TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクター・ハウス S1 #10 身元不明の女

'09,9,6 深夜放送  読売テレビ

「ドクターハウス」シーズン1 第10話 [身元不明の女](Histories)あらすじ&感想
今回の患者はホームレスの女性ビクトリア。あるパーティーに無理やり入り込む彼女。
ジェームズという人が中に居るはずだから会いたいと言っています。しかし音楽と、
派手な照明によってか彼女は意識を失い、警察が踏み込んだ時に倒れてしまいます。

クスリの過剰摂取が疑われますが、薬物検査は陰性、但し幻覚症状があるとのこと。
ここで、患者の説明をしているのはウィルソンで、聞いているのはフォアマンですが、
フォアマンはホームレスということで毛嫌いしています。明らかに追い出したがって
いる。反してウィルソンは何か必要以上に彼女を庇っているよう。担当医としての対
応を越えている態度。やがてこの理由は視聴者に判ります。

こんな相反する二人の態度に興味を持つのがハウス先生。今回は患者よりウィルソン
の態度に興味をそそられたようです。

とりあえず栄養失調の為、ビタミン投与された彼女は病室でイラストを書いています。
しかし突然暴れ始め、押さえようとしたファアマンの腕に噛み付きました。血がにじ
んでいます。チェイスは「HIVは陰性だ」となだめますが、フォアマンは怒り心頭。
「今すぐMRI検査をして退院だ!」と怒鳴ってます。

しかし彼女の腕には手術で入れたピンがあることがCTで分かりました。MRIではピン
がえぐり出されてしまいます。ハウスは手術でピンを取り除くとカディに告げます。
そこまでしてMRIを受けさせる必要があるのか不満なカディですが、ハウスのいつも
ながらの「あー言えばこー言う」熱弁(?)で、カディを説得。カディは検査を認めます
が、身元の確認が済んでからと条件をつけました。
平気な顔でハウスはフォアマンにはホームレスの知り合いが多いと。あきれた表情の
フォアマンに「さあ聞き込みを開始しろ」と一言。

で、調査に行く羽目になったフォアマン。自分の上着と引き換えにビクトリアの寝床
を突き止めます。ビニールシートで覆われたそこには、コウモリが住み着いています。
おっかなびっくりのフォアマンは何とかそこでファイルケースを手に入れました。中
には彼女の描いたイラストが何枚も入っています。

フォアマンが戻ると、キャメロンが彼女の脳には腫瘍は無く、異常無いとの事。しか
しながらハウスには彼女の手術歴や名前も判っているようです。彼が取り出したのは
手術時のピン。シリアル番号があり、それで身元確認が出来たのです。ハウスはピン
を抜く手術の為に、MRIをとるよう画策していたのです。
彼女の名前はビクトリア・マドソン。彼女を診た病院から早速FAXが入りました。そ
れを見たフォアマンはあわてて病室へ。
貧血用の鉄分を含んだ点滴に換えていたのですが、FAXには彼女が鉄アレルギーであ
ると書かれていました。病室では彼女がアレルギー症状で苦しんでいましたが、懸命
の処置で何とか落ち着きました。

彼女は過去2年間に3つの病院で7つの来院記録がありました。しかしながら、当初
からの手首の痙攣に関連する神経性の疾患記録はありません。
担当医が腫瘍内科医で2度の腹部エコーの記録にウィルソンは卵巣ガンだと推察しま
すが、他の医師は否定的。ガンで痙攣は起こらないし、検査でガンの兆候は無かった
とのこと。しかしハウスは「異所性ホルモン産生腫瘍」なら痙攣はありえると、卵巣
のエコー検査を指示します。

果たしてエコー検査で大きな腫瘍が見つかりました。末期ガンです。愕然としている
フォアマン。しかし、ハウスはガンではなくて結核種の可能性を示唆。ガンならばも
う手遅れであり、ハウスは結核種に対する薬の投与を指示します。

病室でビクトリアに治療内容の説明をしているフォアマン。「貴方を疑って悪かった」
と謝ります。彼女も「私こそウソを付いたわ」と答えます。病院に運ばれた際の低血
糖は、寝床が欲しくて自分でインスリンを打ったからでした。
彼女の描くイラストに登場するジェームスについて、「探しましょうか?」と問いか
けるフォアマンを見上げるビクトリア。すると突然まぶしそうに手をかざします。部
屋の明かりは正常なのに彼女にはまぶしくてたまらない様で、パニックを起こし始め
ます。フォアマンが熱を測ると40.5度もあります。あわててブラインドを閉じ、部屋
の照明を消すフォアマン。水を与えますが彼女は口を付けると直ぐに吐き出して、毒
だわ!とますますパニック症状に。

フォアマンは高熱の彼女に治療の効果が出ていない、ということで結核種では無いと
ハウスに告げますが、検査の結果、結核種でした。診断は合っているのに、その治療
が彼女を殺しかけている。「困ったな」つぶやくハウス。何か感染症の可能性もある
ので再検査を指示します。

しかし、病室にビクトリアの姿がありません。脱走したのです。部屋に残された彼女
のイラストを見たフォアマン、「外で死ぬつもりだ」とつぶやきます。
探しに行こうとするフォアマンですが、カディに止められます。警察に任せなさいと。

そして彼女は警察に見つけられますが、担架に乗せられて運ばれてきます。脈が150
もあります。緊急処置で命は取り留めますが、脈拍が150もあったことに説明が付き
ません。ハウスは警官の持っていたスタンガンに目を付けます。

やはり、警官は取り押さえる時にスタンガンを使っていました。憤るフォアマン。ハ
ウスは一度、足にスタンガンを使ったが全く効かなかったそうだ、と彼女に掛けられ
た毛布をめくり、太ももに注射針を刺します。眠っている彼女は無反応。足の指先に
針を刺すと今度はピクッと反応がありました。局部麻痺を起こしています。
ハウスはフォアマンに近づき、以前彼女に噛まれた手首を取ります。彼が見ていない
隙に注射針を手首に刺すハウス。フォアマンは何の反応も示しません。しばらくして
気が付いたフォアマン「何するんです!」と驚きますが「痛くないんだから怒るな」
と平気な顔のハウス。

局部麻痺から始まり、光への過剰反応、見当識、妄想、鎮静剤の無力化、水恐怖症。
これらから出る答えは一つです。「狂犬病」。

過去にも症例は少ないですが、普通は噛まれると直ぐにワクチンを打つのでまず発症
しないとハウス。彼女の寝床にはコウモリがいました。

検査は陽性でした。発症すると、狂犬病は治療法はありません。ハウスは「あと1日
か2日だ」と言うと、続けてフォアマンに「あと3時間以内に必ずワクチンを打て。
募集広告を出すのは面倒だからな」と告げます。

ウィルソンがフォアマンの腹部に太い注射針を刺しています。とても痛そう。
ワクチンを打ち終わったフォアマン、外出しようとします。「一人では死なせない」
と。ジェームズを探しに行くつもりです。同行するウィルソン。

彼女が発見された家にやって来た二人は、彼女の描いたイラストに基づいて小さな金
庫のような小物入れを発見。中に写真がありました。彼女と男性が幸せそうに写った
写真。結婚証明書もありました。男性はポール・ヒューリア。ビクトリアがうわ言で
呟いていたミスター・ヒューリーはこの人でした。
さらに子どもの写真もありました。この子がジェームズだったのです。

さらに新聞記事の切り抜きが。交通事故によって彼女は腕を骨折、ポールとジェーム
ズは死亡していました。その時運転していたのはビクトリアだったのです・・・

ビクトリアの病室に戻ったフォアマン。意識も虚ろな彼女の手を優しく握ります。
ビクトリア「ジェームズ?」
フォアマン「いや、ポールだよ」
ビクトリア「ポール・・・迎えに来てくれたのね・・・」
フォアマン「違う。許す為に来た」
ビクトリア「(絶句)・・・」
フォアマン「君のせいじゃ無い」
ビクトリア「ああ・・・本当にご免なさい、私を許してちょうだい」
フォアマン「もういいんだ、君のせいじゃ無い、君は悪くないんだ」
泣きながらフォアマンの手を握りしめるビクトリア。

夜の裏通り、辺りには何人ものホームレスがいます。柵の段に座るウィルソン。横に
ハウスがやって来て座りました。呆れた様にハウスを見つめるウィルソン。ハウスは
彼を尾行したようです。
友人の過去を探るなと言ったはずだ、とウィルソン。しかし、諦めたのかウィルソン
は静かに語り始めます。彼には誰にも教えていない兄弟がもう一人いた。その兄弟を
最後に見た場所がここでした。もう9年も前。今は生きてるかどうかも判らない…
                                   end



なかなか面白い話でした。今回患者の命は救えませんでしたが、フォアマンの働きで
彼女の魂は救えたのではないかと。

でも観ていて、彼女が眩しがり、水を吐き出した時に素人の私でも、あ、狂犬病だ、
と思いましたよ(笑)。フォアマン、もっとしっかりせい。

いつもクールな印象のウィルソン先生が今回は違いました。最後の最後で分かったの
ですが、ホームレスに対して特別な思いがあったのですね。彼のキャラがまた一つ、
ふくらんで魅力を増したのではないでしょうか。
フォアマンがホームレスを必要以上に嫌がる理由は具体的には出て来ませんでした。
ただ、彼には過去に犯罪歴があったはずですし、やはり過去になにかの理由があるの
でしょう。
まさに、人に歴史-Histories-あり、です。

サイドエピソードでは今回は研修医のお守り役を押し付けられたハウス先生。当然の
ことながら逃げ回ってます。それでも自分で見もしないで研修医の会話だけで患者の
病気をあててしまうハウス先生、ミスマープル並みです。


今回の患者ビクトリア・マドソンを演じているのはレスリー・ホープ Leslie Hope。
ドラマ「24」1stシーズンでいらつくキャラ、ジャックの妻テリー・バウアーを演じ
ていたのは彼女です。他には、
「カンザス/カンザス経由→N.Y.行き」(1988) 主人公ウェイドの恋人ロリー
「メン・アット・ワーク」(1990) 死体の市会議員バーガーの秘書スーザン
「シャドウビルダー」(1997)生け贄に選ばれた少年クリスの母ジェニー・ハッチャー
「URAMI~怨み~」(2000) ロージー
「ネバー・バックダウン」(2008)<未> 主人公ジェイクの母マーゴ
などの出演作があります。

スタンガンを使った警官ジルマー役はラリー・クラークLarry Clarke。出演作に
ドラマ「コールドケース」s2#12「リング」マグワイヤ神父(1976年)役
ドラマ「ロスト」s3 #22「決行」 #23「終わりの始まり」
「The Poughkeepsie Tapes」(2007)<未>
「CIAの男」(2000)
など。

研修医の一人、ジュリア役はスミス・チョーSmith Cho。出演作に
ドラマ「ナイトライダー2008」主要キャストZoe Chae(ゾーイ)役
ドラマ「アントラージュ オレたちのハリウッド」s3 #18
「俺たちチアリーダー!」(2009)
「マッド・ファット・ワイフ」(2007)
「Ping Pong Playa」(2007)<未>
など。

もう一人の研修医クリス役はオギー・ダーハム Ogy Durham。
ドラマ「アグリー・ベティ」s1 #15 女性レポーター役
ドラマ「ゴースト~天国からのささやき」s4 #17
「ザ・ケイヴ」<未>(2005)ミランダ役
などに出演しています。

"House M.D." Season1, Ep10 [Histories]


← s1 ep09 [生きる希望]へs1, ep11[依存症]へ →


テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/123-210afdc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。