TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第13話

'11,12,25放送  NHK総合

「坂の上の雲」 第13話(最終回)「日本海海戦」感想
すっかり遅くなってしまいました。今更ですが、最終回だけ記事書かないの
も変なので。

いよいよこれで、最終回。皆様はどうでしたか?3年かかって、やっと結末
を迎えましたが、もうこれで終わっちゃうのか…と、残念な気もします。

今回は日本海海戦がメインで描かれました。よく出来ていたとは思いますが、
あれもやって欲しかった、あのエピも観たかった、と色々不満に思ってしま
うところもあります。欲張りでしょうけど。

でも、海戦において第2艦隊の活躍、海戦後に捕虜になったロジェストヴェ
ンスキー司令官を見舞う東郷のエピは観たかったですねー。

敵前大回頭による丁字戦法をとった連合艦隊の砲撃で、この海戦の大勢は決
したのは事実ですが、実はこの後に東郷の判断ミスによって、あやうくバル
チック艦隊を取り逃がすところだったのです。

バルチック艦隊旗艦の戦艦クニャージ・スワロフ(国親父座ろう、です)が
日本の砲撃で舵を損傷し、突然戦列からコースを外します。これを東郷たち
「三笠」は逃げようとしての回頭と判断し、後を追います。第1艦隊は三笠
の後に続きますが、第2艦隊の佐藤参謀・上村司令長官は舵の故障と判断し、
三笠からの指示を無視してバルチック艦隊の追撃を開始したのです。

第2艦隊は巡洋艦が中心の構成であり、まだ戦艦が残っているバルチック艦
隊に、第1艦隊抜きで戦いを挑むにはかなり危険でありますが、速力と練度
に勝る第2艦隊は次々とバルチック艦隊を撃破。こりゃあかん、とバルチッ
ク艦隊は北に回頭して逃げ出します。

しかし、この時第1艦隊は判断ミスに気付き、バルチック艦隊を追って北か
ら戻ってきていたのです。結果的にバルチック艦隊は挟み撃ちされることに
なりました。もうボコボコです。

こういう予想外の出来事も、日本海海戦の大勝利に大きく作用していたこと
はとても興味深いですね。ですから、もう5分は海戦シーンに割いて、この
第2艦隊の活躍を描いて欲しかったなあ、と、ちょっと残念でした。

とはいえ、CGを活用した海戦シーンは、過去の映画に見られるミニチュアを
用いた特撮では描写し得ない迫力があり、戦闘の激しさをよく伝える映像で
あったと思います。


そしてドラマは日本国内に移り、漱石ら文人たちが登場。
鑑賞時は、海戦シーンの興奮がまだ残ってましたので、ここらの漱石たちの
会話シーンを観ながら「こんなの描く必要ねーだろ。もっと海戦シーンをや
らんかい!」といらついてしまったのですが(笑)。
後で思い起こしてみると、あれはあれでドラマとして、やはり必要だったか
とは思っています。若き日の仲間、真之への複雑な感情。正岡子規はもうい
ませんので、漱石や妹の律が代弁するかたちになっています。縁側で微笑む
子規の姿もありました。

こういう題材のドラマでは、ドラマが好きな人、歴史マニア、軍オタと実に
いろんな立場からの要望・不満・文句が出てくるだろうなと思います。私も
ライトな歴史ファンながら、こうして意見しちゃってますし(文句ではありま
せんよ(笑))。
本作は歴史再現もの、ではないのですから、戦闘シーンばかり続く訳にはい
きません。当然ですね。決まった尺の中で、描く場面を取捨選択しなければ
ならない。

わかってはいるけれど。
でもねー、第2艦隊観たかったなー。
奉天会戦だって、もっとやって欲しかったなー・・・。
せっかくなんだからさー・・・

ははは。グチです。ごめんなさい。



さて、無事に帰国した真之ですが、そこに笑顔はありませんでした。帰りを
待ち続けていた、母の死。
「わしは少しは世の中のお役に立てたのじゃろうか」
その問いに、答えはなく。

しかし、そんな真之に、兄の好古。
「淳……おまえはようやった。ようやったよ…」

泣けた。
笑顔無き勝利、哀しみに沈む弟の心中を、ちゃんと兄さんは察している。

思えば、この兄さんはずっと親代わりであったんですね。この一言で、真之
はどんなに救われたでしょう。
ジーンと来るいいシーンでした。


ちなみに、真之が坊主になって戦死者の供養をしたいと泣くシーンがありま
したが、晩年の真之は坊主にこそなりませんでしたが、かなり宗教や霊の研
究に没頭していたそうです。
実は、日本海海戦で真之が乗艦した三笠は、日露戦争の終結直後、佐世保港
内にて弾薬庫が爆発、沈没しています。この事故で339名が死亡。激しい戦
争を生き抜いて無事に祖国に帰って来たのに、多くの戦友がこうして死んで
しまった。その運命。無情。真之は大きくショックを受けたようで、この事
故も宗教に興味を持つことに多大な影響を与えたそうです。



これにて「坂の上の雲」も終了。部分々々では不満に思うところもいくつか
ありましたが、トータルに観て質の高い、満足出来るドラマだったと思いま
す。通常のドラマより、お金と時間がかかっているだけに、特に映像におい
ては素晴らしく見応えがありました。
ただ、あえて言うなら脚本がちょっとこなれていないと言うか、ダイジェス
トを観ているような感覚になることがありました。その辺り、少しもったい
ないなと思います。




===坂の上の雲 第13話キャスト===

【秋山家】
秋山真之(さねゆき):本木雅弘
 …幼名は淳五郎。海軍にて連合艦隊参謀を務め、日本海海戦における作戦を
  立案、バルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争を勝利に導いて行く。
秋山好古(よしふる):阿部寛
 …真之の兄。日露戦争時は陸軍少将、騎兵第1旅団長。「日本騎兵の父」。
秋山 貞(さだ):竹下景子
 …好古、真之の母。
秋山多美(たみ)(佐久間多美 → 秋山多美):松たか子
 …好古の妻。
秋山季子(稲生季子→秋山季子)(すえこ):石原さとみ
 …宮内省の書画鑑定士、稲生真履の三女。真之の妻となる。
与志子:新井優歌
 …好古・多美の長女。
健子:松浦愛弓
 …好古・多美の次女。
信好:小山颯
 …好古・多美の長男。

【正岡家】
正岡子規(まさおか しき):香川照之
 …俳人、歌人。真之の幼なじみ。日本の近代文学に多大な影響を及ぼす。
正岡 律(りつ):菅野美穂
 …子規の妹。
正岡八重:原田美枝子
 …子規の母。大原観山の長女。

【陸軍関係者】
児玉源太郎:高橋英樹
 …陸軍大将。陸軍大学校初代校長。日露戦争では、満州軍総司令部総参謀長。
乃木希典(のぎ まれすけ):柄本明
 …日清戦争では第一旅団長。日露戦争では第三軍司令官として旅順要塞を攻略。
津野田是重(つのだ これしげ):永井浩介
 …第三軍参謀。大尉。
中屋新吉 (なかや しんきち):辻輝猛 
 …騎兵大尉。好古の副官。
長岡外史(ながおか がいし):的場浩司
 …好古と陸軍大学校第一期生で同期。日露戦争では大本営陸軍参謀次長。

【海軍関係者】
東郷平八郎(とうごう へいはちろう):渡哲也
 …元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長。日露戦争時は連合艦隊司令長官。
島村速雄(しまむら はやお):舘ひろし
 …参謀長として旅順港封鎖に参加。封鎖作戦後、第二艦隊第二戦隊司令官に転任。
加藤友三郎(かとう ともさぶろう):草刈正雄
 …連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。後に総理大臣。
有馬良橘(ありま りょうきつ):加藤雅也
 …日露戦争で2度の旅順港閉塞作戦を立案、作戦に参加。東郷の側近中の側近。
伊地知彦次郎(いじち ひこじろう):ダンカン
 …日露戦争では、連合艦隊旗艦「三笠」艦長。
永田泰次郎(ながた やすじろう):頼三四郎
 …日露戦争中は東郷平八郎の幕僚副官となり参謀部につく。
飯田久恒(いいだ ひさつね):蟹江一平
 …日清戦争では少尉候補生として「愛宕」に乗艦。日露戦争時は第一艦隊参謀。
伊東祐亨(いとう すけゆき):山野史人
 …日清戦争では連合艦隊司令長官、日露戦争では軍令部長として大本営に勤務。
山田彦八(やまだ ひこはち):石井洋祐
 …日露戦争開戦時「朝日」艦長。日本海海戦には第三艦隊司令官として参加。
清河純一(きよかわ じゅんいち):小林高鹿
 …第一艦隊参謀。東郷の幕僚副官。
軍医総監・鈴木:永田耕一
山本信次郎:日野誠二
 …フランス語通訳。
長谷川清:宮下裕治
 …「三笠」乗員。艦橋において測距儀操作を担当。
安保清種(あぼ きよかず):土平ドンペイ(エンドロールでは清隆と表記。誤植か)
 …旗艦である戦艦「三笠」の砲術長。
今村信次郎(いまむら のぶじろう):伊東潤
 …日本海海戦には「三笠」乗組で砲術長安保清種付として参戦。
枝原百合一(えだはら ゆりかず):瑞木健太郎
 …「三笠」航海士。
布目満造(ぬのめ みつぞう):大窪晶
 …「三笠」航海長。
玉木信介(たまき しんすけ):磯野正一
 …「三笠」伝令。
山崎厳亀(やまざき げんき):明石鉄平
 …「三笠」伝令。
三浦忠(みうら ただし):神野崇
 …「三笠」伝令。
野口新蔵(のぐち しんぞう):増山耕平
 …「三笠」伝令。

【政財界関係者・皇族】
明治天皇:尾上菊之助
伊藤博文(いとう ひろぶみ):加藤 剛
 …初代内閣総理大臣。4度に渡り、総理大臣を務める。
山本権兵衛(やまもと ごんべえ):石坂浩二
 …海軍大将、政治家。第16、22代内閣総理大臣。日露戦争時は海軍大臣。
井上 馨(いのうえ かおる):大和田伸也
 …陸奥と共に不平等条約の改正交渉に関わる。鹿鳴館を建設。
桂太郎(かつら たろう):綾田俊樹
 …日英同盟・日露戦争時の内閣総理大臣(第11代)。 
松方正義(まつかた まさよし):大林丈史
 …第4,6代内閣総理大臣。7度の大蔵大臣歴任した財政家。
小村寿太郎(こむら じゅたろう):竹中直人
 …日清戦争開戦時の清国代理公使。日露戦争時は外務大臣として戦時外交を担当。
山縣有朋(やまがた ありとも):江守 徹
 …元帥陸軍大将。政治家。日本陸軍の基礎を築き「国軍の父」とも称された。

【ロシア】
ロジェストウェンスキー:アレクサンドル・チューチン
 …バルチック艦隊司令長官。
セミョーノフ:アンドリュス・ジューアウスカス
 …バルチック艦隊幕僚。
イグナチウス:アレクサンドル・ポリシューク
 …戦艦「クニャージ・スヴォーロフ」艦長。
コロン:ダリウス・メスカウスカス
 …第一艦隊参謀長。
スウェントルジェッキー:アレクセイ・スカトフ
レドキン:ドナタス・シムカウスカス
 …バルチック艦隊砲術士官。
スミルノフ:ルボミール・ミサック
 …戦艦「ニコライ1世」艦長。
ネボガドフ:ボリス・ヴラジク
 …第三艦隊司令長官。
クロッス:マーク・ベッソン
 …第三艦隊参謀長

【文人たち】
夏目漱石:小澤征悦
 …日本を代表する文豪。本名は金之助。真之や子規と大学予備門で知り合う。
高浜虚子(たかはま きょし):森脇史登
 …中学で碧梧桐と同級、彼を介し子規より俳句を教わる。
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう):大藏教義
 …少年時、子規の友人で真之を敬愛していた。尋常中学で子規より俳句を学ぶ。
寒川鼠骨(さむかわ そこつ):菟田高城
 …正岡子規に師事。後に「子規全集」などの刊行につくす。
伊藤左千夫(いとう さちお):岸本光正
 …子規の弟子。後に「野菊の墓」を雑誌ホトゝギスにて発表
佐藤紅緑(さとう こうろく):薬師寺順
 …子規の弟子。後に少年小説の分野で人気作家となる。


=== スタッフ ===
原作/題字:司馬遼太郎(『坂の上の雲』『雑貨屋の帝国主義』より)
脚本:野沢尚、加藤拓、佐藤幹夫
脚本監修:池端俊策
脚本諮問委員:山折哲雄(国際日本文化研究センター所長)、
       鳥海靖(東京大名誉教授)、宮尾登美子(作家)、
       松原正毅(国立民族学博物館教授)、松本健一(評論家)、
       関川夏央(作家)、遠藤利男(元NHK放送総局長)
音楽:久石譲
メインテーマ:『StandAlone』 
   作曲:久石譲
   作詞:小山薫堂
   歌:麻衣(第3部)
語り:渡辺謙
エグゼクティブ・プロデューサー:西村与志木、菅康弘
制作統括:中村高志、藤澤浩一
演出:加藤拓(10,11,13話担当)
   柴田岳志(1、2、3、4話担当)
   一色隆司(5話担当)
   佐藤幹夫(6、7、8話担当)
   木村隆文(9,12話担当)
   
========================

← 『坂の上の雲』第12話へ




スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ 妖怪人間ベム 第10話(最終回)

'11,12,24放映  日本テレビ系列

ドラマ「妖怪人間ベム」第10話(最終話)
『さよならベム・ベラベロ…人間になれるのか!? 最後の大決闘!!』感想
最終回、とても良かったのではないでしょうか。原作のアニメ版を愛する方
も、納得の結末だったと思います。

アニメ版最終回とシチュエーションは違えど、やはり火事になった建物で炎
に包まれた妖怪人間の三人。
でも、
きっと。
三人は無事でいて、また正義の為に戦っているだろう。

そう思わせるエンディングは、決してハッピーエンドではありませんでした
が、このドラマに、あの妖怪人間たちに相応しいものだったと思います。


久しぶりに、とても愛おしくて、もう観れない=会えなくなるのが寂しいと
思わせる主要キャラたちでした。この最終回でも、写真を撮る時にド緊張の
三人とか、「プリントアウト」に知ったかのベムとか、コンサート会場で待
ち合わせるのに、両手でチケットをしっかり持って並んでいる三人の姿とか
が、もうたまりませんな(笑)。


夏目家や緒方家との交流が生まれたことで、人と触れ合うことの喜びを感じ
たベム・ベラ・ベロでしたが、判明した人間になる方法とは、悪の心を持つ
「名前の無い男」との融合により、悪の心を自らに取り入れること、でした。

しかしベムたちは、悪の心を持つことを拒否します。
それは、人間になることを諦めることを意味していた。

ずっとずっと、人間になることを望んでいたベムたちでしたが、自分たちが
悪の心を持つことを拒否し、悪の心につまずき、負けそうになった人々を救
い続ける道を選びました。
暗闇の中で、わずかでも道を照らし続ける月になろうと。

あんなにも三人は人間になりたがっていたのに。

善の心しか持たない、傷もすぐに治り、老いることの無い妖怪人間たちの方
が、生命体として優れているような気もしますが(笑)。
しかし、「名前の無い男」もまた、名前を呼ばれることを望み、人間になり
たがっていました。
イモータル=不死者、として生き続けることに、どこか絶望していたのかも
知れません。

死ぬ方法はある、と杖の使い道を教える下りは、当初、ちょっと後々の展開
の為のご都合主義に感じましたが、やはりあれは、どこかで死にたがってい
たんだ、と解釈した方がいいように思いました。

なりたいもの=人間になれないなら、このまま「名前の無い男」として生き
るよりも、死ぬ方を選びたい。
恐らく、どこかでそう思っていたのでしょう。

果たして胸に杖を突き刺され、薄れゆく意識の中で「ようやく死ねる…」と
つぶやく「名前の無い男」。
彼もまた、哀しき存在でした。

このシーンで、QUEENの「リヴ・フォーエヴァー」を思い出してしまいまし
た…(映画「ハイランダー 悪魔の戦士」のメインテーマ的な存在。"誰が永遠
に生きたいなどと願うだろうか…" 名曲!)。

炎に包まれる研究所。その中の三人が素晴らしい表情でした。


このドラマ、ベム・ベラ・ベロの三人のキャスティングが見事にマッチして
いましたね。ベム役の亀梨和也は、放映前の段階では「何だかなー」な印象
でしたが、1話を観て納得の配役。アニメ版とはまた違う繊細なベム、とい
うキャラクターを堂々と演じていました。
亀梨ベムに勝るとも劣らない熱演だったのが、ベラ役の杏。彼女の代表作に
なること間違いなし。目ん玉ひんむき、口を歪め、毒舌吐いて(笑)。しかし、
それでもどこか可愛らしくて美しくて。
公式プロフィールによると、杏は身長174cmということで、亀梨ベムよりも
杏ベラの方が大きいですね。その高身長が活かされた配役でした。


脚本もかなりいい出来だったと思います。アニメ版の無国籍な世界の物語を、
現代の日本に上手く持って来ていました。
オリジナルのアニメ版では妖怪、悪鬼、怨霊なども戦う相手として登場しま
したが、ドラマ版では「名前のない男」によって悪の心を解放された人間が
退治すべき対象となっています。
妖怪人間vs妖怪のバトルシーンを観たかった方もおられるかと思いますが、
方向性としては正しい選択ではないでしょうか。「人間性」を考えさせ、問
いかける上で、戦う相手も人間であった方がストーリーを持って行き易いで
しょうから。



今期は「家政婦のミタ」という化け物ドラマが、高視聴率を叩き出して話題
となりました。この「妖怪人間ベム」は最終回14.5%、全話平均で15.6%、
とミタさんにはかないませんが、最近のドラマとしては充分な成績だったと
思われます。内容も脚本、演出、音楽、演技において文句無しに高評価。
満足できるドラマでした。
スタッフ・キャストの皆様お疲れさまでした。



【妖怪人間ベム 最終話 主なキャスト】

ベム:亀梨和也(KAT-TUN) …人間になる方法を探し求め続けている。
ベラ:杏 …思ったことは口に出る、少々過激な性格だが温かい心を持っている。
ベロ:鈴木福 …すぐ単独行動に走り、事件に巻き込まれがち。

夏目章規:北村一輝 …刑事。心優しいがゆえ、職場ではバカにされがち。
夏目菜穂子:堀ちえみ …夏目刑事の妻。笑顔で家族を支えている。
夏目優以:杉咲花 …夏目刑事の娘。ベロにとってお姉さんの様な心優しい少女。
(幼少期:小西舞優)
夏目まこと:林遼威 …夏目刑事の息子、幼いときに他界。
緒方浩靖:あがた森魚 …生物学の大学教授。ベムと同じステッキを所持している。
緒方小春:石橋杏奈 …緒方の孫。祖父が飼うリスザルが苦手。
町村日出子:広田レオナ …緒方家の家政婦。
辻尚樹:永岡佑 …浅津警察署、夏目の後輩刑事。
名前の無い男:柄本明(特別出演) …ベムたちと同時に誕生した妖怪人間。


【スタッフ】
原作: アサツー ディ・ケイ
脚本: 西田征史
音楽: サキタハヂメ
主題歌:「BIRTH」 KAT-TUN
撮影: 迫 信博
シニアチーフクリエイター: 櫨山裕子
プロデューサー: 河野英裕/大倉寛子/原藤一輝(ジェイ・ストーム)/
        小泉 守(トータルメディアコミュニケーション)
演出:狩山俊輔(1,2,5,7,9,10話) 
   佐久間紀佳(3,4話)
   浅見真史(6,8話)
製作著作:日本テレビ
===============================

【関連過去記事】
妖怪人間ベム 第1話 へ→



ynbem_ep11032.jpg






テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ 家政婦のミタ 最終回

'11,12,21放映 日本テレビ系列

「家政婦のミタ」
第11話(最終話)「本当の母親…それはあなたたちが決めることです!」感想

凄いですねえ。この最終回、視聴率が関東地区が40.0%、関西地区が36.4%
だったそうです。40%を超えたのは平成12年の「日曜劇場・ビューティフル
ライフ」(TBS系)の最終回(41.3%)以来、11年ぶりだとのこと。

視聴率40%!「家政婦のミタ」最終回 「一般劇」では歴代3位:MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111222/ent11122210320007-n1.htm


実はワタクシ、ドラマ放送前の内容案内や主演が松嶋菜々子であることなど
から、視聴対象から外しておりました。松嶋菜々子って、あんまり好きじゃ
ないんですよねー。演技上手いとは思えなかったし。
ところが、視聴率はいいし、周囲からも「これは面白い」との声多数。で、
6話から参戦しました・・・。1から5話も、身内が録画していたものや、
ネットでゴニョゴニョして観たものとかで後追い。

まートンでもない設定でぶっ飛んでるドラマでしたが、確かに面白かったで
す。父親のヘタレっぷりにイライラしながらも、ターミネーターを思わせる
主人公ミタが今度は何をしでかすか?と興味津々。
脚本が上手いですね。遊川和彦は『女王の教室』の脚本家でもあり、通じる
ものがあります。しばらくは「承知しました」と無表情で言うのが流行るん
じゃないかなー(笑)。


三田のターミネーターっぷりがドンドンヒートアップし、それに対抗するよ
うなカタチで阿須田家がいつしか結束していくのかな、と思っていましたが、
8話にて三田が自らの過去を告白。ここからは三田が人間性を取り戻せるか、
という点も大きなポイントとなっていきました。

三田にしても阿須田家にしても、家族を悲劇的な形で失っており、そこから
どう立ち直っていくか、という「喪失と再生」が描かれています。テーマと
してはありがちなモノですが、ぶっ飛んだ設定とリアルな描写が実にいい案
配でブレンドされていました。今年の漢字に選ばれたのは「絆」でしたが、
本作もやはり家族の絆の大切さ、素晴らしさが暑苦しくないレベルで感じら
れる内容で、そこも共感を呼んだのではないでしょうか。


そして最終回、「私たちのお母さんになって」と依頼された三田は、母親と
しての過度な態度をとる。心配してやって来たうららに対しても、徹底して
の非情な言葉。
完全に、三田さんは青鬼となっていましたねー。そう、「泣いた赤鬼」の。
「うらら」という赤鬼を、村人ならぬ阿須田家に必要な存在と子供たちに理
解させ、うらら自身にも覚醒させるために非情に徹する。
でも、あの連続ビンタはすごかったなあ(笑)。
ビンタ連発の後の三田の言葉、名シーンでした。


そしてそして。ついに。三田が見せた笑顔。まだぎこちなさは多少あるもの
の、凍り付いていた心が溶けつつあることを感じさせる、優しい笑顔でした。
松嶋菜々子の演技力は疑問視していたのですが、本作品の三田さんは素晴ら
しい演じっぷりでした。

役者陣では相武紗季もがんばっていましたね。この人もドラマでは今イチな
印象でしたが、本作品のKY120%な三枚目キャラはなかなかでした。

4兄弟も皆、熱演。特に末っ子の希衣を演じた本田望結ちゃんは逸材ですね。
「さよならぼくたちのようちえん」では真面目な眼鏡ッ子を好演してました。
「・・・ってなあに?」と質問しまくりなところがカワイクて。でも実際に
あんなに質問ばっかりされたら、少々うっとしいかも(笑)。とはいえ、私も
子供の頃は親に質問ばかりしていたよーな(笑)。

その質問にスラスラ答える三田さんの回答も、新明解国語辞典にのせたいぐ
らい見事な説明(笑)。
ちなみに、新明解は他の辞書とはひと味もふた味も違う独特の語釈が人気な
辞書。『新解さんの謎』という本まで出ました。ぜひ、一家に一冊(笑)。


また、この最終話では、恵一の不倫相手の風間美枝や、部下だったが失脚し
た恵一をバカにし、美枝にもちょっかい出しながら常務の娘と婚約した名取、
そして隣のオバさん皆川真利子などとも、ちゃんと決着を付けていました。
「予定調和だ」と批判する声もあるかも知れませんが、私はこういう細かい
ところにも目配りしてエンディングを迎えさせた脚本は良かったと思います。
名取の結婚式シーンは大笑い出来ましたし(笑)。



40%という、最近のテレビドラマ界ではありえないレベルの視聴率を叩き出
した本作品は、事前に人気のある原作があった訳でもなく、オリジナル作品
であったことも素晴らしいと思います。
スタッフ・キャストの皆様、お疲れさまでした。



【家政婦のミタ 主なキャスト】

三田 灯:松嶋菜々子
 …阿須田家に派遣された無表情な家政婦。依頼された仕事はなんでもこなす。
阿須田 恵一 (38):長谷川博己
 …4姉弟の父親。サワイホーム営業部課長(7話でクビになる)。
阿須田 凪子(満40歳没):大家由祐子 
 …4兄妹の母親。恵一から離婚を切り出され、遺書を残して入水自殺した。
阿須田 結 (17):忽那汐里
 …阿須田家の長女。英成学園高等学校2年生。写真部員。
阿須田 翔 (14):中川大志
 …阿須田家の長男。横浜市立新藤が丘中学校2年生。バスケ部。
阿須田 海斗 (12):綾部守人
 …阿須田家の次男。横浜市立新藤が丘小学校6年生。
阿須田 希衣 (5):本田望結
 …阿須田家の次女。みさわ幼稚園年長組。

結城 うらら (28):相武紗季
 …凪子の妹。結が通う英成学園高校の体育教師。「トランプのババ」体質。
結城 義之 (68):平泉成
 …凪子とうららの父。
晴海 明美 (70):白川由美
 …晴海家政婦紹介所所長。三田を阿須田家に派遣する。
皆川 真利子:佐藤仁美
 …阿須田家の隣家の主婦。
皆川 翼:中西龍雅
 …真利子の息子で、希衣の同級生。
皆川 功:池田政典
 …真利子の夫。不倫しており、真利子と離婚する。
三田 直也(故人):神尾佑
 …三田の亡くなった夫。
三田 純(故人):藤本哉汰
 …三田の亡くなった息子。
三田の義母:赤座美代子
 …直也の母親。葬儀の際、三田を「死ぬまで二度と笑わないで」と罵倒する。
風間 美枝:野波麻帆
 …サワイホーム経理部社員で、恵一の元不倫相手。
名取:関戸将志
 …恵一の元部下。美枝とつき合うが常務の娘と婚約。しかし結婚式場で…。
小沢 拓也:斉藤秀翼
 …英成学園高校3年生。写真部部長で結の彼氏だったが、別れた。
遊園地の飲食コーナー店員:森田彩華
大場:勝地涼(友情出演)
 …うららの見合い相手。


【スタッフ】
脚本:遊川和彦
演出:猪股隆一、佐藤東弥、石尾純、日暮謙
音楽:池頼広
主題歌:斉藤和義「やさしくなりたい」
チーフプロデューサー:田中芳樹
プロデューサー:大平太、太田雅晴
制作協力:5年D組
制作著作:日本テレビ
============================


おまけ。ネットからのひろいもの。
数日で消す、かも。

三田さん vs うららちゃん






テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第12話

'11,12,18放送  NHK総合

「坂の上の雲」 第12話「敵艦見ゆ」感想
前回の二〇三高地占領に続き、今回は黒溝台(こっこうだい)会戦、奉天会戦
が描かれるということで、好古の大活躍か、と期待していましたが。
あんまし活躍しませんでしたねえ(笑)。
毎回毎回、冒頭で「最強のコサック騎兵を打ち破る」と語られてたのに、結
局は防衛戦の成功、そして慎重すぎるクロパトキンの撤退で終わってしまっ
た。まあ打ち破った、と言えば打ち破ったことにはなりますが。

本作では秋山兄弟と正岡子規の3人が主人公であるから、好古の活躍シーン
もそれなりにある、と思っていましたがどうやら違ったようです。
「主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれない」
という語りもあったことですし、特にこの第3部では群像劇として描かれて
いますね。ですから観る側が、誰が主人公とこだわることも無いでしょう。
パノラミックに展開する歴史ドラマを満喫するのみです。
好古がどこにでも現れ大活躍!という訳にはいきません。
重大イベントや要人の臨終の時にはいつも顔を出すシエじゃないんだから。

と、自分に言い聞かせてます。
でも、もうちょっと好古の「凄さ」を描いて欲しかった思いは残りますね。



既にドラマとしては、海軍に軸が移ったようです。バルチック艦隊との日本
海海戦を控えた連合艦隊。ひと時の休日。そして敵ルートを巡る参謀たちの
論争。焦り。
ついに来たバルチック艦隊。東郷ターン!うおーー!
続く。

うひゃあ。
いいとこで終わらせやがりましたねえ。
後半の海軍パート、特に敵発見からの盛り上がりは異様なほど。

休暇の自宅シーンや、焦り、耐える真之などの「静」の部分もよかったです。
味わいのあるアクセントになっていました。
任務に戻る真之を見送る妻・季子と母が、「いってらっしゃい」のみなのも
良かった。イマドキのオリジナルなバカ脚本なら、あそこで「生きて帰って
来て」とか「戦争なんて!」とか言わすでしょーね(笑)。
辛抱の末に敵艦発見、思わず小躍り「シメタ、シメタ!」は笑ってしまいま
した。どうやら史実らしいです。目撃者がいたそうで。


さあ、いよいよ来週は最終回。日本海海戦です。もうこれで終わってしまう
のが残念でなりませんが、素晴らしいエンディングとなることを期待してい
ます。予告を観ると、けっこう戦後も描かれるみたいで蛇足にならないか、
少々心配ですが。。。



では。
今回の放送で登場したいくつかの点を、知ったかぶりで恐縮ですがご案内。


バルチック艦隊
ロシア海軍がバルト海において保有していた艦隊。極東方面に展開していた
旅順艦隊の応援のため、第2・第3太平洋艦隊として送り出された。
スエズ運河は大型船が通航できず、主力艦はアフリカ大陸南端の喜望峰をま
わる長距離航海となったが、日英同盟によりイギリスの植民地では寄港出来
ず、中立国の港でもイギリスの圧力により補給・点検が難しい状況だった。
約7ヶ月の航海で乗組員は疲弊し、士気は下がっており、艦船の整備も不足
している上での海戦はバルチック艦隊にとって大きく不利でした。


水兵が敵艦シルエットのお勉強。
「国親父座ろう」「呆れ三太」とか言ってましたね。これは旗艦「三笠」の
砲術長である安保清種が、砲撃指揮において水兵たちにロシアの艦名を覚え
させるために、ロシア語では覚えにくいので似た日本語を当てて覚えさせた
そうです。
「国親父座ろう」=バルチック艦隊旗艦、戦艦クニャージ・スワロフ
「呆れ三太」=戦艦インペラートル・アレクサンドル3世
「蟻寄る」=戦艦アリョール
「ゴミ取り権助」=装甲艦ドミトリー・ドンスコイ
などなど。


信濃丸、敵艦発見「タタタタ…」
「タタタ」と連送する「タ連送」は、「敵艦隊見ゆ」の意味。海軍では通信
(電信)において、こういった略号を用いていました。
後の太平洋戦争における真珠湾攻撃にて、出撃した攻撃隊全機に打電された
のがト連送「全軍突撃せよ」であり、攻撃後に有名な「トラ・トラ・トラ」
=我、奇襲に成功セリ、が攻撃隊より司令部宛に打電されました。


旗旒用意!Z!揚げ!
Z旗。その名の通り、アルファベットのZを表す旗です。船舶において他船
との意思疎通の為にAからZ、0から9の国際信号旗が定められています。
このZ旗には一字信号では「引き船を求める」という意味が一般的にはある
のですが、Zは最後、もう後が無い、ということで日本海軍は、日本海海戦
においてこの旗を旗艦三笠に掲げ、
「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」
という意味を込めました。この名文は秋山真之起草と伝えられています。


丁字戦法
艦隊を丁の字に似た体勢にとる戦法。日本海海戦の場合、横棒が日本海軍、
縦棒がバルチック艦隊となります。
当時の砲艦は、前後に旋回式の主砲、両サイドに副砲を装備していました。
側面を敵に向けて迎撃すれば、より多くの砲門を稼働出来ます。対する敵艦
は前方の火砲しか使えません。こうして味方艦隊の全火力を敵の先頭艦に集
中させ、敵艦隊の各個撃破を狙う訳です。

この日本海海戦の場合は、バルチック艦隊のウラジオストックへの進路を絶
対に遮ることが重要であり、その為に東郷平八郎は敵前大回頭(Uターン)と
いう奇策にでます。これが後に世界中に「トーゴー・ターン」として知れ渡
る、丁字戦法です。この場合は丁の字より、イの字に近い感じです。

なお回頭の際、ダンカン扮する伊地知艦長が「とーりかーじ、いっぱい!」
と奇妙に思える発声で指令を出していました。
進行方向左に舵を転ずる「取舵」は「とーりかーじ」、
進行方向右に舵を転ずる「面舵」は「おもーかーじ」と発声します。
これは指令が強風等でも聞き違いされないように、わざとイントネーション
をはっきりと変えて発声しているのです。


最後に。
日本海海戦における、旗艦三笠の艦橋を描いた有名な絵画があります。
東城鉦太郎:「三笠艦橋の図」
http://ja.wikipedia.org/wiki/東城鉦太郎




===坂の上の雲 第12話キャスト===

【秋山家】
秋山真之(さねゆき):本木雅弘
 …幼名は淳五郎。海軍にて連合艦隊参謀を務め、日本海海戦における作戦を
  立案、バルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争を勝利に導いて行く。
秋山好古(よしふる):阿部寛
 …真之の兄。日露戦争時は陸軍少将、騎兵第1旅団長。「日本騎兵の父」。
秋山 貞(さだ):竹下景子
 …好古、真之の母。
秋山多美(たみ)(佐久間多美 → 秋山多美):松たか子
 …好古の妻。
秋山季子(稲生季子→秋山季子)(すえこ):石原さとみ
 …宮内省の書画鑑定士、稲生真履の三女。真之の妻となる。
与志子:新井優歌
 …好古・多美の長女。
健子:松浦愛弓
 …好古・多美の次女。
信好:小山颯
 …好古・多美の長男。
秋山久敬(ひさたか):伊東四朗(回想)
 …好古、真之の父。旧伊予松山藩の下級藩士。

【正岡家】
正岡子規(まさおか しき):香川照之(回想)
 …俳人、歌人。真之の幼なじみ。日本の近代文学に多大な影響を及ぼす。

【陸軍関係者】
児玉源太郎:高橋英樹
 …陸軍大将。陸軍大学校初代校長。日露戦争では、満州軍総司令部総参謀長。
大山 巌(おおやま いわお):米倉斉加年
 …西郷隆盛のいとこ。日清戦争では第二軍指令。日露戦争時は満州軍総司令官。
乃木希典(のぎ まれすけ):柄本明
 …日清戦争では第一旅団長。日露戦争では第三軍司令官として旅順要塞を攻略。
井口省吾(いぐち しょうご):堤 大二郎
 …好古と陸軍大学校で同期。日露戦争時には陸軍少将、満州軍総司令部参謀。
松川敏胤(まつかわ としたね):鶴見辰吾
 …陸軍大佐。満州軍作戦参謀。
黒木為禎(くろき ためもと):清水紘治
 …陸軍大将。第一軍司令官。
野津道貫(のづ みちつら):宗近晴見
 …陸軍大将。第四軍司令官。
奥保鞏(おく やすかた ):伊吹剛
 …第二軍司令官。
田中国重(たなか くにしげ):嵐芳三郎
 …満州軍総司令部参謀。
津野田是重(つのだ これしげ):永井浩介
 …第三軍参謀。大尉。
中屋新吉 (なかや しんきち):辻輝猛 
 …騎兵大尉。好古の副官。
栗原幸衛:市瀬秀和
 …好古の副官。
清岡真彦:末宗慎吾
 …好古の副官。
永沼秀文(ながぬま ひでふみ):永澤俊矢
 …騎兵第八連隊長。秋山支隊に配属、露軍背後にて活動する永沼挺身隊を編成。

【海軍関係者】
東郷平八郎(とうごう へいはちろう):渡哲也
 …元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長。日露戦争時は連合艦隊司令長官。
島村速雄(しまむら はやお):舘ひろし
 …参謀長として旅順港封鎖に参加。封鎖作戦後、第二艦隊第二戦隊司令官に転任。
加藤友三郎(かとう ともさぶろう):草刈正雄
 …連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。後に総理大臣。
鈴木貫太郎(すずき かんたろう):赤井英和
 …駆逐隊司令。後に二・二六事件にて襲撃される。太平洋戦争終戦時の首相。
伊地知彦次郎(いじち ひこじろう):ダンカン
 …日露戦争では、連合艦隊旗艦「三笠」艦長。
永田泰次郎(ながた やすじろう):頼三四郎
 …日露戦争中は東郷平八郎の幕僚副官となり参謀部につく。
飯田久恒(いいだ ひさつね):蟹江一平
 …日清戦争では少尉候補生として「愛宕」に乗艦。日露戦争時は第一艦隊参謀。
成川揆(なるかわ はかる):田中要次
 …「信濃丸」艦長。哨戒中にバルチック艦隊を発見し「敵艦見ユ」と送信。
森山慶三郎(もりやま けいさぶろう):高杉亘
 …第二艦隊参謀。
山田彦八(やまだ ひこはち):石井洋祐
 …日露戦争開戦時「朝日」艦長。日本海海戦には第三艦隊司令官として参加。
伊東祐亨(いとう すけゆき):山野史人
 …日清戦争では連合艦隊司令長官、日露戦争では軍令部長として大本営に勤務。
財部 彪(たからべ たけし):飯田基祐
 …広瀬武夫の同期。日露戦争時は、大本営作戦参謀。
松井健吉:中村圭太
 …第一艦隊第一戦隊参謀。日本海海戦において戦隊旗艦「日進」艦上にて戦死。
佐藤鉄太郎:杉山文雄
 …第二艦隊参謀。「秋山か佐藤か」といわれた逸材。
山路一善(やまじ かずよし):内倉憲二
 …日本海海戦には第一艦隊第三戦隊参謀として参加。
清河純一(きよかわ じゅんいち):小林高鹿
 …第一艦隊参謀。東郷の幕僚副官。
安保清種(あぼ きよかず):土平ドンペイ(エンドロールでは清隆と表記。誤植か)
 …旗艦である戦艦「三笠」の砲術長。
長谷川清:宮下裕治
 …「三笠」乗員。艦橋において測距儀操作を担当。
今村信次郎(いまむら のぶじろう):伊東潤
 …日本海海戦には「三笠」乗組で砲術長安保清種付として参戦。
枝原百合一(えだはら ゆりかず):瑞木健太郎
 …「三笠」航海士。
布目満造(ぬのめ みつぞう):大窪晶
 …「三笠」航海長。
玉木信介(たまき しんすけ):磯野正一
 …「三笠」伝令。
山崎厳亀(やまざき げんき):明石鉄平
 …「三笠」伝令。
三浦忠(みうら ただし):神野崇
 …「三笠」伝令。
野口新蔵(のぐち しんぞう):増山耕平
 …「三笠」伝令。

【政財界関係者・皇族】
明治天皇:尾上菊之助
山本権兵衛(やまもと ごんべえ):石坂浩二
 …海軍大将、政治家。第16、22代内閣総理大臣。日露戦争時は海軍大臣。

【ロシア】
ロジェストウェンスキー:アレクサンドル・チューチン
 …バルチック艦隊司令長官。
クロパトキン:セルゲイ・パールシン
 …極東の陸軍総司令官として日本軍と戦う。
イグナチウス:アレクサンドル・ポリシューク
コロン:ダリウス・メスカウスカス
セミョーノフ:アンドリュス・ジューアウスカス
スウェントルジェッキー:アレクセイ・スカトフ

【その他】
宗像繁丸(むなかた しげまる):藤木勇人
 …宗像大社の神職。
佐藤市五郎(さとう いちごろう ):宮坂健太
 …福岡・沖ノ島の少年。

=== スタッフ ===
原作/題字:司馬遼太郎(『坂の上の雲』より)
脚本:野沢尚、加藤拓、柴田岳志
脚本監修:池端俊策
脚本諮問委員:山折哲雄(国際日本文化研究センター所長)、
       鳥海靖(東京大名誉教授)、宮尾登美子(作家)、
       松原正毅(国立民族学博物館教授)、松本健一(評論家)、
       関川夏央(作家)、遠藤利男(元NHK放送総局長)
音楽:久石譲
メインテーマ:『StandAlone』 
   作曲:久石譲
   作詞:小山薫堂
   歌:麻衣(第3部)
語り:渡辺謙
エグゼクティブ・プロデューサー:西村与志木、菅康弘
制作統括:中村高志、藤澤浩一
演出:木村隆文(9,12話担当)
   柴田岳志(1、2、3、4話担当)
   一色隆司(5話担当)
   佐藤幹夫(6、7、8話担当)
   加藤拓(10,11話担当)
   
========================

← 『坂の上の雲』第11話へ『坂の上の雲』第13話へ →





テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第11話

'11,12,11放送  NHK総合

「坂の上の雲」 第11話「二〇三高地」感想
いやあ、予想以上、期待にたがわぬ11話。堪能致しました。
激戦地二〇三高地を描くということで、当然ながら戦闘シーンがかなり多く
登場します。これが日本のテレビドラマでここまでやるか、というか、ここ
までやれるんだ、と感心する出来でした。完全に映画レベルです。予算も時
間もかけられた映像でした。

特筆すべきは白兵戦のエグさをちゃんと描いていたこと。銃剣で突き刺し、
ナイフで切り裂き、石で脳天を打ち砕き、素手で掴み掛かり、首を絞め、耳
に噛み付く。それは戦闘というより、殺し合いと言った方がいいのかも知れ
ません。お茶の間に流れるNHKテレビドラマで、ここまで冷徹に戦争暴力
を描き切ったことに拍手。
そして、やっと二〇三高地を奪取した兵士の喜び。感無量の乃木、児玉たち。
「そこから旅順港は見えるか?!」
煙が晴れ、眼下にサァーッと広がる光景。
「……見えます!丸見えでありますッ!」

ついに。ついに。
苦しみに苦しみ抜いた末に、結実したこの問いかけと美しい光景。
感動しました。

迫力ある映像でしたが、スローモーションの多用は意見が別れるところかも。
好意的に言えば、ペキンパー監督の「死のバレエ」と呼ばれる生々しいアク
ションとバイオレンスをスローモーションで様式美的に描く映像を思い起こ
させる、と評価することが出来るでしょう。音の使い方も上手かったと思い
ます。
ですが、個人的にはちょっと使いすぎたかな、と(笑)。

もう少し控えめに、ここぞ、というところに絞った方が良かったのでは。
フライドチキンも、「もう一本食べたいな」で止めといた方がいいでしょ?
そこでもう一本食べちゃうと、急速に満腹感を覚え、口の中が油っぽく思え
てくる。
うーん、あまり良い例えではないなあ(笑)。



さて、劇中で紹介された乃木大将が詠んだ漢詩「爾霊山」。

爾霊山嶮豈難攀
男子功名期克艱
鉄血覆山山形改
萬人斉仰爾霊山

爾霊山(にれいざん) 瞼(けん)なれども 豈(あに)攀(よ)じ難(がた)からんや
男子功名 艱(かん)に克(か)つを期す
鉄血山を覆うて 山形(さんけい)改まる
万人斉(ひと)しく仰ぐ 爾霊山


昔の人は教養がありますね。こういうのをスッと詠むんですから。

爾霊山(にれいざん)は、二〇三とかけているんですね。なんとなくは意味分
かるけど・・・と調べたら、この漢詩の意味を紹介しているサイトがありま
したのでご紹介。

爾霊山 - 関西吟詩文化協会 漢詩紹介
http://www.kangin.or.jp/what_kanshi/kanshi_A18_2.html



今回の主人公は、突撃していった名も無き兵士たちだ、と言えるかも知れま
せんが、個々のキャラとしてはやはり、児玉源太郎が目立っていました。

「死ぬときは今」と決死の覚悟で前線に向かう児玉。
古くからの友情に結ばれた乃木に対し、彼の誇りを傷付けぬよう、やさしく、
しかし率直に指揮権を譲るように伝える。そんな児玉に、乃木は自分の命は
西南戦争で連隊旗を西郷軍に奪われた時からお前に預けてある、と答える。
おだやかに進む会話ですが、この二人の男には熱く激しい思いが噴き出さん
ばかりに溢れていることを感じさせる素晴らしいシーンでした。

(ちなみに、連隊旗(軍旗)は天皇から直々に授与される唯一無二で神聖なる
ものであり、これを喪失することは大失態であります。太平洋戦争において、
輸送船に乗って移動時に船が敵潜水艦によって沈没、その際に軍旗が失われ
た部隊がありました。この部隊に軍旗は再交付されずに解体され、所属して
いた将兵は激戦地ばかり送り込まれ、殆どが戦死したそうです(篠山第170
連隊)。乃木大将も、後の殉死において西南戦争時に連隊旗を奪われたこと
を償うためであると、遺書に残しています。)


こうして、第3軍の指揮権を一時的に預かり、作戦会議に臨む児玉。

 諸君は昨日の専門家であるかもしれんが
 明日の専門家ではない。
 戦争が今 作戦の変更を命じておるんじゃ

このセリフが印象的でした。乃木大将、伊地知参謀長が必ずしも無能だった
訳ではなく、古い人間だった。古来からの野戦での指揮・戦略だったら充分
に活躍したかもしれません。しかし、「今」に対応出来なかった。

この児玉が第3軍の指揮権に介入するというエピソードは、記録や資料には
残されておらず、司馬遼太郎の創作である可能性が高いそうです。


次週はいよいよ日本陸軍VSロシア陸軍の一大決戦、奉天会戦です。これまで
出演シーンの少なかった兄・好古さん、出番です!



===坂の上の雲 第11話キャスト===

【秋山家】
秋山真之(さねゆき):本木雅弘
 …幼名は淳五郎。海軍にて連合艦隊参謀を務め、日本海海戦における作戦を
  立案、バルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争を勝利に導いて行く。
秋山好古(よしふる):阿部寛
 …真之の兄。日露戦争時は陸軍少将、騎兵第1旅団長。「日本騎兵の父」。

【陸軍関係者】
児玉源太郎:高橋英樹
 …陸軍大将。陸軍大学校初代校長。日露戦争では、満州軍総司令部総参謀長。
大山 巌(おおやま いわお):米倉斉加年
 …西郷隆盛のいとこ。日清戦争では第二軍指令。日露戦争時は満州軍総司令官。
乃木希典(のぎ まれすけ):柄本明
 …日清戦争では第一旅団長。日露戦争では第三軍司令官として旅順要塞を攻略。
伊地知幸介(いぢち こうすけ):村田雄浩
 …陸軍中将。日露戦争では乃木大将の第三軍参謀長を務める。
松川敏胤(まつかわ としたね):鶴見辰吾
 …陸軍大佐。満州軍作戦参謀。
村上正路(むらかみ まさみち):勝野洋
 …第三軍第七師団歩兵第二十八連隊長。203高地の頂上奪取に一時的に成功する。
豊島陽蔵(てしま ようぞう):川野太郎
 …日露戦争で第3軍砲兵部長として旅順攻囲戦では第3軍の全砲兵を指揮。
井口省吾(いぐち しょうご):堤 大二郎
 …好古と陸軍大学校で同期。日露戦争時には陸軍少将、満州軍総司令部参謀。
明石元二郎 (あかし もとじろう):塚本晋也
 …ロシア公使館付陸軍武官。密かにロシア革命支援工作を行う。
友安治延(ともやす はるのぶ):深水三章
 …第三軍後備第一旅団長。乃木保典の上官。
乃木保典(のぎ やすすけ):橋爪遼
 …乃木希典の二男。日露戦争に出征、203高地の攻略にて戦死。
中村覚(なかむら さとる):塩野谷正幸
 …第三軍、第3回旅順総攻撃における“白襷隊”隊長。
大迫尚敏(おおさこ なおはる):品川徹
 …第三軍、旭川第七師団長。
大庭二郎(おおば じろう):千葉哲也
 …第三軍参謀副長。列車内の児玉に叱責される。
白井二郎(しらい じろう):谷川昭一朗
 …第三軍参謀(作戦主任)。
田中国重(たなか くにしげ):嵐芳三郎
 …満州軍総司令部参謀。
津野田是重(つのだ これしげ):永井浩介
 …第三軍参謀。大尉。
佐藤鋼次郎(さとう こうじろう):浜田学
 …第三軍砲兵中佐。
奈良武次(なら たけじ):佐久間哲
 …第三軍攻城砲兵司令部員
松村務本(まつむら かねもと):桐山浩一
 …第三軍第一師団長。
村上の副官:池田努
斎藤季治郎(さいとう すえじろう):村上新悟
 …友安治延の部下。
児玉(兒玉)久子(こだま ひさこ):守田菜生
 …児玉源太郎の姉。夫・兒玉次郎彦は幕末に佐幕派によって暗殺。
児玉源太郎(少年時代):黒濱優至
乃木希典(少年時代):番場翔
後藤秀四郎(さとう ひでしろう):田上晃吉
 …騎兵中尉。好古の部下。
小林環(こばやし たまき):片岡暁孝
 …騎兵少尉。好古の部下。
中屋新吉 (なかや しんきち):辻輝猛 
 …騎兵大尉。好古の副官。

【海軍関係者】
東郷平八郎(とうごう へいはちろう):渡哲也
 …元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長。日露戦争時は連合艦隊司令長官。
島村速雄(しまむら はやお):舘ひろし
 …参謀長として旅順港封鎖に参加。封鎖作戦後、第二艦隊第二戦隊司令官に転任。
岩村団次郎(いわむら だんじろう):山口馬木也
 …陸軍第三軍へ派遣された連絡将校。
伊地知彦次郎(いじち ひこじろう):ダンカン
 …日露戦争では、連合艦隊旗艦「三笠」艦長。
永田泰次郎(ながた やすじろう):頼三四郎
 …日露戦争中は東郷平八郎の幕僚副官となり参謀部につく。
飯田久恒(いいだ ひさつね):蟹江一平
 …日清戦争では少尉候補生として「愛宕」に乗艦。日露戦争時は第一艦隊参謀。
清河純一(きよかわ じゅんいち):小林高鹿
 …第一艦隊参謀。東郷の幕僚副官。

【ロシア】
コンドラチェンコ:リュボミラス・ラウチェービチュス
 …シベリア第7狙撃兵師団長。旅順要塞防衛の陣頭指揮にあたる。
トレチャコフ:サウリェス・バガリューナス
 …二〇三高地の防衛指揮官。

【その他】
玉木文之進(たまき ぶんのしん):江良潤
 …長州藩士。吉田松陰の叔父で松下村塾の創立者。少年時の乃木希典を教育。



=== スタッフ ===
原作/題字:司馬遼太郎(『坂の上の雲』より)
脚本:野沢尚、加藤拓、佐藤幹夫
脚本監修:池端俊策
脚本諮問委員:山折哲雄(国際日本文化研究センター所長)、
       鳥海靖(東京大名誉教授)、宮尾登美子(作家)、
       松原正毅(国立民族学博物館教授)、松本健一(評論家)、
       関川夏央(作家)、遠藤利男(元NHK放送総局長)
音楽:久石譲
メインテーマ:『StandAlone』 
   作曲:久石譲
   作詞:小山薫堂
   歌:麻衣(第3部)
語り:渡辺謙
エグゼクティブ・プロデューサー:西村与志木、菅康弘
制作統括:中村高志、藤澤浩一
演出:加藤拓(10,11話担当)
   柴田岳志(1、2、3、4話担当)
   一色隆司(5話担当)
   佐藤幹夫(6、7、8話担当)
   木村隆文(9話担当)
   
========================

← 『坂の上の雲』第10話へ『坂の上の雲』第12話へ →






テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。