TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ハプニング』を観た。

『ハプニング』THE HAPPENING(2008年、91分)

Happening_A.jpg


監督デビューの『シックス・センス』があまりによく出来ていたので、その後も
期待されまくるが、未だにデビュー作を超えられないシャマラン監督。本作でも
超えられない、どころかドンドンだめになっていくような・・・ストーリー運び
とかは面白い、才能はある監督だと思うのですが・・・どうも、ワンアイディア
に頼りすぎる所があります。本作品でも、「人がどんどん自殺し始める、理由不
明。これは怖い!」これだけでいっちゃった感じです。

シャマラン映画は良くも悪くもラストに「うへっ」となるオチがあって、それが
魅力なんですが、本作ではそれもかなり薄いんですね。そこも残念です。

本作品を観て、ヒッチコックの『鳥』を思い起こす方も多いと思いますが、あれ
は「鳥」という明確な姿がありました。『ハプニング』では草木と風、という風
景が映るのみ。これはこれで不安、不気味さを感じましたが、逆に明確な恐怖の
対象がそこに無い為に恐怖をイメージしにくい人もいるかもしれません。

人間は社会的動物であります。一人では生きられず、集団社会を形成します。正
体不明の敵に対し、人は互いに助け合い、集団で危機を乗り越えようとするのに,
ここでは集団であればあるほど危険で、バラバラにならないとやられてしまう。
レミングの集団自殺ではないですが、人も多くいれば自殺へと歩み始める・・・
このあたりはとても皮肉が効いています(ちなみに、レミングの集団自殺は誤り
です。事実ではありません)。

興味深いのが、本来の「敵」である草木でなく、立てこもった家の住人、偏屈な
宗教がかった老女、という人間もまた恐怖の対象であること。人は全て理解し合
える訳ではなく、こんな状況でも、いや、こんな状況だからこそ、でしょうか。
人間同士でも、敵味方に簡単になってしまうことを描いています。

冒頭、ミツバチの激減についての話があります。これはアメリカだけではなく、
世界中で起きており、日本も例外ではありません。農水省が緊急対策という記事
が先日出ていました。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200904/2009041000810
http://www.47news.jp/47topics/e/106179.php

「もしハチが地球上からいなくなると、4年後に人類は滅亡する」と黒板にアイ
ンシュタインの言葉として書かれてありましたが、実はこれ都市伝説の様です。
アインシュタインがいつ、どこで言ったか、書いたのか、全く引用元が不明らし
い。とはいえ、意味深い言葉ではあります。

要所要所、面白いポイントはあるのですが、一本の映画作品としては残念ながら
今イチでありました。


スタッフ
監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
撮影:タク・フジモト
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

キャスト
マーク・ウォールバーグ(エリオット:高校の科学教師)
ズーイー・デシャネル(アルマ:エリオットの妻)
ジョン・レグイザモ(ジュリアン:エリオットの友人、数学教師)
アシュリン・サンチェス(ジェス:ジュリアンの娘)
スペンサー・ブレスリン(ジョシュ:脱出時に同行した少年)
ベティ・バックリー(ジョーンズ夫人:宿を提供した老女)
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ぼくの妹 第2話

'09,4,26放映

●スタッフ
脚本…池端俊策
演出…金子文紀/清弘 誠/加藤 新
制作プロデューサー…八木康夫
プロデューサー…高橋正尚
主題歌…「ふたり」いきものがかり
製作著作…TBS

●キャスト
江上 盟(メイ)…オダギリジョー
江上 颯(サヤ)…長澤まさみ
九鬼研次…千原ジュニア
桐原里子…ともさかりえ
瀬川欽也…田中哲司
瀬川茂子…鈴木砂羽
大河原春奈…笹本玲奈
大河原龍三…若林 豪
櫻井忠治…大滝秀治 ほか

ーー第2話「犯人は妹…!!」あらすじーー
里子(ともさか)がビルから落ちて死んだ。衝撃を受ける盟(オダギリ)。
現場から立ち去る颯(長澤)の姿があった。
警察から事情聴取を受ける盟。まるで取り調べだった。
マンションに帰ると颯がいた。事件のことを忘れる様に諭す颯。まるで母親のよう。
颯が帰ったあと、盟に送信者不明のメールが届く。
「桐原里子を殺したのはお前だ」

翌日、家を出る盟の車をじっと見つめる男の姿。九鬼(千原Jr.)だ。警察か?と盟。
病院にて、盟は教授には事情報告しておこうとするが、准教授の塚本(佐戸井けん太)
も教授は呼びつけ、案の定塚本はスキャンダルだと騒ぐ。理事長には報告すると教授。

理事長の経営する商事会社に呼ばれた盟。理事長の娘、春奈(笹本玲奈)は、父は女性
スキャンダルは嫌いだ、地方に飛ばされますよ、とつれない態度。別にかまわない、
と盟。大河原理事長(若林豪)は盟の医者としての実力に惚れていて、事件の犯人では
なければ問題なし、とにこやか。そればかりか、娘が君を好きらしい、是非さそって
やってくれと言う。戸惑う盟。
「いかがでした?父の反応は」受付から声をかける春奈。
「想像を超えてました」立ち去る盟。
「クビ!?」あわてて父の部屋に駆け込む春奈。

次の休日、盟は里子のアパートへ花を持って訪れる。
桜井老人(大滝秀治)の携帯の写真に颯が写っていた。死ぬ前日に来たらしい。
どういうことか知りたい盟は妹と連絡を取ろうとするが、全く行方がわからない。
彼氏の弁護士の瀬川(田中哲司)もやはり連絡が取れない。

2日後、瀬川の妻・茂子(鈴木砂羽)が盟の診察室に押しかけてきた。
夫が帰ってこない、颯と一緒に違いない、と盟を責める。
興信所が二人の居場所をつかんだ。盟は茂子と共に、二人が一緒に住んでいる家へ
向かう。

そこで茂子はカッターナイフを握りしめ、颯に近づく。
説得する瀬川の声も届かず、茂子は颯に襲いかかる。
盟が間に入るが、腕にかすり傷を負う颯。
放心状態で泣き叫ぶ茂子を抱きしめる瀬川。それを見て部屋を飛びだす颯。
追う盟。

見失う盟。必死に探し、工場の煙突の上にいる颯を見つける。
慎重に階段を上り、近づく盟。懸命に説得する。
「お兄ちゃん・・・瀬川さん・・・やっぱり駄目かもね・・・」
「・・・」
「どこかでダメだと判ってた。でも、夢だから・・・」
「颯・・・」
颯、手を離し、バランスを崩す。片方の靴が落ちた。
「手を離すな!・・・瀬川のことは、俺が許す!死ぬほどのことじゃ無いだろ!」
「でも、人の道外れてるって言った!」
「外れてるよ!・・・お前ハズレっぱなしだよ!」
 ・・・でも、生きてて欲しいよ!・・・妹だからなっ!」
号泣する颯。説得に応じ、降りてくる。
瀬川が二人に近づく。頭を下げるが盟は無視。颯も一瞬迷うようだが、兄のもとへ。

落ち着いた颯に、里子に会いにいったことを尋ねる盟。
認めるが、私をお兄ちゃんの彼女と勘違いしたみたいで、口喧嘩になっておしまい、
それだけだと言う。
盟は、長年妹とつきあっていた経験の勘で、まだ喋っていない事があると感じる。

次の休日、自転車に乗って遠出する盟。気がつくと自転車の男が近づいてくる。
一度は引き離したが、休憩している盟のところへやって来た。九鬼だ。
「俺の恋人は死んだ、殺した奴が憎い!」と。
そして、九鬼と名乗り、自分の名をよく覚えておけと告げる。
「これは何かの罠だと思った。たちの悪い罠だ・・・」
ーーー3話に続く


当初、視聴予定になかった「ぼくの妹」ですが、1話の評判が高いのを聞き、試しに
インターネットをゴニョゴニョして1話を観ると、なるほど面白い。

とっぽい兄ちゃんと、勝ち気な妹とのヒューマンドラマ、ということであまり興味は無
かったのでしたが、サスペンス要素があるストーリー展開で、ラスト3分で次回はどー
なるんだろ?と思わせるドキドキ演出。上手いです。はまりそう。

主役の2人以外にも、ツンデレな理事長の娘、怪しげなジュニア、人の良さげな大滝老
人と周囲のキャラもいい感じ。

里子(ともさか)を殺したのは誰か?という謎解きも絡んできそうですね。自殺でも事故
でもないような感じ。予告で里子の背中を押す黒手袋がちらりと。九鬼?妹?弁護士?
まさか大滝老人?ww

今期は「ぼくの妹」「BOSS」「白い春」に期待したいと思います。


「ぼくの妹」第3話へ・・・


テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

特選映画:Vol.2 地獄の7人

地獄の7人"Uncommon Valor"('83) 105分

uv01


事実に基づいて、正直に告白するならば、今までに一番泣いた映画。
劇場で観たのが高1の6月、なんというか、いわゆる5月病のような状況で、精神的に
普通ではないときに観たせいでしょう。

冒頭、戦場から帰らぬ息子を想うジーン・ハックマン扮する退役軍人ローズ大佐。夜、
寝床で雷鳴のなか、幼い息子の幻を見ます。怯えている息子の手を握ろうとするハック
マン。握ったかに思えたその手はしかし幻。我が手をググっと握りしめる・・・
ここでもう、涙腺崩壊。
その後、アツい男達のドラマにひたすらナミダ、涙・・・

それは流石に、ちょっと過剰反応ではありましたが、それでもこの映画、胸を熱くさせ
ます。泣けます。漢と書いてオトコと読む、そんな奴らのドラマです。

この映画を"ベトナムもの"というには違和感があります。いうならば"MIAもの"というべ
きでしょうか。MIAとはMissing In Actionの略で、軍隊用語で『戦闘中行方不明』を意
味します。"帰還兵もの"でもいいかも。
ベトナム戦争で行方不明になった息子は戦死していない、捕虜となって必ず生きている
と信じた男が、政府の国家間交渉には任しておけない、俺が連れて帰ってくる!そう決
心して、かって息子と共に戦った戦友達を集め、ベトナムに向かいます。

冷静な第三者の目線なら、暴挙です。個人が勝手に他国で武器を持ち紛争をおっ始める
なんて、許されることでは無いかも知れません。しかし、当事者の立場を考えるなら、
それでも家族を取り戻したい、その想いを非難する事は私には出来ません。

公開時のパンフによると、実際、製作直前にボー・グリッツ元大佐なる人物が、MIA捜
索の為にベトナムに向かうという出来事があったそうです。

日本でも北朝鮮との拉致問題はなかなか進展しません。出来るものなら個人でこのよう
な救出を行いたい、そう思う家族が実際にいらっしゃるとしてもおかしくないのでは。



さて、原題は"Uncommon Valor"、訳すなら「並外れた勇気」というところでしょう。
これを日本の配給会社が主要キャラ七人ということで、「地獄の7人」としてしまいま
した。邦題としては今イチ。ローズ大佐がメンバー集めに動き、一人ずつ集まっていく
ところが『七人の侍』をイメージさせるし、メンバーもまさに七人ですから、このタイ
トルを連想したのは無理も無いでしょう。もっとも、製作のジョン・ミリアスは黒澤明
の崇拝者ですから、"七人もの"を創りたかったのは間違いありませんね。

ロケはロサンゼルス郡刑務所の屋上、サウガスの競馬場、ロス在住の金属彫刻家マイケ
ル・トッド氏のスタジオなどで行われ、ラオス内にある捕虜収容所のシーンはハワイの
カウアイ島で撮影されました。

魅力あるキャラクター達のなか、最もいい味を出しているのがセイラー。演じるはラン
ドール・テックス・コッブ。撮影当時、ヘビー級ランキング10人に入るプロボクサーで、
キックボクシング、空手でも活躍、ビールの広告などで既にかなり有名な格闘家として
親しまれていたようです。映画デビューは『チャンプ』('79)でジョン・ヴォイトの最終
戦の相手役。本作品が2作目ですが、公開当時のパンフでは「俳優を続ける予定はなく、
ボクシングと空手に全エネルギーを注ぎたいという。」と書かれていましたが、この後
も『ゴールデンチャイルド』('86)、『裸の銃(ガン)を持つ男33 1/3 最後の侮辱』('94),
『Xファイル・シーズン7「ファイトクラブ」』('00)などと俳優としての活動は続けて
います。また、ラリーホームズとタイトル戦を行う等の活躍を魅せたプロボクサーとし
ては1993年に引退しています。

本作において、多くの方が指摘していますが、バンコクに渡った時、当局によって用意
した武器が押収されてしまい、彼らはなけなしの金をはたいて、武器商人からひと山い
くらの中古銃火器を買うという、このあたりが良いですね。

M1ガーランドやトンプソン、BAR軽機関銃などの第2次大戦当時の兵器に武器マニア
にはくすぐられるでしょうし、ストーリーとしても、障害の一つとして効果的。何より
戦後10年、決してもう若くない彼らとポンコツ兵器の組み合わせは、観ているこちらに
もより思い入れが強くなるようです。

ところで、本作において紅一点、七人をサポートして大活躍のライ・ファンですが、エ
ンドロールでは Lau Nga Lai という女優さん。しかし彼女、データベース等でも本作品
しか出てきません。ところが、パンフレットでは Alice Lau となっているんですねー。

どうやら、Lau Nga Lai というのは中文名の英文表記、Alice Lau は英文名なんですね。
中国系は名前が二つあるわけで。中文名は劉雅麗。このアリス・ラウさん、香港映画で
はいろいろ出演しています。驚いたのが、ジャッキー・チェンの『大福星』や『ポリス
ストーリー』にも出演していました。『大福星』では「ヒゲ」と歯医者で出会う金持ち
夫妻の夫人役。『ポリスストーリー』では婦人警官役。画像を見ても、なんか似てない
ような気もしますが、おそらく同一人物で間違いないと思われます。
uv_lai_fun
ライ・ファン。ヘリ奪取後の投げキッスに注目!

aliceLau01AliceLau2
左:『大福星』、右:『ポリスストーリー』のアリス・ラウ


おそらく、女性には共感して頂けないとは思いますが、男性ならば血流増加、涙腺開放
間違いなしのこの映画、ぜひご覧下さい。


キャスト
Gene Hackman ジーン・ハックマン (退役陸軍大佐ジェースン・ローズ)
Robert Stack ロバート・スタック (石油王マクレガー)
Fred Ward フレッド・ウォード (ウィルクス:ナイフ使い)
Reb Brown レブ・ブラウン (ブラスター:爆薬の専門家)
Randall Tex Cobb ランダル・テックス・コッブ (セイラー:格闘技のプロ)
Patrick Swayze パトリック・スウェイズ(スコット:若き熱血漢)
Harold Sylvester ハロルド・シルべスター (ジョンソン:ヘリの名パイロット)
Tim Thomerson ティム・トマーソン (チャーツ:ヘリの名パイロット)
Alice Iau アリス・ラウ (ライ・ファン:ジャンの娘)
Kwan Hi Lim クワン・ハイ・リム (ジャン:案内役を買って出る中国人)

スタッフ
監督:テッド・コチェフTed Kotcheff
製作:ジョン・ミリアスJohn Milius/バズ・フェイシャンズBuzz Feitshans
製作総指揮:テッド・コチェフ
脚本:ジョー・ゲイトンJoe Gayton
撮影:スティーブン・H・ブラム
音楽:ジェームズ・ホーナーJames Horner
地獄の7人"Uncommon Valor"('83)パラマウント映画 日本公開'84年6月

uv03
ブラスターの勇姿。泣ける!

uv04
ウィルクス。潜入偵察はまさにスネーク。

uv05
再び会える時は笑みをかわし・・・会えぬ時は今を良き別れの時としよう

uv02
セイラーの勇姿(笑)。
エンドロールで流れる曲は"BROTHERS IN THE NIGHT" by Ray Kennedy 。名曲。

「しかしいつかはそしてどこかで・・・人は不名誉をそそげるはず」
「私は信じる 気高い行為のあることを」
「私たちは暗夜に正義をまさぐる兄弟」

DVDには歌の日本語訳がないのが残念。

Copyright(c)1983 Paramount Pictures


テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

名探偵の掟 第一章:密室宣言

名探偵の掟
第一章:密室宣言 '09,4,17 OA 10.8%

スタッフ
原作/東野圭吾
脚本/大石哲也
演出/宮下健作
音楽/山岡晃
企画/大川武宏(テレビ朝日)
チーフプロデューサー/五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー/関拓也(テレビ朝日)、高野渉(テレビ朝日)
制作協力/アズバーズ
制作/テレビ朝日

キャスト
天下一大五郎---松田翔太
藤井茉奈---香椎由宇
大河原番三---木村祐一
ちすん、入江甚儀、奥貫薫、森本亮治、山崎真実、川俣しのぶ、西慶子、他


東野圭吾原作ということで期待して観ましたが・・・原作未読ですが、これはかなり
特殊な物語ですね。果たしてドラマ化に向いている小説だったのかどうか。

観ていて、まず「33分探偵」を思い浮かべましたが、あれはドラマというよりお笑い、
コントに近い作りでしたが、こちらはまだドラマとしての作りを保っているように思
いました。出演者たちがドラマの住人と自覚しての発言、行動。それゆえの面白さが
活かせればいいのですが、下手するとダダすべりに。今後の展開に注目したいと思い
ます。

俳優としてのキム兄は嫌いじゃないですが、このドラマでの、大河原警部役はもっと
ビッグネームの俳優さんを起用した方が良かったのでは?ギャップの面白さがより、
活かせたと思うのですが・・・

企画の大川武宏氏、彼は「キミ犯人じゃないよね?」でP、「歌のおにいさん」で企画
でクレジットされていますが、彼のカラーがこの作品群に出ているのかな?

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

折れた拳にみた男だて 小松則幸選手

http://www.sankei-kansai.com/2009/04/15/20090415-008689.php

産經新聞本誌にも、4/15朝刊に「オンライン」というコラム記事で載ってました。
ボクサー小松則幸選手についてはよく知りませんでしたが、氏の人となりを推し量
れる、いい追悼記事だと思います。

小松選手のご冥福をお祈り致します。

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。