TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 官僚たちの夏 第8話

'09,9,6放映 TBSテレビ系

『官僚たちの夏』第8話「総理の死」 あらすじ&感想
昭和38年、国内産業保護法成立を目指す戦いに敗れた風越は特許庁長官に移動となり、
通産省次官には玉木が異例の本省返り咲きで任に就いた。玉木率いる通産省は片山ら
「国際通商派」が主要ポストを占め、「国内産業保護派」の鮎川と庭野は鉱山保安局
に追いやられていた。牧は玉木に付いて企業局長になっていた。

その頃通産省では、国産旅客機の開発支援が最重要課題であった。池内総理大臣も東
京五輪の聖火を運ぶためにも国産旅客機の開発を急がせるが、試作機は米連邦航空局
の飛行審査で不合格となる。時間がない中での改善の為、アメリカ製のコンピュータ
の導入を玉木は考える。

その頃、石油の自由化による石炭産業の斜陽化が進み、鉱山で労働争議が各地で激化
していた。鉱山保安局の鮎川と庭野は事態の解決に取り組むが、状況は深刻だった。
玉木も、そして牧さえも民間への救済は否定的なのだ。

特許局の改革に取り組んでいた風越は、鮎川と庭野からこの石炭産業の状況を聞き、
当初は口出しを渋っていたが、二人の熱い思いに触れ、国内産業の生き残りの為に
動き出す。しかし、玉木は「今の次官は僕だ」と耳を貸そうとしない。さらに、国産
コンピュータの危機となるアメリカ製コンピュータの自由化の考えを聞かされ、風越
の危機感は一層強まる。

風越は池内総理に直訴する。国産コンピュータにこだわって旅客機開発が間に合わな
くなることを危惧する池内総理だったが、変わらぬ風越の熱意に打たれ、「お前とは
もっと話をしておくべきだったのかも・・・」と呟く。自分の死期が近づいている事
を感じている池内総理の心中で何かが変わっていった。

一方、鮎川と庭野の努力が実を結び、労使交渉は和解へと動いた。この件でも、コン
ピュータ関連でも風越が動いていることに玉木はいら立ちを隠せない。その上、池内
総理からも国産旅客機は国産コンピュータで造って欲しいと言われ、動揺する玉木。

米連邦航空局の再審査を高評価でクリアし、遂に初の国産旅客機は完成した。

池内総理は須藤に「俺の時代は終わった」と次の総理を託す。そして、玉木も風越に
オリンピックが終われば自分は退官すると伝え、次の事務次官は君に継いで欲しいと
頼んだ。

東京オリンピックは大成功を収めた。閉会式の翌日、池内は後任に須藤を指名、自ら
は引退する。そんな池内の自宅へ風越が訪れた。車椅子で出迎える池内。

「もう一度、お前と飲みたいな。今度来ることがあったら酒を持ってこい。女房には
 内緒でな・・・・」
池内の言葉に「わかりました」と優しい笑顔で答える風越。
二人の遥か上空を、国産旅客機のエンジン音と飛行機雲が真っ直ぐ、伸びていた。
ーーーーーー第9話に続く・・・


すっごい久しぶりな感じです。2週空きましたから。
で、話はドンドン進み、あっという間に風越カムバック。早っ!
このあたり、特許庁内の改革とか、YS-11だけでなく新幹線の開発とか、いろいろと
話を膨らませることが出来ると思うのですが、何かもったいない感じですね。

ドラマ中ではYF-11と呼ばれていましたが、実際はYS-11。日本初の、そして唯一の
国産旅客機です。戦後、日本の飛行機開発は途絶えていましたが、この旅客機開発で、
大きく前進することが出来たのです。
今でも、自衛隊や海上保安庁では現役で飛んでいるらしいですが、民間航空会社では
もう使用していません。ドラマ撮影では、成田国際空港に隣接する航空科学博物館の
敷地内に保存展示されている機体(試作1号機)を使用したそうです。

8話は池内総理が美味しいとこ全部持っていったような。あの最後のセリフと、空に
伸びる飛行機雲。いいシーンでした。

玉木と須藤の会話シーンも印象に残りました。「君は現場を知らない」的なことを、
須藤は言っていましたが、正にそれが玉木の弱点だったのでしょう。
玉木のやって来たことも決して間違ってはいません。むしろ風越よりも状況では彼の
方が必要だった。しかし、現場を知らない、今、日本の現状をしっかりと見据えてい
ないことは、どこに行こうとしているのかを見失う危険もあるのです。

あ、すっかりヒールになった牧も忘れちゃいけない(笑)。


●キャスト
《通商産業省》
風越信吾: 佐藤浩市(特許庁 長官)
庭野貴久: 堺雅人(鉱山保安局 管理課 課長)
鮎川光太郎 :高橋克実(鉱山保安局 局長)
片山泰介:高橋克典(重工業局 局長)
御影大樹:田中 圭(重工業局 電子工業課 課長)
山本 真:吹石一恵(特許庁 総務課 課長補佐)
大原喜久雄:金田明夫(特許庁 総務課 課長)
牧 順三:杉本哲太 (企業局 局長)
玉木博文:船越英一郎 (事務次官)
《その他》
池内信人:北大路欣也 (内閣総理大臣)
須藤恵作:長塚京三(民自党議員)
古畑晋介:佐藤B作(通産大臣)
西丸賢治:佐野史郎 (東京経済新聞記者)
風越道子:床嶋佳子 (風越信吾の妻)
風越貴子:村川絵梨 (風越の一人娘)
池内瑞江:柏木由紀子(池内総理大臣の妻)
北条  :山崎 一(日本航空機設計の技術部長)
大沢社長:岡本信人(大沢無線社長)
倉石太郎 : 鶴見辰吾(松池炭鉱 労組委員長)
磯貝肇:三浦浩一 (松池鉱山社長)


ナレーション:安住紳一郎(TBSアナウンサー)


●スタッフ
原作:『官僚たちの夏』城山三郎著(新潮文庫刊)
脚本:橋本裕志
演出:大岡進
製作著作:TBS


←官僚たちの夏 第7話官僚たちの夏 第9話 →


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/122-31be64aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。