TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 紅白が生まれた日

2015,3,21 放映 NHK総合

『放送90年ドラマ 紅白が生まれた日』 感想

日本最初のラジオ放送が行われたのが1925年3月22日。ということで放送
開始90周年を記念したドラマが放映されました。
題材は1945年の「紅白音楽試合」。大晦日の恒例行事と言える「NHK紅白
歌合戦」が生まれるきっかけとなった、1945年の大晦日、終戦から僅か4ヶ
月半後という混迷期に放送された番組です。

放映時間73分があっという間でした。もっと長くてもいいぐらい。100分ぐ
らいのディレクターズカット版を観たくなりましたが、このコンパクトさが
良かったのかも知れません。

脚本は『結婚できない男』『梅ちゃん先生』の尾崎将也。
演出は『ハゲタカ』『外事警察』の堀切園健太郎。
さすが手練、確実に面白くて心温まる作品に仕上げています。堀切園演出は
今回は控えめ。それでも4K映像の美しさと相まって、見応えある映像となっ
ておりました。

主演の松山ケンイチは、一所懸命なところに生まれるドタバタな面白さを、
実に上手く出しています。本田翼はまだまだ演技は上手いとはいえませんが、
心に傷を負いながらも新時代へと元気よく前を向いて奮闘する、若き女性の
爽やかさと逞しさを好演していました。

その主役二人の好演に勝るとも劣らない、今回の秀逸は星野源。魅せます。
この人、本職はミュージシャンですよね? 上手いです。日系二世でGHQの
通訳として、複雑なアイデンティティと屈折した心情を持って主役の二人に
相対する役柄を、笑わせてちょっとしんみりもさせて、実に達者な演技でし
た。まあNHKでは『LIFE!』とかで、はっちゃけたこともやってはるから(笑)。


この新しい音楽番組の企画にGHQが難色を示したことや、ディック・ミネの
ドタキャンなど、劇中にて描かれた多くのエピソードは実際の出来事らしい
ですが、並木路子が出演に対し悩むところは、Wikipediaをみたところでは
「リンゴの唄」レコード吹き込みの時のエピみたいですね。
「汽車ポッポ」が戦前は出征兵士を送る歌だった、というのはちょっと前に
『ビーバップ!ハイヒール』でやってたのを思い出しました。


思いを乗せて発する声と音楽。「歌」というものが人々を元気づけ、笑顔に
させる魔法のようなパワー。私たちも人生の中で実感した時が、人それぞれ
にあると思います。終戦直後の混迷な時代にもきっと、多くの人々がラジオ
から流れる歌に励まされたことでしょう。
本作は、歌が人の心に作用する力の素晴らしさを、改めて感じさせる素敵な
一品でした。
年末あたりに、また再放送されるかな?




【 『放送90年ドラマ 紅白が生まれた日』キャスト 】

新藤達也 --- 松山ケンイチ
 …放送協会の放送員(ディレクター)。終戦間際に召集されるも復職。「紅白歌
  合戦」の企画立案、放送成功に尽力する。モデルはNHK職員・近藤積。
竹下光江 --- 本田翼(現代、語り:草村礼子)
 …放送協会の放送員。戦前はアナウンサーだが、戦後に辞職を迫られる。家庭の
  事情で雑用係として職場に復帰、新藤と歌合戦の成功に向けて奮闘する。
並木路子 --- miwa
 …出場歌手。戦後のヒット曲第1号となった楽曲「リンゴの唄」を歌う。
松井志郎 --- 小林隆
 …放送協会の放送員(管理職)で、新藤らの上司。気弱でGHQの言いなり。
古川ロッパ --- 六角精児
 …白組司会。喜劇界の大スター。
水の江瀧子 --- 大空祐飛
 …赤組司会。「男装の麗人」と呼ばれ国民的人気を博した女優。愛称はターキー。
ジョージ馬淵 --- 星野源
 …CIE(GHQ内の下部組織・民間情報教育局)の通訳。日系アメリカ人。
山田孝介 --- 高橋克実
 …新藤の知人。孤児となった旧友の子どもを引き取り、バラック小屋に妻と住む。
吉村真治 --- 趙珉和
 …新藤の同僚。同期。
加藤圭介 --- 玉置孝匡
 …新藤の先輩職員。
山川浩平 --- 菊田大輔
 …新藤の後輩職員。
アナウンサー 田辺 --- 小松和重
 …総合司会アナウンサー。モデルは田辺正晴。
ディック・ミネ --- 遠藤要
 …戦前から人気の高いジャズ・ブルース歌手。
市丸 --- 原史奈
 …当時の代表的な芸者歌手。
べティ稲田 --- 泉里香
 …歌手。ディック・ミネの恋人。
霧島昇--- 竹森千人
 …歌手。オリジナル版「リンゴの唄」は並木とのデュエット。
松原操 --- 恒吉梨絵
 …歌手。霧島の妻。戦前まではミス・コロムビアという名でも活躍。
山田佳代子 --- 中島ひろ子
 …孝介の妻。
川田正子 --- 石井心愛
 …童謡歌手。「汽車ポッポ」(戦前の「兵隊さんの汽車」)を歌う。
菊地信之 --- 松澤一之
 …クイーンレコードの大物社員。
ダイチクマネージャーA --- ノッチ
講談師 --- 一龍斎貞水
倉田良平 --- 松永博史
 …並木路子のマネージャー。
警備員 --- 鈴之助
 …現代パートの「紅白歌合戦」会場警備員。
ロバーツ --- ブレイク・クロフォード
スミス --- ボブ・ワーリー
村木伸一 --- 山口哲史
村木陽子 --- 石井心咲


【スタッフ】
作 : 尾崎将也
音楽 : 遠藤浩二
制作統括 : 三鬼一希(NHK)
演出 : 堀切園健太郎(NHK)
==============================

公式サイト:http://www.nhk.or.jp/dsp/kohaku/index.html



スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ ウロボロス〜この愛こそ、正義。 最終回

2015,3,20 放映 TBS系列

ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』第10話(最終回) 感想

バッドエンドではありますが、これまでの展開からして至極納得の最終話。
最後の最後に「なんでやねん!!」とテレビをドツキタくなった「◯◯妻」
とはエラい違いです。


原作の漫画は、まだ連載中で本作のラストはドラマオリジナル。製作サイド
はこのラストを当初から決めていたそうですが、果たして原作ではどのよう
なラストになるんでしょうね。読んでみたくなりました。


ストーリーは正直言って荒唐無稽ですが、何よりも各個のキャラが立ってい
たのが本作の強みでした。まずは原作のチカラが大きいですが、演じた俳優
陣も良かったと思います。主役二人はベストの配役と思える適役でしたし、
上野樹里は「江」以来続く低迷を抜け出せそうです。脇を固めるおじさんた
ちも、いい味出しまくり。
中年トリオプラス1。エピローグのオムライスは妙に可笑しくて泣かせる、
隠れた名シーンになったと思います。


本作は、ジャンルでいうと「復讐もの」になると重います。古典的なジャン
ルですが、本作も「愛した人は仇の娘」とか「追い詰めた仇は肉親だった」
とか、歌舞伎や浄瑠璃やオペラとかにもよくありそうなエピがありました。
因縁・因果は巡り巡って……というのは古今東西好まれる題材なんですね。
ここは「ありふれてる」とは思わず、「王道」だと思いましょう(笑)。

「私は君の父親だよ」といってイクオに手を差し伸べる北川。
このシーンに、ダースベイダーとルークを思い起こした人多数なのは間違い
あるまい(笑)。てか創り手も意識したよね、絶対。


数奇な運命に振り回された、二人の男の物語。
すべて終わった時、人の道を外れて生きて来たと自覚しているイクオには、
竜哉がいない現世など生き続ける意味がなかったのでしょう。復讐のためと
はいえ、警官でありながら多くの罪を犯して来たイクオ。やはり、この決着
しかなかったように思えます。納得のバッドエンドでした。いや、考えよう
によっては、決してバッドではないのかも。。。

ところで蝶野、最後にまほろばで何と言ったんでしょうね。
「バカ野郎、…………」って感じに思えましたが、見直しても分からず。
わかった人、います?


なお本作では、主演の生田斗真と小栗旬、さらにムロツヨシが撮影の裏話を
副音声放送で披露する企画「ウラバラス」が第5話から実施されたそうです。
当初は5話、6話のみの予定だったが、好評だったため8話以降も行われた
とのこと。
私は聞くことはなかったですが、出演している俳優さん推しでドラマに注目
している人には興味深い試み。こういうのもドンドン企画してやればいいと
思います。




【 ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』 主なキャスト 】

龍崎 イクオ --- 生田斗真(幼少期:南出凌嘉)
 …新宿第二警察署刑事課、4話からは警視庁捜査一課に配属。普段は頼りなさそう
  で冴えない刑事を装うが、実は常人離れした身体能力を持つ。仲間思いの優しい
  性格だが、悪人には容赦ない。孤児で児童養護施設「まほろば」にて段野竜哉と
  共に暮らしていたが、家族のように慕っていた結子先生が殺され、その事件は闇
  に葬られた。以後、竜哉と共に復讐を誓う。
段野 竜哉 --- 小栗旬[6](幼少期:小林喜日)
 …我孫子会系三次団体・松江組の若頭。常に冷静でクールなインテリヤクザ。龍崎
  イクオの幼なじみであり、彼が担当する事件を闇社会から調査して情報を提供し
  ている。結子の死の真相を解明し復讐を果たすため、イクオと協同して表と裏か
  ら20年前の事件を探り続ける。
日比野 美月 --- 上野樹里(幼少期:石井香帆)
 …新宿第二警察署刑事課、後に警視庁捜査一課に配属。イクオとコンビを組む相棒。
  父の日比野圀彦は警視庁警務部監察課のの首席監察官で、美月自身も東大出身の
  キャリア。父との関係はあまり上手くいってない。
 
▼新宿第二警察署
三島 薫 --- 吉田鋼太郎
 …刑事課課長。新宿第二警察署時代のイクオの上司。
蔵 直太郎 --- 森下能幸
神取 一馬 --- 馬場徹

▼新宿第一警察署
蝶野 真一 --- 滝藤賢一
 …新宿第一警察署刑事課。第二署を「二番手さん」と下に見ている。嫌味な発言多。
東海林 太郎 --- 浜田学

▼警視庁
橘 都美子 --- 吉田羊
 …警視庁捜査一課管理官。キャリア出身だが、かつては三島の部下として多くの犯
  罪者を検挙してきた。冷静な判断力を持つ女警視。日比野圀彦の腹心である。
田村 小夏 --- 清野菜名
 …警視庁人事課所属。小柄で若く見えるが、階級も年齢もイクオより上。自称・警
  視庁随一の情報通。日比野監察官の熱烈なファン。
日比野 圀彦 --- 光石研
 …警視庁警務部の首席監察官。美月の父。誰に対しても人当たりは良いが、警察の
  腐敗を断つためには非情な采配をとる。金時計を持つ。
聖 由起人 --- 野村将希
 …警視庁副総監。金時計を持つ。
忍足 浩二 --- モロ師岡
 …警視庁警備局警備企画課 ゼロ所属。我那覇とコンビを組む。
我那覇 守 --- 山口祥行
 …警視庁警備局警備企画課 ゼロ所属。タフで暴力性が強い。
鷲尾 啓 --- 堀部圭亮
 …警視庁捜査一課管理官。副総監派。
基 曜子 --- 篠原ともえ
 …警視庁・科学捜査研究所に所属。ウロボロスのネックレスを調べた。
北川 貴一郎 --- 中村橋之助
 …警視総監。イクオと竜哉の運命を翻弄し、揺さぶる人物。金時計を持つ。

▼我孫子会系松江組
深町 武 --- ムロツヨシ
 …松江組で、竜哉の腹心。竜哉を常に支え、慕っている。
我孫子 桐乃 --- 武田久美子
 …我孫子会会長夫人。現在の我孫子会の実質的権力者。

▼新宿キッチン
真島 了 --- 渋川清彦
 …「新宿キッチン」のマスター。おすすめはオムライス。
御手洗 カオル --- 平田薫
 …「新宿キッチン」の店員。
 
▼その他
柏葉 結子 --- 広末涼子
 …児童養護施設「まほろば」でイクオや竜哉たちを世話していた。竜哉やイクオに
  とってかけがえのない家族と呼ぶべき存在だったが、20年前にまほろばにて射殺
  される。
北川貴博 --- 泉澤祐希
 …警視総監北川貴一郎の息子。
那智 聡介 --- 綾野剛
 …フリーライター。まほろばでイクオと竜哉とは幼馴染み。行方不明の妹・日菜子
  を探し続けている。「シスコンの聡介」。
ジーザス御子柴 --- 田中要次
 …裏社会に詳しいフリーライター。竜哉の依頼で金時計組を調べていた。
劉 宗鉉 --- 山本學
 …闇医者。
桂田 剛夫 --- デビット伊東
 …ハイジマコーポレーションの社長。
湯浅 敬一 --- 康すおん
 …20年前に結子先生を襲った4人組の一人。現在、ホームレスをしていた。


【スタッフ】
原作:神崎裕也『ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ』(パンチコミックス/新潮社刊)
脚本:古家和尚
音楽:木村秀彬
主題歌:嵐「Sakura」
演出:石井康晴(1,2,3,6,7,9,10)、山室大輔(4,5)、池田克彦(8)
企画:那須田淳
プロデューサー:佐野亜裕美
製作著作:TBS
=========================

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/OUROBOROS/



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ LIVE! LOVE! SING! 〜生きて愛して歌うこと〜

2015,3,10 放映 NHK総合

特集ドラマ『LIVE! LOVE! SING! 〜生きて愛して歌うこと〜』 感想

演出は「その街のこども」「あまちゃん」の井上剛。
脚本は「ラジオ」の一色伸幸。
音楽は「その街のこども」「あまちゃん」で井上とタッグを組んだ大友良英。

この布陣でハズレるわけがない。
凄いドラマとなりました。
井上剛演出と知らず、何気に低画質で録画したことを後悔。。。
一週間前には、このドラマのメイキングドキュメンタリーが放送されていた
そうで。7日には再放送もしたそう。ウワワ…見逃した……後悔。


観ている内に、特徴あるカメラワークと色調で井上演出だと確信。『その街
のこども』を思わせるロードムービーな展開で、即興的な、でも画面設計は
ちゃんと計算されている演出は健在です。
『スタンド・バイ・ミー』を連想した人も多いのでは。

本作は、やさしくオブラートに包まれてたりしません。
内角いっぱいにグイグイ攻めてくる。トゲを隠すことなく。
「ながら見」なんて出来ないドラマです。

あれから4年。まだ4年。この経過した時間の短さが、そして福島が舞台であ
ることが「トゲ」にならざるを得ないんでしょう。



「富波町の被害って、神戸みたいにチャラくない!」

「こいづ、被曝すればいい」
「その冗談、ここならでは(笑)」

「こごは 日本から捨てらっちゃんだよ」

「いつになったら終わんのやろな、震災ってな…」

「あたしたちにしか見えない景色がある」


生半可な思いでは、こんなセリフを書けないと思います。扇情的ではなく、
上滑りに終わることも無い。しっかりと登場人物の言葉となっていました。

若い出演者たちが皆、素晴らしい演技を見せてます。赤髪の子、木下百花は
NMBの子ですね。関西ローカルで観た覚え有り。いろいろとアイドルらしか
らぬオモロイ子です。清春先生役は日経CMの田中電子版だ(笑)。

脇役のともさかりえ、南果歩、中村獅童もお見事。海岸シーンでのともさか
は神がかってた。
但し、福島弁の再現度は不明。地元の方には不満かも知れませんね(笑)。



印象的なシーンの一つに祭の幻視シーンがありますが、ここで使われる歌
「GIGつもり」が傑作。作詞は脚本家、作曲は「暦の上ではディセンバー」
「潮騒のメモリー」の大友良英とSachiko Mのコンビ。
植木等などの昭和歌謡に通じる、底抜けに楽観的な楽曲で嫌なこと、つらい
ことを吹き飛ばそうとする力強さを感じました。ぜひフルコーラスで聞いて
みたいな。「みんなのうた」に採用強く希望。


クライマックスも素晴らしかった。朝海がタイムカプセルに入れてたモノは、
空のガチャポン。そこには、その時の小学校の教室の空気が詰められていた。
屋上に駆け上がり、そのガチャポンカプセルを開放する。「あの頃」の空気
が「今」の福島のそらに広がって行く。

あのカプセルが「コスモクリーナーD」の様に見えた。
あるいは、「パンドラの箱」なのかも。最後に残っていた「希望」を、朝海
が解き放った。
苦しくて悩み続けているけれども、その後に希望や決意を感じ取れる、心に
残るシーンでした。





地震からの復興。津波からの復興。
多くの困難はありますが、これらはきっと成し遂げられる。
しかし、福島の原発事故という、人災からの復興。
これは他の地域とは違う困難な課題が山積みです。

痛みも怒りも哀しみも、どうしようもない絶望も無常感も、中々消えはしない。
福島人の思いを、ヨソモノの私たちが全て理解することも中々出来ないだろう。

でも、仲間で分かち合えたら、少しは楽になるだろう。
ヨソモノで分からなくても、寄り添って感じ取ることは出来るだろう。

生きて、愛して、歌うこと。

いろんなことの、きっかけになるドラマだと思いました。



「その街のこども」や「ラジオ」のように、幅広く受け入れられる作品では
無いかも知れません。あちこち荒々しく、トゲもあります。福島の被災した
方々の一部からは反発があるかも。充分に予想できます。
でも決して、完成度が低いとは思いません。
ドラマというフィクションが持つ力と可能性を感じ取られる、存在感のある
作品です。


なお、神戸と福島では、未公開部分を加えた100分の特別編集版(オリジナル
は74分)を、3月15日(日)13:05〜に放映されるとのこと。
うーん、うらやましい。うらやましすぎる!
そんなケチなこと言わず、ぜひ全国でロングバージョンも放映して頂きたい
ものです。ドキュメント版も、是非また再放送を!


【 ドラマ『LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと~』キャスト 】

水島朝海(みずしま あさみ) --- 石井杏奈(E-girls)〈小学6年生時 --涼凪〉
 …福島県富波町出身。震災後、神戸に在住。活発。やや情緒不安定。
橘 香雅里(たちばな かがり) --- 木下百花(NMB48)
 …震災後、横浜在住。髪を赤く染め、ピアスだらけのギャルメイク。
佐藤 勝 --- 柾木玲弥
 …震災後、神戸在住。いつもヘッドホンを付け、影薄く大人しい。
渡辺本気(わたなべ まじ)前田航基(まえだまえだ)
 …二本松在住の元農家。皆を呼び寄せ、シャベル背負って待っていた。
岡里清春 --- 渡辺大知(黒猫チェルシー)
 …神戸の女子校教師。25歳。合唱部顧問。朝海と恋愛関係にある。

ゲートの警備員 --- 皆川猿時
お祭りの歌手 --- 二階堂和美
アスカさんの彼氏 --- 津田寛治
アスカさん --- ともさかりえ
 …富波町で小さなクラブを経営。彼氏はDJをしていた。
岡里ミドリ --- 南果歩
 …岡里清春の母。喫茶店経営。20年前の阪神大震災で息子(清春の兄)を失う。
モーさん --- 中村獅童
 …避難指示区域に残された牛の世話を続ける酪農家。

【スタッフ】
[作] 一色伸幸
[演出] 井上剛    
[音楽] 大友良英、Sachiko M  
[挿入歌] 「しあわせ運べるように」作詞・作曲:臼井 真
[制作統括] 内藤愼介、京田光広
============================

公式サイト http://www.nhk.or.jp/livelovesing/


【当ブログ内関連記事】

ドラマ その街のこども

特集ドラマ ラジオ

朝ドラ あまちゃん 第23週

ドラマ キルトの家



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。