TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ BORDER 第9話

14,6,5 放映 テレビ朝日系列

ドラマ『BORDER』第9話(最終回)「越境」感想

なかなかのバッドエンド……。よく、「そして衝撃のラストが!」とか宣伝
しておいて、どこが衝撃やねん…。というのがありますが、このラストなら
充分に「衝撃」と言っていいでしょう。
観てるこちら側が予想は充分に出来るけども、そのエンドは連ドラでは普通
まずやらないであろう、という終わり方。それをやっちゃいました。

ま、サブタイが『越境』だったので、このラストの選択は当然と言えば当然
ではありました。


第7話の記事にて、
「この敗北が石川にどう影響を与えるのか。彼の戒めとなり、増長を防ぐこ
とになるのか。それとも、ますます正義が暴走していくのか」
と書きました。
結局、石川の正義は暴走してしまった。


絶対的な悪に対して、正義はどう立ち向かうのか。古くから様々な作品のモ
チーフとなっています。最近では『ダークナイト』が印象に残る作品。

絶対的な悪に勝つためには、絶対的な正義にならなくてはいけない。つまり、
コインの裏表になるということです。端から見れば、同じものになるという
ことです。


劇中、古田新太扮する情報屋・赤井のセリフ。

『ダークナイト』でも象徴的なキャラクター、トゥーフェイスがいました。
正義の仮面の裏に潜んでいた本質。 人間の善と悪、表裏一体の姿。

そして、バットマンは正義そのものにはならず、また正義を象徴する者とな
ることも捨て、正義に密やかに寄り添う者となった。正義が維持され、存在
し続ける為には、あえて善とはいえない行いをも選択する。それが、正義が
存在するための暗黒の騎士となること。


対して、本作品の主人公・石川は。
警察組織の一員として、彼は殺人犯人を逮捕する為に全力を注いでいます。
決して望んだ訳では無い能力=死者の声を聞くことが出来る=の発現にて、
真犯人を知った彼は裏世界のハッカーや便利屋の力を借りてでも犯人を追い
詰める。それは違法行為。

殺人犯という悪を捕える為に、石川の正義は徐々に暴走していく。スタッフ
の発言で知りましたが、石川のスーツが第1話では明るめのグレーだったの
が、話数が進むにつれて徐々に濃くなっているんですね。彼の心の状態を表
しています。

スーツの色が表しているように、正義が暴走し、疲弊、摩耗していく石川。
果たして、この最終話の終盤にて彼は喪服・真黒のスーツ。
荼毘に付される幼き少年が、最後の姿を石川に見せる。この子が石川に対し、
何と言うか。「ありがとう」と手を振った(ここ、泣けた……)。
自分の無力を痛感し、グッと目をつぶる石川。

7話にて殺人犯を逮捕すること叶わず取り逃し。
8話にて、あろうことか上官が犯人であり。

そしてまた、自分には犯人が誰か分かっているのに捕まえられない。
疲弊と絶望と怒りしかない石川。火葬場を飛び出し、走る。
ミカが追うも全く追いつけない。

ここでの小栗旬の走り出し、いい。上手い。
もはやフツーの人間ではない感じが出ています。
これまでの格闘シーンなどではあれほど躍動感に満ちたアクションであり、
疾走であったのに。もう、何かが壊れてしまった。そんな走りでした。

そして、不敵にもこれからも殺人を続けると宣言する犯人・安藤を屋上から
突き落とす石川。

ついに、ボーダーを越えてしまった石川。

そんな彼に対し、
 「本物のヒーローは誰の命をも奪わない」(3話:ハッカーのガー君)
 
 「ヒーローは必要だ。だがな、強すぎるとヒーローは怪人と変わらないん
  だ。人間じゃなくなっちまうんだよ」
 「強い光が差すところには必ず濃い影も浮かぶもんだ。影に飲み込まれる
  なよ」
(7話:上司の市倉)

との発言があったのが思い起こされます。
周りの人々は気にかけていたんですけどねー。危惧してた通りになってしま
いました。


そんな石川に。
ポン、と誰かが肩をたたく。
死んだ安藤の霊が。「こちらの世界にようこそ」……暗転。end。
霊と直接の接触は出来ないはずじゃ?
ここはちょっと「?」となる演出でしたね。もしかしたら、石川も死んだ?
と思わせる、あえて混乱を誘う演出なんだと思いますが。



もう少し穏便な終わり方をしたなら、続編も作れそうなのですが、これじゃ
ねえ。無理だろーなあ。
シーズン2は無い! というその潔さが良し! というところでしょうか。
本作は全9話と短めでしたから、物足りないって気分も残ってしまうんだと
思います。決して打ち切りではなく、当初からそう決まってた模様。

ダークサイドに墜ちたアナキンを救うルークが現れたように。
絶望のバットマンに、市民たちの行動で希望が見えたように。

ボーダーを越えてしまった石川を救うシーズン2『BORDER ライジング』
が観たい気もちょっとあるんですけどね(笑)。



主演の小栗旬、お見事でした。あまり感情が表に出ない難しい役柄だったと
思いますが、巧みに演じていました。5話などのアクションも軽やかでした
し、この最終回の壊れっぷりも良し。拍手を送りたいです。

脇を固めた青木崇高、エンケンも上手かったですね。3人のチームワークが
高いレベルで維持出来ていたと思います。

スタッフ・キャストの皆さん、おつかれさまでした。



【 木曜ドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』第9話 キャスト 】

石川安吾(31)--- 小栗旬
 …警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事。頭の回転が
  速く、観察力に優れ勘が鋭い。刑事として基本能力が高く、野心的でもある。
  捜査中に撃たれ、頭部に被弾。銃弾が脳内に留まったままである。このことが
  脳にどう作用したのか、死者と会話を交わすことができる特殊能力が発現する。
  
▼警視庁刑事部
立花雄馬(31)--- 青木崇高
 …石川の同僚。曾祖父から続く警察官一家に生まれ、警察官なる職業にプライド
  を持っており、正義感も強い。石川に対して猛烈な対抗意識がある。
市倉 卓司(44)--- 遠藤憲一
 …第一班班長で石川・立花の直属の上司。地道な捜査や取り調べの手腕に長けた
  経験豊富な刑事。清濁併せ呑む度量を持ち、情報屋の赤井を石川に紹介した。
比嘉ミカ(25)--- 波瑠
 …特別検視官。準キャリアとして入庁。米国型検視システムを作ろうとしていた
  上層部の意向で特別検視官という役職につく。医師として石川に助力する。

▼石川の協力者
赤井(44)--- 古田新太
 …正体不明の情報屋。石川の非合法的な依頼に手を貸し、サイモンとガーファン
  クル、スズキを紹介する。
スズキ--- 滝藤賢一
 …裏世界の便利屋。盗聴やピッキング、文書偽造など非合法的な技術を持つ。
ガーファンクル--- 野間口徹
 …サイモンとコンビを組むハッカー。
サイモン--- 浜野謙太
 …ガーファンクルとコンビを組むハッカー。
開高--- 山口祥行 …バーテンダー。赤井の仲間。
 
▼医科大学法医学教室
宮里(23)--- 春輝
 …医学生で比嘉の助手。3人の中では先輩。
橋爪(22)--- 渡辺早織
 …医学生で比嘉の助手。
金原(19)--- 奥間唯
 …医学生で比嘉の助手。まだ新米で、記録係などのサポートを担当する。
 
▼その他
安藤周夫 --- 大森南朋 …犯人
天川弘志--- 二宮慶多 …被害者
天川真理子--- 宮澤美保 …被害者の母親
天川芳雄--- 宮本大誠 …被害者の父親
郷田--- 永倉大輔 …刑事
湯島--- 山崎潤 …刑事
長島--- 樋渡真司 …おもちゃ問屋で安藤の上司

【スタッフ】
原案・脚本--- 金城一紀
音楽--- 川井憲次
主題歌(OPテーマ曲) --- MAN WITH A MISSION「evils fall」
ゼネラルプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
プロデューサー --- 山田兼司(テレビ朝日)、太田雅晴(5年D組)
監督--- 橋本一(1,2,5,7,9話)、波多野貴文(3,4,6,8話)
企画協力--- KADOKAWA
制作協力--- 5年D組
制作著作--- テレビ朝日
=========================================


【関連過去記事】

BORDER 第7話の記事へ




スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

キリン企業CM 「応援する者」篇

14,5,31放映 TBS系列「緊急生中継 さよなら国立競技場・奇跡の物語」
を観ました。ブルーインパルスが、東京オリンピック’64の開会式にて大空
に五輪マークを描いた際、練習では一度も成功しないままのぶっつけ本番で
あったことなどが描かれる再現ドラマがありましたね。
あの時、前日は大雨となり、てっきり飛行中止になると思い込んだブルーの
パイロット達は飲みにいき、はしご酒午前様だったことは描かれず(笑)。
翌日・開会式の朝、快晴となり大慌てで酔いをさました……と以前ナニかの
テレビ番組で観た覚えがあります。


さて、ブルーの再現ドラマも楽しめましたが、番組内で一番印象に残ったの
は香川真司出演のキリンの企業CMでした。

母親の産道からスタートし、生を授かった一人の少年が周囲の大人達や友人
に見守られ、応援され、成長していく物語。1分ちょい過ぎあたりで、これ
が特定の人物を描いたことが分かって来ます。実際に、彼の地元やお世話に
なった人が出演しているそうです。
この2分の長編CM、本日一度きりのTV放送だそうですが、なかなかの出来
でした。長いCMはテレビではなかなか放映しにくいでしょうが勿体ない。
ネットで公開されています。



キリン企業CM 「応援する者」篇 120秒

https://www.youtube.com/watch?v=pMqLfvrtgMo


キリンの企業サイトでもご覧になれます。こちらの方が見やすいかな?

キリン CMギャラリー サッカー支援「応援する者」篇
http://www.kirin.co.jp/entertainment/cm/player.html?bclid=628329133002




キリンさんは良質なCMが多いですね。やはり企業CMで「子どもたちからの
手紙編」も、いいCMでした。

キリン企業CM 子どもたちからの手紙篇 120秒

https://www.youtube.com/watch?v=P_ihCCELbm0



香川は演技力はかなり問題ですが(笑)、あちらこちらのCMに出演しています
ね。ソフトバンクがあまりにもおなじみですが、以下の二つも好みです。
円陣を組む日本代表の面々に、ショップで代表ユニフォームを見ていた女の
子(伊藤梨沙子)が参加する、アディダスのCM。それと少年サッカーの試合に
香川がサプライズ出場し、大人げなく大活躍(笑)するtotoのCM。
totoのはWEB専用のフルバージョン3分7秒でどうぞ。


adidas サッカー日本代表新ユニフォーム 60秒CM
https://www.youtube.com/watch?v=eELaIAjK16g


toto WEBムービー 「選手交代、香川真司?!」 フルバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=LLn0OFQL5rQ





「さよなら国立競技場」の番組では、終盤にもう一つ印象的なCMがあった
のですが、思い出せない……。企業ではなく、なにかしらの団体だったが…。
録画しておけば良かったなー。



テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。