TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・ウーの新作、主演は福山雅治!

先日、「ジョン・ウー監督が大阪で新作映画を撮る!」という記事をUP致し
ましたが、追加情報が。
新作『追捕』の主演キャスト、日本側は 福山雅治 に決定したそうです。



==================================
 歌手で俳優の福山雅治(47)が、故高倉健さんが76年に主演した日本
映画「君よ憤怒の河を渉れ」の原作再映画化作品に出演することが16日、
分かった。

 映画は制作費約35億円を投じる香港・中国合作映画「追捕 MANHU
NT」。映画「レッドクリフ」などで知られる世界的に有名なジョン・ウー
監督(69)がメガホンを執り、福山と中国の俳優、張涵予(チャン・ハン
ユー=51)がW主演を務める。

 シーンによって、中国語・英語・日本語の3か国語のせりふが用意される
予定で、高倉さんが演じた杜丘(もりおか)検事役(今作では杜秋=ドゥ・
チィゥ弁護士役へ設定変更予定)を張が、故原田芳雄さんが演じた矢村(や
むら)警部役を福山が演じる。本作はオール日本ロケで、今夏、大阪と九州
で撮影予定。
(後略)
==================================
福山雅治、香港・中国合作映画でW主演 監督はジョン・ウー:Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/16/kiji/K20160316012224430.html


現時点で判明していることは
・主演は中国の張涵予(チャン・ハンユー)と福山雅治の二人。
・『君よ憤怒の河を渉れ』にて高倉健が演じたぬれぎぬを着せられた検事が、
 弁護士に変更となり張が演じる。彼を追う矢村警部、『君よ〜』では原田
 芳雄が扮した役が福山雅治。
・逃亡中の弁護士と恋に落ちるヒロイン役に中国の戚薇(チー・ウェイ)。
・弁護士を陥れる男に韓国の李秉憲(イ・ビョンホン)。但し、彼にオファ
 ーはあるものの、スケジュールなどの都合か未だ確定ではない模様。
・スタッフでは、美術が種田陽平、音楽は岩代太郎が担当。



漏れ聞く情報によると、福山の役は、先に木村拓哉へオファーがあったみた
いです。キムタク側はスケジュールなどの理由で断った模様。

福山とジョン・ウーは、2013年にアサヒスーパードライのテレビCMにて、
一緒に仕事しているんですね。ですから監督も福山雅治の演技力とか、その
あたりは把握してのオファーなんでしょう。

原田芳雄が演じた役を、福山雅治や木村拓哉が演じるって、なんか全然イメ
ージが合いませんね(笑)。まあ、これは監督が抱いている新作のヴィジョン
次第ですから。
今は正直、「大丈夫かいな?」という懸念の方が大きいですが、きっとこの
懸念を吹き飛ばすような快作になることを期待して。





スポンサーサイト

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

ジョン・ウー監督が大阪で新作映画を撮る!

「ミッション・インポッシブル2」「レッドクリフ」で知られる香港出身の
映画監督、ジョン・ウー氏が大阪を舞台にした香港映画を製作することにな
り、19日に松井一郎知事と吉村洋文大阪市長を府庁に訪ねた。大阪市内で
ロケ撮影をするという。松井知事らは全面協力を約束した。

作品名は「MANHUNT(マンハント)追捕」。2014年に亡くなった
高倉健さん主演のサスペンス「君よ憤怒の河(かわ)を渉(わた)れ」(1
976年)の再映画化だ。同作は中国で文化大革命後に初めて公開された外
国映画で大ヒット。ウー氏は高倉さんのファンで、敬愛の気持ちを込めて製
作するという。
(後略)
==================================
ジョン・ウー監督 知事と市長を訪問…大阪でロケ予定:毎日JP
http://mainichi.jp/articles/20160219/k00/00e/040/201000c



『ブラック・レイン』が大阪でロケされたのは私が学生時代の頃でした。
「リドリー・スコット監督が、我が町大阪で映画を撮る」と聞いた時には、
驚き喜び興奮しました。エキストラにも参加しましたし。

今度は、あのジョン・ウーが大阪に。こりゃまた楽しみです。

『ブラック・レイン』の頃には、ロケーションを誘致し、積極的に支援する
ことでロケ地としての知名度の向上、そして観光振興につながる効果を期待
する考え方もそれほど広まっておらず、そのためのフィルム・コミッション
のような団体もありませんでした。

今はロケには積極的に協力する体制が整っているでしょうから、R・スコット
が思うように撮影出来ず、苦労したようなことにはならないでしょう。
知事も全面協力すると、ゆうてはるし。

『ブラック・レイン』は、大阪をリアルブレランな世界に変えてくれました。
果たして今度のジョン・ウーの『追捕』は、大阪をどんな風に写しとるのか。
ジョン・ウー初期の『男たちの挽歌』『ワイルド・ブリット』とかみたいに、
すげえ男臭いイキのいいヤツを期待したいですね。
とりあえず、鳩は飛ばすんだろーなー。

具体的な撮影時期や公開日、主要キャストなどはまだ明らかにされてません。
大阪以外にも九州で撮影が行われる予定だそうです。




《追加情報》
主演俳優決まりました。
ジョン・ウーの新作、主演は福山雅治!



テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

スター・ウォーズの新作予告編その2、公開!

アメリカはカリフォルニア州アナハイムにて、16日から19日まで開催され
ているビッグイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション2015」にて、
待望の新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の特報第2弾が公開。


『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 特報2





『スタートレック』の監督が『スター・ウォーズ』も監督することについて
は、今イチ気に入らない私ではありますが。
『スター・ウォーズ』旧三部作をこよなく愛する者には、終わりに登場する
ハン・ソロの兄ぃとチューバッカの2ショットが!
もう、たまりませんな(笑)。「キターーーーッ!!!」ってなもんです。
ソロは結構白髪になっちゃってますが、やはりカッコいい。

新作の『エピソード7/フォースの覚醒』は、『エピソード6/ジェダイの帰
還』の約30年後の物語となるそうで。『ジェダイの帰還』が1983年公開で
すから、出演者たちにもほぼ同じ時間が流れています。
ルークやレイア姫の中の人も、すっかり年取っちゃったかとは思いますが、
きっとスクリーンの中では光輝く勇姿を見せてくれることでしょう。

公開予定は2015年12月18日。新たなる三部作が開幕です。


テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

ヤマトがハリウッド実写化へ!

====================================
日本の代表的なテレビアニメシリーズ『宇宙戦艦ヤマト』のハリウッド実写化が
再び動き出したようだ。

アメリカでも『Star Blazers(原題)』のタイトルで1979年から放送されたアニ
メ作品『宇宙戦艦ヤマト』。ハリウッド実写化に向け、製作会社のスカイダンス
・プロダクションズが映画化の権利獲得に動いていると2011年に伝えられていた
が、Deadlineによると、そのスカイダンス・プロダクションが、当時も脚本家候
補として名前が挙がっていた『ユージュアル・サスペクツ』(96)でアカデミー
賞脚本賞を受賞したクリストファー・マッカリーを脚本と監督に決めたという。

 マッカリーは『ユージュアル・サスペクツ』の後、『誘拐犯』(01)で監督業
にも進出、最近ではトム・クルーズ主演の『アウトロー』(13)でメガホンを取
っており、『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作となる第5弾でトム
と再タッグを組む予定だ。

 同作でプロデューサーに名を連ねるのはマッカリー監督のほか、『ワールド・
ウォー Z』(13 )や『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13)のデヴィ
ッド・エリソンとデイナ・ゴールドバーグら。製作総指揮は西崎彰司とポール・
シュウェイクが務める予定だそうだ。キャストや撮影時期などの詳細は不明。

 アメリカでは「ヤマト」号ではなく、「アルコ」号として放送されたアニメ版
『宇宙戦艦ヤマト』は根強いファン層を確保しているようで、『バイオハザード』
シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督なども同アニメのファンであると
公言。フェイスブックなどにもファンページが存在し、IGN選出による「歴代の
SFテレビ番組ベスト50」で22位に選ばれている。
(後略)……

====================================
『宇宙戦艦ヤマト』ハリウッド実写化が再始動 監督はクリストファー・マッカ
リー:クランクイン!

http://www.crank-in.net/movie/news/27562



うーん。。。
こりゃまたビックリな企画が生きていた。。。

まだキャストも撮影日程も未定。果たして無事公開まで漕ぎ着けるかどうか
は全く見えませんが、着実に企画は進行している様です。

監督に予定されているクリストファー・マッカリーは、同じく監督を務める
『ミッション:インポッシブル』のパート5が来年2014年の2月にクランク
インの予定だそうですから、このハリウッド版ヤマトはスムーズにいっても
撮影は2015年になるのでは。それまでに監督降板、変更の可能性も勿論、
ありうる話です。


正確には、あくまでもこれは『ヤマト』の実写化ではなく、米国で公開され
た『スターブレイザーズ』の実写化なんだと思います。
そこは踏まえておかないと、出来上がった作品に日本のヤマトファンは、必
要以上にガッカリすることになりますから。
(なんか、初めからガッカリ作品を前提にしてるような書き方だ(笑))


『スターブレイザーズ(Star Blazers)』は、旧作『宇宙戦艦ヤマト』のアメリ
カ版タイトルです。英語に吹き替え、キャラの名前を変えただけではなく、
あちこち切り貼り編集され、セリフの意味が変えられたりもしているらしい
(これはアメリカのアニメへのレーティングが関係するところも大きいと思わ
れます)のですが、上記記事にもありますように、アメリカでも懐かしアニメ
として今でも人気のある作品です。

Star Blazersでは、艦名「ヤマト」は「アルゴ(Argo)」となり、各キャラも、

艦長・沖田十三 --- キャプテン・アバター Captain Avatar
古代進 --- デレック・ワイルドスター Derek Wildstar
島大介 --- マーク・ベンチャー Mark Venture
森雪 --- ノバ・フォレスター Nova Forrester
真田志郎 --- ステファン・サンダー Stephan Sandor
佐渡 --- ドクター・セイン Dr. Sakezo Sane
古代守 --- アレックス・ワイルドスター Alex Wildstar
デスラー --- デスロック Desslok

と変更されているそうです。佐渡センセは日系みたいです(笑)。
ちなみに、艦名アルゴはギリシャ神話に登場するアルゴー船=黄金の羊の毛
皮(金羊毛)を求める冒険のために、ヘラクレス他50人の勇士が乗り込んだ船
のこと。


今回の実写化でも、このネーミングが継承されるんでしょうね。その時点で
日本のファンには違和感タップリですが、ま、そーいうもんだと思っておけ
ばショックは軽減されるでしょう。

日本のマンガ、アニメをハリウッドで実写化するニュースは再三伝わって来
ますが、現実化したのは少ない様に思います。ルパン三世、寄生獣、コブラ、
エヴァ、AKIRA、MONSTER、カウボーイビバップなどなど……。頓挫した
のも多いですね。

このハリウッド版ヤマトも、果たして今後どうなるか?
無事に完成したら、色んな意味で話題になりそうです。。。




テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

映画 47Ronin の予告編が話題になってます

忠臣蔵を題材に、ハリウッドがキアヌ・リーブス主演で製作した3D映画
「47 Ronin」の予告編が公開されています。

企画を聞いた段階で、日本人なら危険な香りを感じると思う内容なんですが、
相次ぐ公開延期に、追加撮影、VFXや編集の遅れが報道されるなど、実際に
一つの映画作品としてかなりヤバい展開になっていた本作品。

製作費が、1億7千万ドルとも2億2千万とも言われているビッグバジェット・
ムービーですから、お蔵入りなんてことにはならないだろうとは思ってまし
たが…。
なんとかこうして、予告編も公開出来るとこまで来たようです。

では、その予告編ですが。2分半、以下をどうぞ。


47 Ronin Official Trailer #1 (2013)
http://www.youtube.com/watch?v=j8cKdDkkIYY





1周どころか、2、3周回って面白いかも。

菊地凛子は竜だか大蛇だかに変身するし、謎のモンスターは出てくるし、キ
アヌの持つ日本刀はライトセーバーみたいに光るし、衣装や風景は妙に中国
っぽいし、なんか「サムライ7」を実写化したみたいだけど。

赤穂浪士だ、時代劇だ、そう思って観たらトンでもないことになること確実。
あくまでも、歴史ファンタジー。サムライファンタジー。

日本だけでなく、中国などその他東洋のイメージも混ざっているみたいだし、
赤穂浪士の物語をベースに、映画「300」や「ロード・オブ・ザ・リング」
のノリでサムライアクションを撮った映画、と思えばいいのでは。



トンデモ映画として語り継がれる可能性大、ではありますが、もしかしたら
幻想的な映像美でカルト化するかも。もしかしたら。

しかし新人監督に、これだけの大型企画をよくやらせたよなー。
ハリウッドって、よくわからん。。。


ちなみに、主なキャストは以下の通り。IMDbを元に、日本人キャストを調べ
てみましたが、英国で活動している俳優を多く使っていますね。


=== 47Ronin cast ====================

キアヌ・リーブス … カイ [主人公。英国と日本のハーフ。四十七士に加わる]

菊地凛子 … ミズキ [架空の人物。吉良家に使える謎の女]

真田広之 … 大石内蔵助 [四十七士のリーダーとなる]

浅野忠信 … 吉良 [浪士たちの仇となる]

柴咲コウ … ミカ [架空の人物。カイの恋人。浅野家の姫]

赤西仁 … 大石主税 [内蔵助の息子。カイの親友となる]

Cary-Hiroyuki Tagawa … Shogun [将軍]
ケイリー=ヒロユキ・タガワ(二世。米国の俳優)

Yorick van Wageningen  … Kapitan [オランダ商館の館長か?]
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン

Togo Igawa … Tengu Lord [天狗の首領?企画段階にあった忍者の頭領か]
伊川東吾(主に英国にて活動)

Rick Genest … Savage [未開人?ポスターにもなったイレズミ男です]
リック・ジュネ(ちなみに、この人の刺青は本物です)

Haruka Abe … Mika's Handmaiden [ミカの侍女]
安部春香(英国で活動している女優)

Yuriri Naka ... Iku [イク。詳細不明]

Akira Koieyama … Lord Kira's Spy [吉良の間者]
小家山 晃 (英国で活動する俳優)

Junichi Kajioka … Guard [護衛人。誰のかは不明]
梶岡潤一(英国・中国で活動)

Chillie Mo ... Carl Whiters

Aaron Ly ... Kira Samurai

Derek Siow ... Kira Samurai

Masayoshi Haneda … Yasuno [ヤスノ。企画では四十七士で最も強い侍]
羽田昌義 (日米にて活動。hitomiの元夫)

Shihoko Nagai ... Samurai wife

Tanroh Ishida ... Shogun's Adjutant [将軍の副官]
石田淡朗(父は能楽師。英国で演劇を学び、活動中)

Takato Yonemoto … Basho [バショウ。企画によると力士で怪力の持ち主]

Natsuki Kunimoto … Riku [大石内蔵助の妻 大石リク]
國元なつき

山田浩 … Hara

曽我部洋士 … Hazama

========================


サムライ役に日本人以外も起用してますねー。
どーなることやら。

オーディションには鶴瓶も参加したそうです、何の役だったんだろう?(笑)。
予告に出てくる妖力使いの坊さんかな?

真田広之の活躍するアクションシーンがあるのかどうかも興味あります。
「ラストサムライ」の時には、真田広之のアクションが凄過ぎてトム君が霞
んじゃうので真田の出演シーンが大幅にカットされた…、なんてうわさ話も
ありました(真偽は不明)。

ゾンビボーイの異名を持つリック・ジュネが、その刺青のまんま登場。彼は
いったいどんな設定なんだ(笑)。ポスターにも使われてるし。

ポスターの銀の鎧は、敵のラスボスとなる吉良みたい。浅野が吉良を演じる
のも変な感じ。


とにかくいろんな意味で、期待したくなる作品。
アメリカでは今年のクリスマスシーズンに公開。日本公開は未だ不明ですが、
恐らく同時期になると思われます。



47Ronin_poster01_900*1425 47Ronin_poster02_900*1425
47Ronin_poster03_900*1425 47Ronin_poster04_900*1425




テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。