TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクター・ハウス S1 #09 生きる希望

'09,8,16 深夜放送  読売テレビ

「ドクターハウス」シーズン1 第9話 [生きる希望](DNR)あらすじ&感想
有名なトランペット奏者、ジョン・ヘンリーがレコーディングスタジオで呼吸困難を
起こしました。彼のファンだったハウスが珍しく最初から治療に乗り気です。しかし
ジョンにはマーティー・ハミルトンという主治医がいて、彼がジョンの麻痺に対する
治療を行っていた。しかも彼はフォアマンの元上司。そこで今回の担当はフォアマン
が選ばれます。

フォアマンは呼吸困難に関する治療のみで、麻痺については主治医ハミルトンの領域
として手をつけてません。当然ながらハウスは気に入らない。ハミルトンの診断では、
ALS(筋萎縮性側索硬化症、アミトロ)となっていますが、ハウスは懐疑的です。
元上司の診断、さらに担当が自分ということでフォアマンはいつも以上にハウスと対
立します。

フォアマンはステロイドを投与し、さらに迷いながらもハウスの主張するIVIGと
いう薬品の投与も指示します。しかし、これが原因でジョンは呼吸障害を起こしまし
た。挿管したくとも、ジョンはDNR=蘇生処置拒否書にサインしていました。チーム
の誰もが手出し出来ない中、ハウスは無理やり挿管します。

しかし、その結果、ハウスには接近禁止令が出され、暴行罪で告訴されることに。

ハウスはジョンの生命維持への許可を求める為、逆に訴訟をおこして審議に臨みます。
そこでDNRの有効性を裁判で問いたいと主張。すると開廷まではDNRは無効に。
さらに判事に医学的動揺を与え、ハウスの作戦勝ちです。

そんな時、ハミルトンが病院にやってきました。独自に治療を行うハウスに対して、
告訴は取り下げられ、自分が人工呼吸器を外すと告げます。落胆するハウス。どうす
ることもできず、病室ではジョンの人工呼吸器が外されました。しかし、彼は呼吸を
続けています。つまりウェゲナー肉芽腫症でもない。

安定していますが、足だけでなく左腕にも麻痺がでました。ハウスは無理やりジョン
をMRIを撮る為に自ら動きます。

一方、ハミルトンはその頃ファアマンをロスにパートナー契約で引き抜こうとします。
給料も3倍。フォアマン、迷ってます。

キャメロンとチェイスが血管の画像から血栓を発見しました。腕と足の麻痺は無関係
だったようです。脳の塞栓を取り除く手術が行われ、無事に血塊は摘出されました。

治療の結果、腕が動く様になっただけでなく、足の感覚も取り戻し始めました。何か
の薬が効いています。しかしどの薬かが分からない。そこで薬を全部止めて、一つず
つ確認していくことにします。

状況が違うと再度MRIを取ると、動静脈奇形が見つかりました。脊髄を圧迫してい
たのです。なぜ前回の撮影では見つからなかったのか?ハウスは、自ら腫れて、その
影に隠れていた。と言いますが、素人の私には何かしっくりきません。

とにかく手術により、足の麻痺も回復。リハビリも終わり、ジョンは杖こそ必要です
が、歩いて退院することとなりました。別れ際、ハウスにトランペットをプレゼント
するジョン。ハウス、けっこう感動してます。
ジョン「薬を飲み過ぎだぞ」
ハウス「痛むんでね」
ジョン「ああ・・・・・みんなそうさ」
しぶい。しぶいです。


今回、セリフがいい。とても良かったです。ジョンとハウスの会話はとってもシブい。
自分にはこれしかない、音楽、医師。この「天職」について二人が交わすセリフはな
かなかの名シーンです。
フォアマンに語りかけるハウスの言葉も説得力あります。
恒例の外来患者とのくだけたやりとりは、今回はちょい少なめ。まあ仕方ないか。

珍しくネクタイにスーツ姿のハウス先生もあり、楽しめる回でした。


患者のトランぺッター、ジョン・ヘンリー・ジャイルズ役の俳優ハリー・レニックス
Harry J. Lennixは、「ER/緊急救命室」に第3シーズンで準レギュラーの感染症
医グレッグ・フィッシャーや、「24」s6のワリド・アル=レザニ(米国イスラム連
合IAA代表 ウェイン大統領の妹サンドラの恋人 収容所でスパイをした人)役など
で知っている人も多いでしょう。他に映画では、
「タイタス」策略の女神タモラの悪事を影で操るムーア人アーロン
「サスペクト・ゼロ」リック・チャールトン(トムの上司)
「レイ Ray」レイの新しいマネージャー役(憎まれ役)
「マトリックス リローデッド/ー レボリューションズ」ザイオンのロック司令官役
などで出演しています。

スマートな医師マーティ・ハミルトン役はデヴィッド・コンラッドDavid Conrad。
ドラマでは「ゴースト~天国からのささやき」夫ジム役や、「ロズウェル」のピアス
捜査官役で人気の俳優。映画では「グリム・ブラザーズ スノーホワイト」でリリー
に求愛する青年医師ピーター役、「ザ・ダイバー」では敵役のハンクス大佐役。

house_1_09_001c.jpg house_1_09_002c.jpg


マネージャーのコーラ役はクロエ・ウェブChloe Webb。「シド・アンド・ナンシー」
でナンシー役を演じ注目を浴びました。他に「ニュートン・ボーイズ」(98)で爆薬の
プロ、グラスコックの妻役、「建築家の腹」(87)では主人公の建築家の妻ルイザ役、
「欲望」(93)「めぐり逢い」(94)「シーズ・ソー・ラブリー」(97)などに出演。

糖尿病患者ウィリーはマイク・スターMike Starr。「ブラック・ダリア」(06)で主人
公2人の上司であるセントラル署警部補のラス・ミラード役。「トラブルINベガス」
(04)でサル役、「エド・ウッド」(94)で映画製作会社スクリーン・クラシック社長の
ジョージ・ワイス役などに出演してます。

冒頭に出演のミュージシャンのブランディは本人のブランディ・ヤラナ・ノーウッド
Brandy Norwood。女性シンガーソングライターで女優も。私は知りませんでしたが、
歌手として知られているそうです。女優としてもアメリカで大ヒットしたTVシリーズ
『モエシャ』(1996/2001)の主演、「ラストサマー2」でカーラ・ウィルソン役など
で活躍しています。


← ハウス s1 ep08 [医療不信]へハウス s1 ep10 [身元不明の女]へ →


テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/108-9dda2469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。