TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN-仁- 最終回のその後PART2  DVD発売そして映画化は

「JIN-仁-」のDVD-BOXが3月17日に発売されるに向けて、Amazonに特
集サイトが開設されています。名場面集や石丸彰彦プロデューサーへのイン
タビューもあり、購入予定の無い方でもドラマをご覧になった方でしたら楽
しめるサイトではないでしょうか。
Amazon 「JIN-仁-」特集
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=1000319826


で、本作においては「あの」ラストシーンにより、映画化や続編を希望する
声、決定の噂もいろいろありました。
上記のサイトでのインタビューでは一切触れられていません。どうなってい
るのかなあ・・・



1月29日付の日刊スポーツが映画化が決定した、と報じましたが、TBS側は
「『映画化』などの決定している事はまだない状況」「(日刊スポーツの記
事は)誤った情報」と否定する公式コメントを発表しました。

“『JIN-仁-』映画化決定”の報にTBSが「決定している事はまだない」と反論
http://www.oricon.co.jp/news/movie/72914/full/ 《ORICON STYLE》


週刊新潮2月4日号にも「「JIN」の映画化に暗雲」という記事が載っていたの
をご覧になった方も多いと思います。

・直ちに映画化は難がある。急すぎて俳優たちのスケジュール調整が間に合
 わないようだ
・TBSは今年12月に『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の公開を控えている
・TBSは社を挙げてヤマトを成功させるのが至上命題
・スタッフも広報予算も、『JIN』に振り分ける余裕はないはず
・TBSはいまもSMAP重視政策をとり、なかなか縁が切れない
・もし『JIN』が映画化され、木村拓哉主演のヤマトに勝ったらTBS社内では
 大問題になるだろう
以上のようなことが週刊新潮には書かれていました。


さらには、以下のような記事も。

これらの理由だけでなく、権利関係の問題も浮上しているという。
「現代の恋人の存在など、もともと原作にはないオリジナル要素が多かった
『JIN』ですが、映画版では現代に再びタイムスリップした仁と、別の人間と
して生まれ変わった恋人の再会をテーマにしたいとの案が出た。ドラマの続
きとしては納得できなくはないですが、完全に原作とかけ離れた内容ですか
ら、作者と版元が難色を示したようです」

『JIN-仁-』大ヒットも、映画制作に踏み切れないTBSの懐事情
http://www.menscyzo.com/2010/01/post_834.html《メンズサイゾー》


映画化に向けて動いたが、上手くいっていなく、さらに突っ切って動く力が
現状ではTBSにない、そういう感じでしょうね。

当ブログとしては、何度も言ってますが来年とかでもいいから、じっくりと
ドラマ続編に向けて動いて欲しいです。
ドラマの続きはドラマで。映画やDVDで、という商売根性は捨てましょう。


←JIN-仁-  最終回のその後 へJIN-仁- ドラマ続編が正式決定!→




スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

龍馬伝 第8話

'10,2,21放送  NHK総合

大河ドラマ『龍馬伝』 第8話「弥太郎の涙」感想
今回は、どうでしょう。
面白いエピソード、シーンもありましたが気になる点もいくつかありました。

今回はなんといっても吉田東洋。過去回でも厳しく冷徹なところを見せてい
ましたが、改めてゴー慢さ全開のキャラ設定なんだと思い知らされました。
あんな眼光ギラギラで「わしは天才じゃ」と言い切られたら、もう反論しよ
うもありません(笑)。

地位の無い者は力の無い者、力の無い者は黙っているしかない。そう断言さ
れてしまった龍馬と弥太郎。
思わず「青島ぁ~ッ!」と叫ぶ室井さんを思い浮かべてしまいました(笑)。
「正しいことをしたければ、偉くなれ」(by和久さん)
社会に出たら、何かしらのカタチで誰もが実感出来る言葉だと思いますが、
龍馬たちもまた改めて痛感したことでしょう。なんてな。


東洋の怪演に喰われた形ですが、今回に限って言えば弥太郎が主人公な展開
でした。汚さも全開。
脇に廻った龍馬ですが、門に落書きしながらの二人の会話のシーンはとても
良かったですね。龍馬が確実に大人になっていることを感じさせます。

しかし、今回気付いたのですが岩崎家は安芸市にあるのですね。坂本家は高
知市(現代でいうと)。えらく離れてますが・・・
あの弥太郎の塾は高知市?安芸?加尾が通うのなら高知市じゃないと。
このあたり、ドラマとして地理条件をかなり無理しているようです。


さて半平太もついに江戸に行けることになったわけですが、ここで気になる
のは母の存在。以前、半平太は母の面倒を見なきゃいけないので自分は江戸
には行けない、というようなことを言っていたはずですが。

ですから、母のことを気にかけながらの出立、というシーンが欲しかった。
母との会話を短くてもいいので。お守りを手渡すとかでもいいし、妻の冨に
「母のことは頼む」と言うだけでもいい。そんな、人間武市半平太で描写し
て欲しかった。
それとも母親のことは全く気にもかけないほど、半平太はダークサイドに墜
ちてしまったのか…。


龍馬と加尾の関係についても同じようなことが言えます。龍馬は以前、加尾
に対して「好きじゃ。けど妹としてか、オナゴとしてか、よう分からん」と
言っていました。それが今回は「迎えにくるから」と告白状態。
いつ、龍馬の心情に変化があったのか、オナゴとして好きになったのかが描
かれていない。前回の嫁にいかなかった、ということを二人が会話している
ところ?あれでは弱いでしょう。

人物の心理描写が弱いので、なんかブツ切りな展開になっている印象を受け
ます。2話の感想でも書きましたが。
「サルでも分かる安易な演出」ではなく「ていねいな描写」をして欲しいと
願っているのを読んで頂いている方々には分かって貰えるでしょうか?

せっかく良質な大河ドラマになりうる要素がいくつもあるのに勿体ないと私
は思っております。


映像に関してはとてもキレイで見応えがあります。前回のかたつむり、今回
の和傘と、和の色彩をスッとワンポイント挿入する演出も気持ちいい。これ
は7、8話演出担当の渡辺氏の手腕によるところですね。


「官以賄賂成、獄因愛憎決」(官は賄賂をもって成り、獄は愛憎によって決す)
この落書き(史実では墨だったそうですが)で弥太郎は投獄、7ヶ月間の入牢
となります。しかし、この体験は彼の反骨精神を大いに鍛え上げ、さらには
同房の商人からは算術や商売のイロハを学び、将来に大きく影響する体験と
なったそうです。


次回、龍馬江戸でさなとの再会。そして山本琢磨の逃亡手助け。



==龍馬伝 キャスト==

坂本龍馬:福山雅治
 …坂本家次男。幕末の激動期を駆け抜けた志士。

【坂本家】
坂本乙女(おとめ):寺島しのぶ
 …坂本家三女、龍馬の姉。龍馬10歳で母を亡くした後、母親代わりになる
坂本八平(はちへい):児玉清
 …龍馬の父。八平は隠居後の呼称で、本名は坂本直足(なおたり)。
坂本権平(ごんぺい):杉本哲太
 …坂本龍馬の兄。長男
坂本伊與(いよ):松原智恵子
 …八平の後妻。
坂本千野(ちの):島崎和歌子
 …権平の妻。
坂本春猪(はるい):前田敦子(少女時代:松元環季)
 …坂本権平の長女。龍馬の姪だが8つ違いで兄妹のように仲が良かった。
ぎん:林侑香
 …坂本家の下女。
さと:三宅ひとみ
 …坂本家の下女。
けい:渡邉沙織
 …坂本家の下女。

【岩崎家】
岩崎弥太郎(いわさき やたろう)香川照之
 …土佐藩の地下浪人。藩の商務組織・土佐商会主任となり、海援隊の経理も担当。
岩崎弥次郎(やじろう):蟹江敬三
 …弥太郎の父。
岩崎美和(みわ):倍賞美津子
 …弥太郎の母。
岩崎さき:野口真緒
 …弥太郎の妹。
岩崎弥之助(やのすけ):須田直樹
 …弥太郎の弟。後に兄弥太郎の事業を助け、三菱財閥2代目総帥となる。

【武市家】
武市半平太(たけち はんぺいた):大森南朋[本名:武市瑞山]
 …土佐藩の白札(郷士だが当主のみ上士扱い)。土佐勤王党を結成する。
武市冨(たけち とみ):奥貫薫
 …半平太の妻。
智(とも):菅井きん
 …半平太の祖母。

【平井家】
平井加尾(ひらい かお):広末涼子
 …土佐藩郷士平井収二郎の妹。龍馬の幼なじみで初恋の人と言われている。
平井収二郎(しゅうじろう):宮迫博之
 …土佐藩郷士。加尾の兄。土佐勤王党に参加する。

【土佐藩主・上士】
吉田東洋(よしだ とうよう)[元吉→東洋]:田中泯
 …土佐の藩政改革を進めるが、土佐勤王党によって暗殺される。
柳川克五郎:つまみ枝豆
 …安藝奉行所の役人。

【土佐藩下士】
岡田以蔵(おかだ いぞう):佐藤健
 …武市半平太の指示にて多くの暗殺に関与、「人斬り以蔵」と呼ばれた。
溝渕広之丞(みぞぶち ひろのじょう):ピエール瀧
 …郷士。江戸で千葉道場で龍馬と同門。後に砲術を学び土佐にて藩兵に指導。
望月亀弥太(もちづき かめやた):音尾琢真
 …土佐勤王党に加盟。池田屋事件にて包囲を抜け切るも長州藩邸前で自刃。
望月清平(もちづき せいへい):本田大輔
 …亀弥太の兄。土佐勤王党に弟と共に参加。
島村衛吉(しまむら えきち):山凬雄介
 …郷士。土佐勤王党に加盟、吉田東洋暗殺に関与。勤王党弾圧で投獄、拷問死。
川原塚茂太郎(かわらづか もたろう):原田裕章
 …龍馬の兄・権平の妻・千野の弟。土佐勤王党に加盟し、同志集めに奔走。
黒田吉蔵:坂田直貴
 …武市道場の門人
野上清吉:駿河太郎
 …武市道場の門人
田山勝太郎:日向 丈
 …武市道場の門人
 
【土佐の人々】
近藤長次郎(こんどう ちょうじろう):大泉洋
 …饅頭屋の長男。勝海舟の元で航海術を学ぶ。英国への密航計画が発覚し切腹。
島田便右衛門(しまだ べんえもん):日野陽仁
 …井ノ口村の庄屋。
彦右衛門:中西学(新日本プロレス)
 …島田便右衛門の使用人。大男。
門番:古川 健



●スタッフ
作:福田靖
音楽:佐藤直紀
制作統括:鈴木圭、岩谷可奈子
プロデューサー:土屋勝裕
演出:渡辺一貴(7、8話担当)
   大友啓史(1、2、4話担当)
   真鍋斎(3、5、6話担当)
   梶原登城
   

← 龍馬伝 第7話へ龍馬伝 第9話へ→



テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

アニメ映画 風の谷のナウシカ

'10,2,19放映 日本テレビ系列 金曜ロードショー

「風の谷のナウシカ」(1984) 東映
オリジナル116分、放映時間144分、放映本編時間116分。
製作が'84年かー。もうずいぶんと経つんですね。でも内容も画も古臭さを
全く感じない。本当に優れた作品です。

驚いたのが今回でTV放送が13回目だということ。確かによく何度も放映し
ている印象はありましたが、そんなにしているとは。多くの人々に支持され
ている作品で、放送の度に視聴率も良く、正にキラーコンテンツ、裏番組殺
しのプログラムであります。

2002年1月11日の10回目の放送時、裏番組のドラマ「トリック2」内で、
書道教室にて「なんどめだナウシカ」と書かれた習字の紙がドーンと画面に
映されたのは有名な話で、堤幸彦ならではの皮肉とあきらめのメッセージで
した。


内容については今更触れるまでもなく、環境問題を大きなテーマとしており、
その点でも製作当時よりも現代の方が、更に注目されるところであると思い
ます。自然を押さえつけて支配しようとする人間、対して自然と寄り添い、
共生しようとする人間。

人間がとことんまでやっちゃって荒廃した未来世界、というイメージは欧米
では殆どが砂漠が広がる世界なんですが、腐海という森の創造は宮崎駿監督
らしいところ。ナウシカの以後も「ラピュタ」「トトロ」「もののけ姫」と
森のイメージは宮崎作品で重要なポイントだと思います。

エンドシーンはナウシカが落とした「チコの実」が芽を出しているところが
映し出され、清浄な世界への希望が残されていることを感じさせて終わりま
すが、原作のマンガは更にいろいろ複雑なストーリーとなるようです。


また、この作品はスタジオジブリが発足する前で、制作は「トップクラフト」
となっております。ここが発展的解消してジブリが生み出されました。です
から正確には本作はジブリ作品では無いのですが、便宜的にジブリ作品群に
含まれて語られることが多いようです。

宮崎監督は外部からもスタッフを集め、その中に後に「新世紀エヴァンゲリ
オン」で名を馳せる庵野秀明がいたのはあまりに有名。庵野は原画マンとし
てクライマックスの巨神兵のシーンのを担当。なるほど、巨神兵の攻撃によ
る爆発シーンは言われてみれば庵野らしい爆発です。

後に庵野監督が描いた回想録によると、監督としての立場、態度や考え方等
において大きく影響を受けたことがわかります。「煙は2色まで。3色使う
と殺す!」との伝言メモがあったことには笑いました。

NHKの「トップランナー」に庵野監督が出演した際、巨神兵が溶けるシーン
について「失敗だった。溶けるのが早すぎた。宮さん(宮崎駿監督)の指示で、
中5(なかご)(※原画と原画の間に、動画が3コマで5枚のこと)にしたけど中7
(なかなな)にすればよかった」と後悔の弁を語っています。
http://kanzaki.sub.jp/archives/000272.html より。

なお、庵野作品のメカ描写、爆発シーンのまとめは以下を参照。
YouTube - ‐庵野秀明作画担当パート集(微修正版)‐
ナウシカも当然含まれ、アニメーターとしての旬だった、と自身が語ってる
「オネアミスの翼」でのロケット打ち上げシーンとかがあります。

いかん、いつのまにか庵野ネタの話になってしまった。。。



では最後に「風の谷のナウシカ」こぼれ話。
あの感動のラストは、実は当初の構想では全く無かったそうです。
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20080831
(活字中毒R。)


王蟲が突進してくる前にナウシカが降り立つ。そこでエンドマークというつ
もりだった・・・・・・

え、ええーっ?そこで終わりかよっ!!
そんなの観たら、頭の中は?マークだらけになったでしょうね。
アニメ映画として、あのラストは正解だったと思います。



《声の出演》
ナウシカ(島本須美)…風の谷の姫。風使いの少女。16歳。
ユパ(納谷悟朗)…腐海の謎を解くために旅を続ける剣士。ナウシカの師。
アスベル(松田洋治)…工房都市ペジテの王子。熱血漢。メカに強い。
クシャナ(榊原良子)…トルメキア帝国の皇女。黄金の鎧と白マントに身を包む。
クロトワ(家弓家正)…トルメキア軍の参謀。平民出で人間くさい野心家。
ジル(辻村真人)…風の谷の族長で風使い。ナウシカの父。
大ババ(京田尚子)…百歳を越す腐海辺境一の年寄。「青き衣…」の伝承を語る。
ミト(永井一郎)…城オジたちの一人。リーダー格。
ゴル(宮内幸平)…城オジたちの一人。風見番。
ギックリ(八奈見乗児)…城オジたちの一人。腰痛もち。
ニガ(矢田稔)…トルメキアの戦車を奪った、城オジたちの一人。
ラステル(冨永みーな)…ペジテの姫でアスベルとは双子。船が墜落し命を落とす。
ほか

《スタッフ》
原作・脚本・監督…宮崎駿
プロデューサー…高畑勲
作画監督…小松原一男
美術監督…中村光毅
音楽…久石譲
原画…金田伊功、丹内司、なかむらたかし、庵野秀明 ほか
制作…トップクラフト
製作総指揮…徳間康快、近藤道生




【関連記事】
「ナウシカの巨神兵、映画化!」 へ→ 




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

大魔神カノン、春より放送開始

 1966年に大ヒットした特撮時代劇映画「大魔神」が、テレビドラマと
して44年ぶりに"復活”することが13日、分かった。4月2日にテレビ東
京系でスタートする「大魔神カノン」(金曜深夜1・23)で、総製作費は
深夜帯ドラマとして破格の10億円。主人公の女子大生役は、1000人以
上のオーディションから選ばれた女優、里久鳴祐果(りくな・ゆか=21)
が務める。

~中略~

 新作では500年の時空を超え、舞台が悪霊に取りつかれた現代へ。主人
公の大学生、カノンが“祈りの歌”を歌い続けることで、眠っていた大魔神が
覚醒し、悪と対峙する。

 撮影には7カ月かけ、昨年12月にクランクアップ。敵役をCG映像で描
くなど最新鋭の技術を駆使し、総製作費は映画並みの10億円を投入した。
通常の深夜帯ドラマは1話当たり700万円程度だが、今回は4倍近い金額
をつぎこみ、全26話の大作を完成させた。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/100214/med1002140720002-n1.htm
《「大魔神」44年ぶり復活!製作費10億円 》より



昨年の秋頃に放映、との話が一時期ありましたが、何の動きも無かったので
もうこの話は流れたのかな、と思っていましたらしっかり進行していたんで
すね。この春から放送開始です。

オリジナルの「大魔神」は時代劇であり、埴輪をモデルとしたデザインはあ
まりに有名ですが、新作は現代を舞台とし、埴輪的な感じは全くありません。
なんか剣闘士な大魔神カノン。

どうなんでしょう、この大魔神。

daimajin_old_c.jpg
皆さんご存知のオリジナル。


daimajin_new.jpg
新作の大魔神。うーん。



深夜帯ドラマとして破格、とのことですが、10億を26話で単純に割ると1話
約3840万円。仮面ライダーの制作費が大体3千万と聞いたことがありますか
ら、特撮ドラマとしてはそんなに高くないことになります。
て言うか通常の深夜枠のドラマ、安すぎだ。スタッフの方々、苦労してるん
でしょうね・・・NHKの朝ドラ15分で890万円だそうですから・・・



特報がYouTubeに流れています。
YouTube-「大魔神カノン」特報





かなり不安要素の高い新作ですが、とりあえず観てみたいですね。
放送エリア、スケジュールは以下の通り。

テレビ東京   4月2日より毎週金曜日 深夜1時23分~
テレビ大阪   4月6日より毎週火曜日 深夜1時30分~
テレビ愛知   4月5日より毎週月曜日 深夜1時28分~
テレビせとうち 4月7日より毎週水曜日 深夜1時18分~
TVQ九州放送 4月7日より毎週水曜日 深夜1時38分~
※放送開始時間は変更になる場合有り


出演:里久鳴祐果 眞島秀和 長澤奈央 
   山中 祟 森 豪士 小川瀬里奈 柴田理恵 長門裕之
プロデューサー:高寺重徳
監督:坂本太郎ほか
脚本:大石真司ほか
特撮:三池敏夫
VFX:小坂一順
アクション:小池達朗
制作:ドッグシュガー
音楽:佐橋俊彦
製作:2010大魔神カノン製作委員会 

大魔神カノン公式ホームページ



テーマ:特撮 - ジャンル:テレビ・ラジオ

龍馬伝 第7話

'10,2,14放送  NHK総合

大河ドラマ『龍馬伝』 第7話「遥かなるヌーヨーカ」感想

今回は歴史的な出来事は無く、まったりと展開。ギャグパート担当の弥太郎、
泣かせ担当の児玉清が共にいい味を出して抜群の働きでした。


・おまさん、と呼んでくれ(何かニヒル顔)
・加尾、逃げる
・突っ伏す弥太郎、鷄コッコッコケッ
・「りょうまぁ~」
・ノー天気に龍馬登場「やたろー」
・土佐のオナゴはくれてやるぜよ!

この展開はもう爆笑でした。大河ドラマでこんなに笑うとは。弥太郎という
キャラの創作は、本作において何より評価すべきポイントですね。ちょっと
汚すぎるのが気になるんですが。

龍馬の作った黒船の模型も大笑。前回、桂小五郎が作っていた黒船はとても
良く出来ていたのに、龍馬のはもう訳のわからん船で(笑)。


饅頭屋長次郎(近藤長次郎)を大泉洋が好演。この人は後に可哀想な最後を遂げ
るんですねえ。大泉がどう演じるか期待出来ます。'89年TBSにて放送された、
「坂本龍馬」(主演:真田広之)では香川照之がこの長次郎を演じたそうです。

河田小龍はリリー・フランキーがこれまた好演。本業のイラストレーターだ
けでなく、実にいろいろと多才な人。演技もソツなくこなしていました。
河田小龍は、ジョン万次郎が帰国した時に取り調べられた報告書「漂巽紀略
(ひょうそんきりゃく)」を書いており、国際的な感覚を身につけていた数少
ない土佐人でした。龍馬が国際貿易に目を向けることになったのは、この人
の影響大。龍馬にとって実に大きな出会いとなります。


後半は父、八平との別れを描いていましたが、これはもう児玉清「結構!」
でした。司会業の方が印象深い方ですが、元々はデビュー間もなく、黒澤明
監督にその演技を認められた人ですから、俳優としても確かな実力者。

海辺のシーンは泣けました。夢を、未来を語る末っ子龍馬を優しく見つめる
父親。そして家族。
龍馬の語る夢が、絵空事ではなくて本当にこいつならやるかも知れん、そう
八平は思ったのではないでしょうか。
家族たちの遠景、八平の死はナレーションで伝え、エンドは小龍の描いた竜
の絵で。この構成もとても良かったと思います。


次回、江戸で学ぶ弥太郎に降り掛かる災難。そして龍馬、再び江戸へ。


==龍馬伝 キャスト==

坂本龍馬:福山雅治
 …坂本家次男。幕末の激動期を駆け抜けた志士。

【坂本家】
坂本乙女(おとめ):寺島しのぶ
 …坂本家三女、龍馬の姉。龍馬10歳で母を亡くした後、母親代わりになる
坂本八平(はちへい):児玉清
 …龍馬の父。八平は隠居後の呼称で、本名は坂本直足(なおたり)。
坂本権平(ごんぺい):杉本哲太
 …坂本龍馬の兄。長男
坂本伊與(いよ):松原智恵子
 …八平の後妻。
坂本千野(ちの):島崎和歌子
 …権平の妻。
坂本春猪(はるい):前田敦子(少女時代:松元環季)
 …坂本権平の長女。龍馬の姪だが8つ違いで兄妹のように仲が良かった。
ぎん:林侑香
 …坂本家の下女。
さと:三宅ひとみ
 …坂本家の下女。
けい:渡邉沙織
 …坂本家の下女。

【岩崎家】
岩崎弥太郎(いわさき やたろう)香川照之
 …土佐藩の地下浪人。藩の商務組織・土佐商会主任となり、海援隊の経理も担当。
岩崎弥次郎(やじろう):蟹江敬三
 …弥太郎の父。
岩崎美和(みわ):倍賞美津子
 …弥太郎の母。
岩崎さき:野口真緒
 …弥太郎の妹。
岩崎弥之助(やのすけ):須田直樹
 …弥太郎の弟。後に兄弥太郎の事業を助け、三菱財閥2代目総帥となる。

【武市家】
武市半平太(たけち はんぺいた):大森南朋[本名:武市瑞山]
 …土佐藩の白札(郷士だが当主のみ上士扱い)。土佐勤王党を結成する。
武市冨(たけち とみ):奥貫薫
 …半平太の妻。

【平井家】
平井加尾(ひらい かお):広末涼子
 …土佐藩郷士平井収二郎の妹。龍馬の幼なじみで初恋の人と言われている。
平井収二郎(しゅうじろう):宮迫博之
 …土佐藩郷士。加尾の兄。土佐勤王党に参加する。


【土佐藩下士】
岡田以蔵(おかだ いぞう):佐藤健
 …武市半平太の指示にて多くの暗殺に関与、「人斬り以蔵」と呼ばれた。
望月亀弥太(もちづき かめやた):音尾琢真
 …土佐勤王党に加盟。池田屋事件にて包囲を抜け切るも長州藩邸前で自刃。
望月清平(もちづき せいへい):本田大輔
 …亀弥太の兄。土佐勤王党に弟と共に参加。
島村衛吉(しまむら えきち):山凬雄介
 …郷士。土佐勤王党に加盟、吉田東洋暗殺に関与。勤王党弾圧で投獄、拷問死。
川原塚茂太郎(かわらづか もたろう):原田裕章
 …龍馬の兄・権平の妻・千野の弟。土佐勤王党に加盟し、同志集めに奔走。
黒田吉蔵:坂田直貴
 …武市道場の門人
野上清吉:駿河太郎
 …武市道場の門人
田山勝太郎:日向 丈
 …武市道場の門人
近藤長次郎(こんどう ちょうじろう):大泉洋
 …饅頭屋の長男。勝海舟の元で航海術を学ぶ。英国への密航計画が発覚し切腹。
 
【土佐の人々】
日根野弁治(ひねの べんじ):若松武史
 …剣術家、坂本龍馬の師匠。龍馬は14歳から5年間日根野道場へ稽古に通った。
河田小龍(かわだ しょうりょう):リリー・フランキー
 …幼少のころより画を学び、日本画家として名を成す。
為五郎:高橋晃
 …弥太郎の塾に通う子供。
鶴吉:島綾佑
 …弥太郎の塾に通う子供。

【長州藩】
桂小五郎(かつら こごろう)[木戸孝允]:谷原章介
 …尊王攘夷派の中心人物。江戸練兵館塾頭。龍馬の仲介により薩長同盟を結ぶ



●スタッフ
作:福田靖
音楽:佐藤直紀
制作統括:鈴木圭、岩谷可奈子
プロデューサー:土屋勝裕
演出:渡辺一貴(7話担当)
   大友啓史(1、2、4話担当)
   真鍋斎(3、5、6話担当)
   梶原登城
   

← 龍馬伝 第6話へ龍馬伝 第8話へ→



テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。