TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ キルトの家

'12,1,28・2,4 放映 NHK総合

NHK土曜ドラマスペシャル『キルトの家』前・後編 感想
「魂の話をしよう!」
一体、どんなお話のドラマなのか、さっぱり判らなくて不安にさせる予告で
したが(笑)。

脚本は山田太一ということで安心のブランド。それだけでもう一定のクオリ
ティは保証出来ると言っていいでしょう。本作も地味ではありますが、満足
出来るドラマでした。少々、説明的なセリフが多い印象はありましたが、そ
の独特なセリフ廻しも、山田太一脚本の面白さの一つでもありますし(笑)。

山田太一シナリオは、「今そこにある問題」を作中に取り入れる巧さが魅力
だと思います。本作品も、かつては活気があり、高度成長期を支えた団地の
老朽化と住人の高齢化、という問題が企画の前提にあると思われます。


住人が高齢化し、老人が多くなると、バリアフリーにも対応出来ていない団
地は住みにくくて不便なことが一杯です。そこで自治会の副会長、余貴美子
扮する米川淑子はお互いに助け合おう、若者に援助を頼もう。と気軽にボラ
ンティアを浸透させる為に「助け合いクーポン券」の制度を作り、広めよう
とします。

しかし、一括りに「年寄り」として扱われることをよしとせず、一人の人間
として、今までと同じ様に個々の生活を大事にしたい、と考える老人たちも
いて、そんな人々が集まる「砦」が「キルトの家」となるわけです。
思えばキルトとは、小さな端切れがいろいろ集まって一枚布となるのですか
ら、孤独の寂しさを埋める為に寄り集う老人たちの象徴かも。


高齢者には介護が必要、助けてあげないと。そう思われることが嫌な老人も
いて当然かも知れません。そして彼らは「助けられる側」の存在ではなく、
「助ける側」の存在になれるんだ。と言いたいのかも。

そこに現れたのが、南レモンと空(しかしこの名前、なんとかならんか…(笑))
の若夫婦でした。


ここでこのドラマは、もう一つの「今そこにある問題」を提示します。
3.11。あの東日本大震災です。

若者二人は、旅行中に震災にあい、津波に出会った。荷物は全て流された。
泊まっていた民宿の家族6人は全員行方不明。

二人がその体験を語るシーンは、観ているこちらも胸が痛くてたまらなくな
りました。

安易なドラマなら、ここであの時の映像をインサートしたかも。しかし、こ
の作品では、波間の漂流物の中に、二人の写真が浮かんでいるカットが何度
か映し出されるだけでした。ここにこの作品の良心を感じました。

まだあれから、一年も経っていない現在、劇中でそうそう簡単にはあの津波
を描けないでしょう。何年かしたら、東日本大震災を扱ったドラマや映画も
創られるでしょうが、まだちょっとデリケートすぎる題材です。
(そういう意味で、映画「ヒミズ」には個人的には抵抗を感じます)

旅行者として、あの津波を体験した。荷物は失い、5日間避難所で暮らした
けれども、家族を失ったわけではない。

2012年のドラマとして、山田太一はこのレベルまでしか描けない、と判断
したのだと思います。私はそれを支持します。


新たな住人である若者二人に、キルトの老人たちは「助ける側」になろうと
します。お米を持ってきたり、話し相手になろうとしたり。

適度な距離感で、こういう交流は必要ですね。あくまでも、適度な距離感で
なら(笑)。実際、劇中の二人は人生の経験値が高い老人たちの言葉に助けら
れ、逆に若者の一言で、老人の長年屈折した心情が晴れやかになる。


明日どうなるか判らない。老人たちにとってはリアルな問題です。実は若者
だってそうなのですが。そして、突然その日はやってくる。

一人は大阪の息子夫婦の家へ、一人は栃木の老人ホームへ、一人は横浜の病
院へいくことが同じ日に知らされる。更には、キルトも買い手が現れ、キル
トの家も閉じられることに。

ラストは残った者たちが公園に集まり、また日々の暮らしが始まり、繰り返
されていくことが描かれて終わります。こんな集いにはいつも離れて端っこ
にいた橋場が、いつのまにかちゃんと加わっていて(笑)。それなりの変化は
生まれているようです・・・・



いま、描ける範囲で3.11を描く。人と人との繋がり、絆を描く。
脚本家として、ドラマ人として、3.11を無視して今の日本を描くことなどは
出来る筈も無い。でも、傷つき、失った被災者の方々をさも理解しているか
の様に図々しく登場させ、描くことも出来ない。

この「キルトの家」は2012年作品として、3.11に対して絶妙な距離感で向
き合っている作品ではないかと思います。そしてそこに高齢化社会という課
題も描いている。傑作・名作とまではいいませんが(笑)、やっぱり御大山田
太一は凄いよなぁ、NHK土9ドラマはいいよなぁ、と感じさせる作品でした。




【 キルトの家 キャスト 】

▼キルトの家に集う人々
橋場勝也:山崎努 
 …かつて南米で働いていた。いつも集団から少し外れたところにいる複雑な性格。
南(みんなみ)レモン:杏 
 …夫の空と共に、団地に短期入居してきた。トンカツ屋でパート勤務。
南(みんなみ)空:三浦貴大 
 …レモンの夫。兄に教えられた自動車の整備・板金の仕事に誇りを持つ。
桜井一枝:松坂慶子
 …「キルトの家」の中心的存在である、いつも明るくおおらかな女性。
沖山志津:佐々木すみ江
 …かつては新橋の芸者で、三味線が達者。
沢田道治:織本順吉
 …元・区役所の公務員。やさしく控えめな性格。
下田美代:正司歌江
 …一人でいたい、と虚勢を張るが、故郷の大阪の息子と暮らしたがっている。
伊吹清子:緑魔子
 …夫が事故死、再婚の夫も癌で他界。息子も海外勤務で一人寂しい暮らし。
河合秀一:北村総一朗
 …かつては時計屋の主人。ゴミを拾って修理したり、オブジェを創るのが趣味。
野崎高義:上田耕一
 …短気で物言いは荒っぽいが寂しがり屋。若い頃は裏稼業にいたことも。

綾乃:根岸季衣
 …スナックのママ。話好きで少々そそっかしい。
米川淑子:余貴美子
 …団地の自治会副会長。高齢者の為に助け合いクーポン券を普及させようと奮闘。
南 大地:新井浩文
 …空の兄。実はレモンの夫だったが、DVで弟と逃げられた。
睦美:猫背椿
 …スナックに大地が連れて来た再婚相手の女性。


脚本:山田太一 
音楽:加古 隆
劇中詩:「burst 花ひらく」吉野 弘(※あの「魂の話をしよう…」です)
制作統括:近藤 晋、谷口卓敬、後藤高久
演出:本木一博
==================================








スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ 運命の人 第3話

'12,1,29放映 TBS系列

日曜劇場「運命の人」 第3話「裏切りの代償」感想
3話、面白かったですね。1、2話も決して悪くはなかったのですが、2話
のラスト、ついに機密文書が国会にて使われてしまってから、3話の弓成と
三木昭子が徐々に追い詰められていく展開に目が離せませんでした。

石橋凌扮する安西審議官がいいですね。とてもソフトで物腰柔らかい紳士で
すが、三木昭子に事実を知らされ、動機は?見返りは?と尋ねた後、震える
手で退職届を出す昭子に「こんなもので済むか!」と一喝。迫力ありました。
他にも出演者はいい役者が揃っており、まだまだ楽しめそうです。


年配の方々には周知の事実ですが、このドラマは「沖縄密約事件(西山事件)」
という実際の出来事を基にしています。ですから実在の人物をモデルにした
登場人物も多数登場しています(但し、あくまでもフィクションです)。

毎朝新聞は毎日ですし、主人公の上司は現在テレビなどで政治評論・コメン
テーターとして活躍されている三宅久之氏。(追記2/24:三宅氏は当時、
政治部デスクであり、本作ではデスクにあたる人物はキャラクターとしては
登場していない様です。上司として出てくる、松重豊扮する司修一は政治部
部長であり、上田健一氏がモデルとなるそうです。)
主人公のライバルであり友人である読日新聞の山部は、今や読売のドン、ナ
ベツネこと渡辺恒雄氏がモデルとなっています。政治家も誰がモデルかすぐ
に判りますね。総理は当然、佐藤栄作ですし、ヨッシャヨッシャと言ってる
田中角栄、アーウーの大平正芳。演じる役者さんも、それらしい人を起用し
てるのがおかしい(笑)。

実際の事件の経緯を知りたい方はコチラを。但し、ドラマのストーリー展開
を楽しみたい方は読まない方がいいかも。

 西山事件:ウィキペディア



傲慢不遜と言ってもいい主人公には、あまり共感を得られないのでは?と思
えるのが、このドラマの最も厳しいところ。
あまり毎朝(毎日)サイドを善で描くと、原作は元毎日新聞記者、制作がTBS
という図式からシラケてしまいそうですし、その辺のさじ加減は難しそう。
内容も地味と言えば地味で、視聴率的にはあまり期待出来そうにないのです
が(笑)、スタッフの皆さんは「こういう硬派なドラマ、俺たちが創らなきゃ
誰が創るんだ!」という気概で頑張って頂きたいです。




【 運命の人 主なキャスト 】

弓成亮太:本木雅弘 …毎朝新聞政治部のエース記者。
弓成由里子:松たか子 …弓成亮太の妻。二児の母。
三木昭子:真木よう子 …外務省安西審議官付きの事務官。
山部一雄:大森南朋 …読日新聞政治部キャップ。モデルは渡辺恒雄。

▼毎朝新聞
司 修一:松重豊 政治部部長。モデルは現政治評論家の三宅久之。
        (追記2/24:モデルは上田健一。訂正してお詫び致します)
清原 了:北村有起哉 …政治部記者。
金田 満:遠藤雄弥 …政治部記者。
荒木 繁:杉本哲太 …社会部デスク。
萩野孝和:梶原善 …整理部デスク。
恵比寿史朗:でんでん …販売部部長。
久留聡一:吉田鋼太郎 …主筆。

▼外務省
安西 傑:石橋凌 …審議官。三木昭子の上司。弓成とは同じ北九州出身。
山本 勇:小松和重 …安西審議官付事務官。三木昭子の同僚。
林:石丸謙二郎 …事務次官。
吉田孫六:升毅 …アメリカ局長。沖縄返還交渉を担当した密約の真相を知る人物。

▼家族
弓成正助:橋爪功 …弓成の父。北九州で青果業を営む。バナナ輸入で財を築いた。
弓成洋一:今井悠貴 …弓成亮太・由里子の長男。
弓成純二:山崎竜太郎 …弓成亮太・由里子の次男。
弓成しづ:吉村実子 …弓成亮太の母。
八雲泰造:山本圭 …弓成由里子の父。元銀行家。今は病気にて療養中。
八雲加世:高林由紀子 …弓成由里子の母。
青山芙佐子:柴本幸 …弓成由里子の妹。
鯉沼 玲:長谷川博己 …弓成由里子の従兄弟。建築家。由里子に想いを寄せている。
三木琢也:原田泰造 …三木昭子の夫。元外務省勤務で現在は自宅療養中

▼弁護士
高槻:伏見哲夫 …弓成の担当弁護士。弁護団長。
大野木正:柳葉敏郎 …弓成の担当弁護士。
坂元 勲:吹越満 …三木昭子の弁護士。

▼政治家
横溝 宏:市川亀治郎 [モデル=横路孝弘] 
 …社進党衆議院議員、弓成からの機密文書を国会に利用する。 
佐橋慶作:北大路欣也 [モデル=佐藤栄作]
 …総理大臣。沖縄返還の実現に執念を燃やしている。
福出赳雄:笹野高史 [モデル=福田赳夫]
 …大蔵大臣・外務大臣を歴任する大物政治家。
小平正良:柄本明 [モデル=大平正芳]
 …小平派の会長。佐橋・福出とは対立関係にある。駆け出しの記者だった弓成は
 彼に多くを学び、以来「お父ちゃん」と呼べるほどの信頼関係を持っていた。
田淵角造:不破万作 [モデル=田中角栄]
 …自由党幹事長。通商産業大臣。佐橋の引退後は内閣総理大臣となる。
愛川輝一:大和田伸也 
 …外務大臣として沖縄返還交渉に関わる。改造内閣後、退任させられる。
鈴森善市:田窪一世 
 …自由党総務会長。

▼警察
十時正春:伊武雅刀 …警察庁長官。モデルは後藤田正晴。
井口:小市慢太郎 …警視庁捜査第二課知能犯第4係班長。
郷田:長谷川公彦 …警視庁捜査第二課課長。

【スタッフ】
原作:山崎豊子「運命の人」(文藝春秋刊)
脚本;橋本裕志
音楽:佐藤直紀
プロデューサー:瀬戸口克陽 
演出:土井裕泰(1,2,3話)、吉田健

============================

追記2/24:三宅久之氏は当時、政治部デスクであったそうです。
 主人公の上司的立場になりますが、ドラマに登場する上司は政治部
 部長であり、三宅氏ではありません。上記キャストリストを訂正し
 てお詫び致します。
 ちなみに、西山記者が警視庁から釈放されて出てくる当時の報道写
 真を見ると
、後方に三宅氏のお姿が確認出来ます。)


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。