太郎 : 鶴見辰吾(松池炭鉱 労組委員長)
磯貝肇:三浦浩一 (松池鉱山社長)
坂崎 :藤田宗久(大日銀行頭取)
   :芹沢名人(委員会での国会議員)
   :中村優子(松池炭鉱の被害者家族)


ナレーション:安住紳一郎(TBSアナウンサー)


●スタッフ
原作:『官僚たちの夏』城山三郎著(新潮文庫刊)
脚本:橋本裕志
演出:平野俊一
製作著作:TBS


←官僚たちの夏 第8話官僚たちの夏 最終回 →



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/126-4f23fa1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。