TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 〇〇妻 第2話

15,1,21 放映 日テレ系列

水曜ドラマ『〇〇妻』第2話 感想

1話ラストで出て行ったひかりが、また正純のところに戻るまでが描かれた
この第2話。1話に比べるとちょっと物足りなかった感じ。

主人公のひかりが、もっとミステリアスな方向にホップステップするかなと
思っていたけど、案外に発展せず。それに主役のひかり、カプセルホテルで
ただ寝ているだけのシーンが多いし、どっちみち正純のところへ帰ってくる
のは分かりきってるし、そんな感じで今イチ盛り上がりに欠けた印象であり
ました。

もっとひかりの謎めいたキャラを前面に押し出せばいいのにと思うのですが、
そうすると、あの「ミタ」に似た印象を与えてしまうのを避けようとしてい
るのかな?
「女王」や「ミタ」のように、主人公のミステリアスさ全開な演出を今回は
しない、ということでしょうか。。。


ひかりが抱えてる秘密…ですが、この2話を見ていて気付いたのが、ひかり
の服がいつもボーダーであること。1話を見直してもやはりいつもボーダー
でした。

ボーダー、といえば囚人服を連想させます。また、ひかりが林檎を持ってい
るシーンが再三登場しますが、林檎とはアダムとイブの話から「罪の象徴」
として語られるもの。

これは、ひかりが過去に罪を犯した、ということを暗示させているのかも。
それがどんな罪なのかは分かりませんが、正純に「あなたは一生光を浴びて
いかなきゃいけない人」と言っていました。自分が法的に妻となれば、その
光にスキャンダルなどで影を与えてしまう。そういう思いがあるのかも……
と想像しました。

ボーダーの件、検索してみると既に1話の時点で気付いている方も多かった
ようで。皆さん鋭いですねー。

とりあえず、ひかりは超能力者とかのぶっ飛んだ設定ではなさそうです。そ
んなんでも面白そうですけどね(笑)。

ちなみに林檎ですが、罪を表すと同時に「愛のシンボル」でもあります。
そのあたり、いろいろ意味を持たせていそう。


もっとミステリアスなノリを予想・期待していた私にとってはちょっと普通
で残念な展開ですが、まだ始まったばかり。まだまだ今後に期待します。





【「○○妻」第2話 キャスト 】

▼久保田家
ひかり --- 柴咲コウ
 …正純の妻。家事を完璧にこなし、夫のために全てを捧げる人生を送る。実は
  正純との婚姻届を提出していない。3年毎に契約書を交わしている。
久保田 正純(42) --- 東山紀之
 …News Lifeキャスター。熱い志を持って仕事に取り組んでいる。
 
久保田 作太郎(75) --- 平泉成
 …正純の父。家族には傲岸不遜な態度。脳梗塞で倒れ、意識不明に。
久保田 仁美(77) --- 岩本多代
 …正純の母。夫の借金で自宅を手放すことになり、正純の家に住むことに。
河西 美登利(47) --- 渡辺真起子
 …正純の姉。久保田家長女。言いたいことはズケズケ言う。
久保田 実結(44) --- 奥貫薫
 …正純の姉。久保田家次女。転職を繰り返している。
河西 大輝(13) --- 浦上晟周
 …美登利の息子。中学生。中学受験に失敗し、厭世的な態度を取る。
河西 成美(5) --- 平澤宏々路
 …美登利の娘。小学校受験を控える利発な子。

▼報道番組「News Life」関係者
板垣 雅己(32) --- 城田優
 …プロデューサー。正純の良きパートナー。恐妻家で子煩悩。
風谷 愛(25) --- 蓮佛美沙子
 …新たにチームに加わった新人女子アナウンサー。正純を尊敬している。
岸 伸一 --- 中林大樹 …ディレクター。
竹下 橙子 --- Sharo …AD。
三木 武 --- 木戸邑弥 …AD。
伊藤 --- 落合萌 …タイムキーパー。
ヘアメイク ---朝比奈加奈

▼その他
井納 千春(54) --- 黒木瞳
 …ひかりの母。ひかりの過去を知る唯一の存在。ひかりは嫌悪している。
タクシーの運転手 --- 太川陽介
吉田 繁子 ---柳谷ユカ …正純とテレビ対談した女性。女性を守る会代表。
CMの子役 --- 鈴木福
 …ドラマ内で流れるお線香のテレビCMに出演。


【 スタッフ 】
脚本 ---遊川和彦
音楽 --- 池頼広
主題歌 --- 椎名林檎「至上の人生」
チーフプロデューサー --- 伊藤響
プロデューサー --- 大平太、福井宏、太田雅晴
演出 --- 猪股隆一[1,2話]、日暮謙、鈴木勇馬
制作協力 --- 5年D組
製作著作 --- 日本テレビ
==============================


『◯◯妻』第1話へ


スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ ORANGE 〜1.17命懸けで闘った消防士の魂の物語〜

15,1,19 放映 TBS系列

SPドラマ『ORANGE 〜1.17命懸けで闘った消防士の魂の物語〜』感想

宇田学が主宰する神戸の劇団「PEOPLE PURPLE」にて2004年に初演された
『ORANGE』。この作品は脚本の宇田が阪神淡路大震災当時、実際に救助に
あたった100人以上の消防関係者に取材し、そのリアルを元に作られました。
舞台は好評を博し再演を重ね、ついにドラマ化。

特徴は、その他の震災関連のドラマは震災そのものを描くのではなく、その
後を描くものが殆どであるのに対し、本作品は現在が舞台ではありますが、
「あの時」をそれなりの時間を割いて映像化していること。

取材を元に書かれただけあって、あの日、何があったのか。何が起こったの
か。その描写は容赦がありません。オレンジを着るための救助課程を受ける
若手に、杉本哲太扮する桜井中隊長が「今から話す話に誇張は無い。全て、
ありのままの事実や」と前置きしてから体験談を語る、その回想シーン。人
によっては、目を背けたくなったかも。
「やるなら、中途半端に描くな」そう取材した方々に言われたそうですが、
やはり、当時の回想シーンこそ、この作品の肝、となるものとなりました。


あの震災時、断水により殆どの消火栓が使用不能となり、消火活動に大きく
支障が出ました。テレビのニュースで消防の偉いさんがマイクを突きつけら
れ、「大砲があっても弾が無けりゃなんにも出来んのです」と苦悩の表情で
絞り出すように答えていたことを今も覚えています。
為す術も無く、炎の前で立ち尽くす消防士の写真も見た記憶が。

「その時」の為に厳しい訓練を重ねて来た。人々を救う為の技能も、闘志も
持ち合わせている。しかし、あまりに規模が大き過ぎた。水が無い。人手が
足りない。現場の消防官の苦悩と絶望は如何ばかりであったか。

「命の選択」を迫られた消防士に投げつけられる心ない言葉。肉親を、隣人
を救い出したい一心で、半ばパニック状態であったことは理解出来ますが、
あまりにむごいその言葉。

ああいう出来事が本当にあったんでしょうね。目を背けること無く、こうい
うこともあったんだと描いた勇気、その誠実さに拍手。



主演の上川隆也、やはり上手いですね。安心の熱演。ただ、少し太った?
気のせいかアゴの周りが昔よりふっくらしてるような…(笑)。

その小日向の後輩、山倉に工藤阿須加。『ルーズベルト・ゲーム』に続いて
一所懸命な若者を好演。あのプロ野球の工藤監督の息子なんて前書きはもう
不要ですね。

盛岡から来た女性消防士に秋元才加。その眼力、ガタイの良さで消防士とし
ての説得力は文句無し。各所から絶賛の腹筋はご披露されませんでした(笑)。

オレンジの一人、楢崎を演じた音尾琢真が舞台では主役だそうです。テレビ
は主役はネームバリューがないと無理か…。でもでも難しい役を好演されて
ました。

全体的に、言葉が神戸らしくなかったのが残念。「〜しとぅ」とかね。神戸
弁ネイティブがいて欲しかったなあ。あ、被災者の「ダボがぁ!」は強烈で
した(笑)。他地域の方にも察しはつくとは思いますが、「ダボ」とは「アホ」
「ボケ」と同じ罵倒語です。


脚本の宇田学は、昨秋のNHKドラマ『ボーダーライン』で大阪を舞台に消防
隊員を描いていました。この『ORANGE』舞台脚本を書く上で多くの消防士
に出会ったことが、あの作品にも役立ったのでしょうね。

こういう作品が、消防士の活動への理解、防災意識の向上につながることで
しょう。また、きっと「俺も(私も)消防士になる!」と決意する十代若者
もいるのでは。それだけの力を持った作品だと思いました。





番組公式サイト:http://www.tbs.co.jp/orange2015/

「救いたくても救えなかった」消防士の無念:東洋経済オンライン
脚本の宇田学による記事。



【『テレビ未来遺産 ORANGE 〜1.17命懸けで闘った消防士の魂の物語』キャスト】

小日向雄治 ---上川隆也
 …神戸市消防局湊山消防署の専任救助隊(レスキュー隊)機関員。新米消防士だっ
  た阪神大震災の現場で、目の前の被災者を助けられなかった経験から、命を守
  ることに誰よりも熱く取り組んでいる。
山倉隆志 --- 工藤阿須加
 …湊山消防署の消防士。東京で別の仕事をしていたが、東日本大震災をきっかけ
  に地元神戸に戻り転職、消防士になる。まず理論的に考えてから行動するタイ
  プで小日向とは対照的。幼年時に被災、親友を亡くしている。
木村優子 --- 谷村美月
 …山倉の婚約者。銀行勤めのOL。
雪村華 ---秋元才加
 …岩手県盛岡の女性消防士。東日本大震災の現場で小日向と出会い、その縁で
  神戸市消防局へ訓練を受けにきた。
小日向夏希 ---板谷由夏
 …小日向雄治の妻。元救命士で現在は消防局の本部勤務。
山倉亜紀 ---小池栄子
 …山倉隆志の姉。湊山消防署の消防隊・機関員。小日向とは同期である。
楢崎克彦 ---音尾琢真
 …小日向とは同期の湊山消防署レスキュー隊員。
高橋英二 ---三上市朗
 …小日向とは同期の湊山消防署レスキュー隊小隊長。
内藤聡 ---和泉崇司
 …レスキュー隊員。
伊藤香織 ---倍賞美津子
 …花屋を一人で切り盛りする婦人。震災にて倒壊家屋の下敷きとなる。
伊藤 ---須田邦裕
 …香織の息子。震災時は東京で大学留年。母の死後、神戸に戻り花屋を継ぐ。
桜井祐司 ---杉本哲太
 …神戸市消防局湊山消防署の中隊長。震災にて妻と3歳の娘を亡くすが、自らの
  任務を優先し、妻子の遺体と対面したのは3日後のことだった。

【スタッフ】
脚本:宇田学
音楽:木村秀彬
主題歌:福山雅治「暁」
演出:渡瀬暁彦
プロデュース:佐野亜裕美
監修・協力:神戸市消防局
製作著作:TBS
================================


【関連過去記事】
ドラマ ボーダーライン 第5話

ドラマ 神戸新聞の7日間




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

あれから20年

19950117054652
早いもので、阪神淡路大震災から20年が経ちました。もうそんなにも経った
のか…と感慨深いものもあります。節目の年ということもあり、例年よりも
多くの関連番組が各局より放映されていました。11日深夜には、当ブログで
は傑作認定の『その街のこども』も再放送されていましたね。
当ブログでは、17日に放映された以下の3本を取り上げて感想を。



●『二十歳と一匹』
2015,1,17 放映 NHK総合

「暗がりにぽかっと穴があいて、なんでかでっかいべロが出てきて顔をなめ
 られる...。それが僕の人生の、最初の記憶」
震災で両親を失い、自らは瓦礫の中から犬が助けてくれた。そして20年後、
ふとした偶然から災害救助犬のハンドラーを目指すことになる……。

災害救助犬のハンドラーが、はたして経験も知識も資格もないニーチャンに
務まるのかい? という疑問が大前提にありますが、誠実に作られたドラマ
だったと思います。

20年経って、阪神大震災を知らない世代が大人になろうとしています。過去
の出来事、もはや歴史やから……と切り捨ててしまうのは残念な話。地域の
住民なら、語り継いでいって欲しいし、何があったのか、何が行われなかっ
たのか、何をすべきだったのか。あの出来事から学ぶことで、未来に繋がる
何かもあるはず。

失業したけど、すぐに仕事見つかってラッキー。次の仕事が見つかるまでの
つなぎになればええわ。……そんなノリでハンドラーになった主人公が、命
を救う仕事に意義とやりがいを見つけ、本気で取り組むまでを描いた本作品。
「震災後の世代」が主役なので、直接大震災を描いた悲劇的なシーンや辛い
シーンはありません。それでも充分に、阪神大震災を描いたドラマ、として
機能していました。

もう一人(一匹)の主人公、キューがまた上手い! その表情がいいんだな
これが。ラブラドールが好きな方にはたまらないのでは。

そんなキュー君に押され気味な菅田将暉、大阪出身ということで神戸弁では
なかったですが、関西のコ、って感じはよく出てました。
「ウッソーン」これね、けっこう言いますもんねー(笑)。


脚本の岡本貴也は、演劇にて【舞台|阪神淡路大震災】を作・演出し、高い
評価を受けた方。昨年はNHKの『銀二貫』の脚本も担当。あれも江戸時代の
大坂を描いた良い作品でした。
演劇活動を行い、舞台で阪神大震災を扱った作品を作・演出し、現在は映画
・ドラマの脚本でも活躍……という経歴は昨年のNHKドラマ「ボーダーライ
ン」の脚本家・宇田学と共通していますね。
ちなみに宇田学が阪神大震災を扱った演劇作品『ORANGE』がドラマ化され
ており、この1月19日に放映されます。こちらも楽しみ。


【 『二十歳と一匹』キャスト 】

藤原理人(りひと) --- 菅田将暉
 …失業と偶然の出会いがきっかけで災害救助犬のNPOで働き始める。
馬場昭夫 --- 本田博太郎 …NPOレスキュードッグ協会所長。
木下サラ --- 足立梨花 …災害救助犬ハンドラー
蒔田剛 --- 高橋努 …災害救助犬ハンドラー
谷本空雄 --- 桐山照史 …理人の友人
紳士 --- 堀内正美 …理人の祖父・弘の作る紳士靴を愛用する常連客。
藤原富美子 --- 風吹ジュン …理人の祖母。
藤原弘 --- 小林薫 …理人の祖父。靴職人。

【スタッフ】
脚本:岡本貴也
音楽:松永貴志
演出:盆子原誠
製作統括:岡本幸江




●『神戸在住』
2015,1,17 放映 サンテレビ

あのサンテレビがドラマ制作した! って個人的にはビックリ。
原作は昔、アフタヌーンに連載されていたマンガ。大ベストセラーとは言え
ませんが、一部で高い人気を持つ作品です。私は残念ながら未読。

ただ、原作は震災から数年後を描いているのに対し、本作品では現在を描い
ており、また原作は全10巻ということで、かなりの改変がなされている模様。

作中でも震災に関するエピソードは出ては来ますが、ほんの僅か味付け程度。
現在を生きる女子大生の青春物語で、震災は拍子抜けするほど薄い扱いでし
た。神戸が舞台なら、もう少し関連エピを加えてもよかったように思います。
あえて、震災話にふる分量を減らしたんでしょうけど。。。

震災体験の有無。これが東京出身の主人公と、周囲の友人との間の微妙な違
和感、心理的な壁。そういったものにつながる……原作では、そんな描写に
なっていたのではと想像。しかしドラマでは、皆が震災後世代ですからそう
はなりません、単に、ノーガード戦法で気さくに無作法に、他人の懐に入り
こんでくる関西のノリに戸惑う主人公、といった扱い。
せっかく神戸が舞台なら、もうひと工夫あっても良かったように感じられま
した。映像的には、美しい神戸の街並を充分に描けていると思います。


なお、このドラマ(本編77分)の放映日と同じくして映画版(本編96分)が
公開されました。ドラマ版では主人公・辰木桂の一人称視点だったのに対し、
映画版は桂と友人たち3人を加えた4人の視線で神戸を捉えるように描かれて
いるそうです。



【 ドラマ『神戸在住』キャスト 】

辰木桂 --- 藤本泉
 …主人公。神戸の大学で美術科課程に学ぶ。東京出身。控え目・内気な性格。
日和洋次 - 菅原永二 …桂の尊敬するイラストレーター。車椅子を用いる。
泉海洋子 --- 浦浜アリサ …桂の友人。モデルの仕事もしている。
鈴木タカ美 --- 松永渚 …桂の友人。明るいムードメーカー。
金城和歌子 - 柳田小百合 …桂の友人。婚約者(林浩)がいる。
小西健 --- 松尾貴史 …喫茶店のマスター。
合田和名 --- 田中美里(友情出演) …日和の画廊を手伝う女性
早坂兵衛 --- 仁科貴 …日和の画廊を手伝う。聴覚障害者。
辰木さなえ - 愛華みれ …桂の母。
武内真弓 --- 竹下景子 …東遊園地のベンチで桂が出会う女性。

【スタッフ】
監督:白羽弥仁
原作:木村紺 『神戸在住』 講談社〈アフタヌーンKC〉
脚本:安田真奈
音楽:妹尾武
主題歌:宮崎奈穂子「あのとき」
製作総指揮:朝日義治
製作:サンテレビ






●『「満月の夕」~震災が紡いだ歌の20年~』
2015,1,17 放映 NHK総合

ドラマではありませんが、素晴らしいプログラムでしたので。

間違いなく、名曲、と言い切れる『満月の夕(ゆうべ)』。
この歌の成り立ちを紹介し、歌を巡る20年の歳月を見つめたドキュメンタリ。


阪神淡路大震災をきっかけに中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)と山口
洋(HEATWAVE)によって共作されたこの歌には、2つの歌詞が存在します。

共作の曲は製作中途で留め置かれたまま、中川は神戸の避難所にボランティ
アで通い歌っていた。中川はそこで見た被災地、被災者の姿からインスピレ
ーションを得て、残りの部分を書き上げ、いわばフライングで被災地にて歌
い始める。山口からすれば「それ反則だろ」というところだが、彼は現場の
状況からすればやむを得ないところがある、と理解を示す。

だが、自分がその中川版をそのまま歌うのには、ためらいがあった。

山口「あの時の日本人は、「実際行動した人」と「心を痛めながらもテレビ
 を見ることしか出来なかった人」の2種類だと思うんですね。僕はどちらか
 というと後者のタイプで。ならば、少し距離を離れていろんなことを見て
 いた、テレビを見ていた立場に近い方から、僕は歌詞を書いた」


こうして、ソウル・フラワー・ユニオン版(SFU版)とヒートウェイヴ版の、
2つの「満月の夕」が生まれることになったのです。



どちらも素晴らしい歌詞。優劣はつけようがありません。ですが、私が初め
て聞いたのがヒートウェイブ版なんで、どうしても私はヒートウェイブ版が
好きですね。SFU版の方が知られているようですが。

私が大阪であの地震を体験し、被災した会社の先輩宅へ原付で何日か通った
ことは以前当ブログの『未来は今 10years old, 14years after』の記事にて
書かせて頂きました。
ですが、その後は特に何か出来る訳では無く、5月には福岡に転勤。しばら
くは無茶苦茶忙しく、仕事に追われていました。やっと一息継いで、余裕が
出来たのは秋頃。大阪へのセンチメンタルな気持ちも生まれたそんな頃に、
カーラジオから流れるFMで「満月の夕」ヒートウェイブ版を聞きました。

もう号泣です(笑)。マジ泣きボロ泣き。
運転しながらのボロ泣きで「アカンアカン、事故る事故る」と必死に九州自
動車道を走っていたのを覚えています。
自分は所詮被災地の方々からすれば、よそものです。ですが神戸で見聞きし
たこと。その時の思い。少しでも手助け出来た。あれだけしか手助け出来な
かった。もっと何か出来なかったのか。etc…
いろんな思いと記憶が蘇り、泣けて泣けてたまりませんでした。
この歌と宇崎竜童の「ある風景」は、あの頃にカーFMで聞いてエラい目に
あった名曲です。。。



番組内では、この曲をカバーしたアーティスト達も紹介。そして神戸だけで
なく、東日本大震災の被災者にもこの曲が広まっていったことが語られます。

印象的だったのは、泣くことを忘れた日々を過ごしていたが、この歌のおか
げで泣くことが出来た… という被災者の方の声が、神戸でも東北でもあっ
たこと。音楽と詩が人の心に作用する、その力の素晴らしさ。

あと「この歌を歌うにはもの凄いエネルギーがいる」として半ば封印状態で
あった山口洋が、3,11を経てまた歌うようになったこと。
知らなかったなあ。何かふっ切れたのかな。よかった。


この歌を愛する方には必見のドキュメンタリーでした。ご存じない方は是非、
聞いてみて下さい。いい歌ですよ。


ヒートウェイブ版 歌詞

▼ヒートウェイブ版 曲




ソウル・フラワー・ユニオン版 歌詞&曲






テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ 〇〇妻 第1話

15,1,14 放映 日テレ系列

水曜ドラマ『〇〇妻』第1話 感想

タイトルに記号が入ると面倒ですね。◯◯妻、○○妻、まるまる妻、どう書け
ば一番検索し易いのか……。

芸能ゴシップ記事では、『家政婦のミタ』の続編を作りたがっていた制作側
に対し、松嶋菜々子が結局首を縦に振らず、代わりにこの『◯◯妻』の企画
が進められた、、、的なことが書かれていますが、それが事実かは不明。
まあ、確かに『ミタ』を思わせる要素があるドラマとなっております。

ただ、それを言うなら日テレで脚本・遊川和彦では『女王の教室』もあり、
この組み合わせでミステリアスな女性を描く三部作、とも言えるかも。

これまでに教師、家政婦ときて今度は「妻」。これまでの二作品と同じ様に、
主人公の過去に何かトラウマとなるような出来事があり、それが今の行動に
影響している……ということなのでしょうか。
その過去を知る人物として、1話ラストに黒木薫が登場。一体、どう絡んで
くるのか楽しみです。

主人公のひかり、服を畳みながら義母の寝ている姿を見て頬をつねるシーン
はやはり現在の幸せを噛みしめているのでしょう。正純の母を引き取ろうと
土下座してまで必死になるシーン、子供が欲しいと言う正純に答えようとし
ないシーンは共に、過去に自分の家族との不幸な出来事があったことを想像
させます。

気になるのは、ひかりが超能力者であるかのように思わせる演出。まるで、
人の心が読めるかのようですし、人ごみでのイヤーホンは筒井康隆の七瀬
を連想した人も多いのでは。


あと、別の意味で気になるのは東山クン。この演技は……(笑)。
わざと、あーいう感じに演じてるんでしょうけど、なんか浮いてるっていう
か、一人だけヘタッぴに見えて……(笑)。
今イチ、ひかりが己を殺してひたすら尽くそうとさせる対象に見えないのが
残念。


◯◯、に入るのはこの1話を観る限り、「契約」なんでしょうね。忍者でも
いい感じですが(笑)。ただ、ここに入りそうな言葉は2話以降にもいろいろ
出てくるんじゃないか、と予想もしています。

今後、どんな風に突飛な展開を見せてくれるのか。楽しみです。





【「◯◯妻」第1話 キャスト 】

▼久保田家
ひかり --- 柴咲コウ
 …正純の妻。家事を完璧にこなし、夫のために全てを捧げる人生を送る。実は
  正純との婚姻届を提出していない。3年毎に契約書を交わしている。
久保田 正純(42) --- 東山紀之
 …News Lifeキャスター。熱い志を持って仕事に取り組んでいる。
 
久保田 作太郎(75) --- 平泉成
 …正純の父。家族には傲岸不遜な態度。脳梗塞で倒れ、意識不明に。
久保田 仁美(77) --- 岩本多代
 …正純の母。夫の借金で自宅を手放すことになり、子供たちの家をたらい回しに。
河西 美登利(47) --- 渡辺真起子
 …正純の姉。久保田家長女。言いたいことはズケズケ言う。
久保田 実結(44) --- 奥貫薫
 …正純の姉。久保田家次女。転職を繰り返している。
河西 大輝(13) --- 浦上晟周
 …美登利の息子。中学生。中学受験に失敗し、厭世的な態度を取る。
河西 成美(5) --- 平澤宏々路
 …美登利の娘。小学校受験を控える利発な子。

▼報道番組「News Life」関係者
板垣 雅己(32) --- 城田優
 …プロデューサー。久保田の良きパートナー。恐妻家で子煩悩。
風谷 愛(25) --- 蓮佛美沙子
 …新たにチームに加わった新人女子アナウンサー。久保田を尊敬している。
岸 伸一 --- 中林大樹 …ディレクター。
竹下 橙子 --- Sharo …AD。
三木 武 --- 木戸邑弥 …AD。
伊藤 --- 落合萌 …タイムキーパー。
ヘアメイク ---朝比奈加奈

▼その他
井納 千春(54) --- 黒木瞳
 …ひかりの過去を知る唯一の存在。ひかりは嫌悪している。
丸山 純一 --- 小市慢太郎
 …ノーベル賞候補にもなった小説家。テレビ嫌いだがNews Life出演を了承する。
CMの子役 --- 鈴木福
 …ドラマ内で流れるお線香のテレビCMに出演。


【 スタッフ 】
脚本 ---遊川和彦
音楽 --- 池頼広
主題歌 --- 椎名林檎「至上の人生」
チーフプロデューサー --- 伊藤響
プロデューサー --- 大平太、福井宏、太田雅晴
演出 --- 猪股隆一[1話]、日暮謙、鈴木勇馬
制作協力 --- 5年D組
製作著作 --- 日本テレビ


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ オリエント急行殺人事件

2015/1/11,12 放映 フジテレビ系列

『オリエント急行殺人事件』第1夜、第2夜 感想

三谷幸喜脚本で豪華キャストによるドラマ化、ということで興味津々。それ
なりに楽しく視聴しましたが、残念不満なところもいくつか。原作ファン、
ポワロファンの方々は尚更かなりイライラもあったのでは。。。


原作は1934年に発表され、1974年にはシドニー・ルメット監督にて映画化
されている本作品。その奇抜で驚愕なラストのオチはあまりに有名で、あの
『猿の惑星』と並んで「観て(読んで)なくてもそのオチは知ってる」人が
多いであろう作品の代表例ではないでしょうか。

今回2夜連続放送されたテレビドラマ版は、舞台は昭和8年の日本に移され、
第1夜は原作に忠実に、そして第2夜は犯人がなぜ犯行に至ったか、どう犯行
を行ったかを描くオリジナルな展開。

日本版ポワロとして事件を解決するのは勝呂武尊(すぐろたける)なる名探偵。
これを野村萬斎が演じていますが、キャラクターが濃い濃い。

まあ過去の様々な映像作品に登場する名探偵は、特徴のあるキャラクターで
知られるものが多いのは確か。ですがさすがにオーバーアクトが過ぎるので
は。過去のポワロを演じたデヴィッド・スーシェやアルバート・フィニー、
更には吹替えの熊倉一雄などの雰囲気を取り入れた役作りだと思うのですが、
ちょっとヤリ過ぎ。普通の時代劇を演じてる中に志村のバカ殿がいる、とい
う例えは言い過ぎかもしれませんが、まあそんな感じ(笑)。

その他のキャラでは、安藤伯爵夫人役の杏が軽すぎるのも気になります。
世間知らずのお嬢様……という設定だからこそなのでしょうが、わがままで
能天気が過ぎるので、「あの悲劇」を本当に悲しんでいるのか疑問に思えて
来ます。


三谷幸喜は原作と74年の映画の大ファン、ということで、第1夜の原作に則
した展開は勿論のこと、第2夜のオリジナル要素の高い脚本をこそ、付け加
えて書いてみたかったんだろうと予測は出来ます。

しかし、三谷脚本のコメディタッチで軽妙なやりとりにドタバタもあり、と
いう特徴がこの復讐劇にはどうにもそぐわないように思いました。

人は5年もの間、陰鬱にひたすら耐え忍んで暮らしている訳では無い、仇討
ちをしようとする者でも、笑う時もあればぼやく時もあるさ。
それは理解出来ます。でも安藤伯爵夫人の様に根本から軽すぎるのは問題で
す。観ていてイラつくだけです。


結局のところ、この第2夜はそれなりに面白かったけれども、やはり物語と
しては正直言って野暮な蛇足だったと思います。物語は語りすぎてもいけな
い訳で。難しいねえ。

名探偵が導き出した驚愕の推理。でもそれが恐らくは真実なんだろうけど、
あくまでも推理であって仮説だよね、ということで最後のあの重役の選択も、
納得しやすくなるんです。それがハッキリと犯人たちの視点で事件を語り、
自白させてしまった。なので正義の復讐と言えど、見逃したことへの居心地
の悪さが生まれてしまったように感じられました。




「オリエント急行殺人事件」ドラマ公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/orientexpress/index.html


【 『オリエント急行殺人事件』キャスト 】

▼特急東洋の乗客・乗員
▼一等客室(一人部屋・6号室〜12号室)
勝呂 武尊(すぐろ たける)[6号室] --- 野村萬斎
 …主人公。名探偵。6号室は本来鉄道省重役の莫の部屋だったが、満席で手配
  出来なかった勝呂に莫が譲った。
羽鳥夫人[8号室] --- 富司純子
 …おしゃべりなマダム。名は典子。夜、部屋に男が侵入したと言い張り、金ボ
  タンが落ちていたと言う。
轟侯爵夫人(とどろき)[11号室] --- 草笛光子
 …毅然とした老貴婦人。名はナツ。メイドの昼出川を従えて全国を旅している。
  剛力大佐の妻・曽根子の名付け親。
安藤伯爵[9号室] --- 玉木宏
 …外交官。10号室とは続き部屋。
安藤伯爵夫人[10号室] --- 杏
 …安藤伯爵の妻。名は浪子(なみこ)だが、旅券では良子(りょうこ)となっている。
羽佐間 才助(はざま さいすけ)[12号室] --- 池松壮亮
 …万年筆の販売員だが実は藤堂に雇われた探偵だと名乗る。
藤堂 修(とうどう おさむ)[7号室] --- 佐藤浩市
 …実業家。殺人事件の被害者。5年前の剛力家令嬢誘拐殺人事件の犯人だが裁判
  で無罪となり、名前を変えていた。
  
▼二等客室(二人部屋・1号室〜5号室)
幕内 平太(まくうち へいた)[2号室] --- 二宮和也
 …藤堂の秘書。かつて慈善事業に関わり剛力曽根子と面識があった。
能登 巌(のと いわお)[5号室] --- 沢村一樹
 …陸軍大佐。犯行時間当時、幕内と彼の部屋で談話。パイプ愛好。
呉田 その子(くれた そのこ)[4号室] --- 八木亜希子
 …下関の教会で奉仕活動に従事する女性。気が弱い。藤堂の姿を最後に見た。
馬場 舞子(ばば まいこ)[4号室] --- 松嶋菜々子
 …家庭教師。東京在住。
保土田 民雄(ほとだ たみお)[1号室] --- 藤本隆宏
 …博多で輸入車の販売業。九州弁を話す。
益田 悦夫(ますだ えつお)[1号室] --- 小林隆
 …藤堂の執事。
昼出川 澄子(ひるでがわ すみこ)[3号室] --- 青木さやか
 …轟侯爵夫人のメイド。

▼その他乗客・乗員
莫(ばく) --- 高橋克実
 …鉄道省の重役。席の手配ができなかった勝呂に、自分の泊まる一等客室を譲り
  一般車両に移る。
須田 --- 笹野高史
 …外科医。遺体の検視を行い、乗客からの聞き取り情報を記録し勝呂の捜査を
  手助けする。
三木 武一(みき ぶいち) --- 西田敏行
 …「特急東洋」の車掌。

▼その他
清水 --- 深水元基 …藤堂の用心棒。
パインさん --- 山寺宏一 …喫茶店のマスター。


▼剛力家
剛力 曽根子(ごうりき そねこ) --- 吉瀬美智子
 …剛力大佐夫人。妊娠時に事件で娘を失ったショックで倒れ、死亡した。
剛力大佐(ごうりき たいさ) --- 石丸幹二
 …陸軍大佐。誘拐事件で娘を殺害された上、妻とお腹の子も失い、失意のうちに
  拳銃自殺する。
剛力 聖子(ごうりき せいこ) --- 小林星蘭
 …剛力大佐の娘。身代金目的誘拐事件の被害者で、殺害され発見される。
三木 小百合(みき さゆり) --- 黒木華
 …剛力家の小間使い。事件当初犯人と疑われ、無実を主張して警察署内で自殺。


【スタッフ】
原作:アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』
脚本:三谷幸喜
音楽:住友紀人
制作:大多亮、石原隆
演出:河野圭太
制作著作:フジテレビ


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。