TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ2、打ち上げ成功!

小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機が3日午後
1時22分4秒、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。探査
機は午後3時過ぎに予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。小惑星の
地下の物質を初めて採取し地球に持ち帰る計画で、生命の起源に迫る成果が
期待される。平成32年末の帰還を目指す。

はやぶさ2は、小惑星の物質を初めて採取し4年前に帰還した宇宙航空研究
開発機構(JAXA)の「はやぶさ」の後継機。今回は有機物や水が存在す
るとみられる別の小惑星「1999JU3」に向かう。
(略)

探査機は来年末に地球の引力を利用して加速し、30年夏に小惑星に到着。
1年半にわたり探査し、採取した微小な物質を帰還カプセルに入れて持ち帰
る。6年間の航行距離は約52億キロに及ぶ。
(後略)

==================================
はやぶさ2、打ち上げ成功 生命の起源に迫る:産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/141203/lif1412030035-n1.html



【関連ニュース記事】

小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」どう違うの?:THE PAGE
http://thepage.jp/detail/20141118-00000001-wordleaf

はやぶさ2:生命誕生、解明に挑む 水、有機物ある小惑星探査:毎日新聞
http://mainichi.jp/feature/news/20141125mog00m040999000c.html



はやぶさ2打ち上げ時の動画は以下のサイトで。空撮のH2Aが美しい!

小惑星探査機「はやぶさ2」、打ち上げ成功 正常に分離:朝日デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASGD3310NGD3TIPE003.html

はやぶさ2 H2Aロケットで打ち上げ:NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141203/t10013685041000.html

上空8000mからの“はやぶさ”映像:日本テレビ系(NNN)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20141203-00000054-nnn-soci



はやぶさ2が、地球スイングバイを経て小惑星「1999JU3」に向かう
軌道を俯瞰CGにて分かり易く紹介した動画。

「はやぶさ2」軌道シーケンスCG (俯瞰):YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=zI0SIvkJVzQ






はやぶさ2、無事に打ち上げ成功。まずはおめでとうございます。
早いもので、あの感動の「はやぶさ」帰還劇から4年も経ったのですねー。
先代の初号機は、数々のトラブルから不屈の闘志で蘇り、劇的な展開を見せ
てエンディングを迎えました。当ブログでも何本か記事を書かせて頂きまし
て、良き思い出となっております。
この初号機のドラマチックな旅は多くの人々の関心を呼び、宇宙開発やJAXA
へのイメージアップ広報としては、これ以上無いものになったと言えます。

しかし、本来はそんなドラマチックな旅の原因となったトラブルやアクシデ
ントは無いほうが当然良い訳で。
スタッフ・関係者の方々は、先代の盛り上がりに忸怩たる思い、と言っては
言い過ぎかもしれませんが、ちょっとばかし複雑な心境でもあったのでは。

今回の「はやぶさ2」の打ち上げには、TBS系の「ひるおび!」にて異例とも
言える枠がとられ、実況中継されていました。おかげで私も生でその瞬間を
観ることが出来ました。これも初号機の盛り上がりがあったからこそ。

ですが、今回はどうぞ何事も無く、無事に旅を終えて欲しいです。初号機は
「実験機」であり、今回の「はやぶさ2」こそが本番とも言えます。これを
完璧にこなせてこそ、日本の宇宙開発の実力を示すことが出来るでしょう。



ちなみに、今回は無事に済めば(笑)、大気圏突入にて燃え尽きることは無く、
太陽と地球のラグランジュポイント(重力が釣り合う地点)へ向かう予定。
ラグランジュ点は、将来的に宇宙大航海時代を迎えての「深宇宙港」となる
であろう場所。初号機もトラブルの無い平穏な航海を終えられていたなら、
向かっていたはずです。

ま、そんな先のことよりも。
打ち上げ成功に続き、予定の軌道への投入、太陽電池パネルの展開の成功を
伝えるニュースも確認。
次は、イオンエンジンの点火ですね。
今後の予定は、2015年末:地球スイングバイ……2018年6〜7月到着……
2019年12月頃:観測終了、復路出発……2020年12月頃:地球帰還
と、なっております。

期待してます、はやぶさ2!
お兄さんの魂を受け継ぎ、無事に還って来いよ!



20141203_hayabusa2_01.jpg

20141203_hayabusa2_02.jpg





スポンサーサイト

テーマ:宇宙 - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。